var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅葉ロード


紅葉のトンネルを抜けて、あの川へ。
木漏れ日の中で感じる風は、シーズンの終わりを告げている。
こんな時は、なんだかものすごく寂しくなってついつい声が出てしまう。

「ちくしょー!」
「まだまだ釣りてーのによー!!」

煩悩マルダシの自分を恥じつつ、枯れ葉舞い散る足音に時折耳を澄ましては川辺へ降り立つ。
秋の川では終わりと始まりとが混在していて、そこには曖昧さなんて微塵も無い。
凛とした川の匂いが、ちっぽけな自分を包み込んでいくだけだ。

「今日は何のフライでいこうか・・・・」

ヨレヨレになったラスティーカラーのスピナーは、先週からフライパッチにつけたまま。

のんびり屋さん


この時期は、全長5mmにも満たないユスリカが彼等の常食。
それでも彼等にとってはかけがえのない明日への糧なのか。
その姿は懸命に春への希望に触れようとしているように見えてならない。

結局この日、フックキーパーからフライが外れることは一度もなかった。
それは、彼等の想いが痛いほど解るから・・・・

不意に一匹のイワナが泳ぎ出した。

流れ落ちる木の葉の中で、君は僕に気付くだろうか?
僕はいつでもそこにいるから・・・・
スポンサーサイト
紅葉の時期を迎えると確かにDlyで釣っていた釣りもいよいよ終演を感じますね。
しかし、それはまたあの冬の釣りの始まりを予感させます。
また一緒に行きましょうね、よろしくお願いします。
追伸
 10月に2度帯広に行ってきました。
気心の知れたメンバーで行く釣りの旅は本当に楽しいものですね。
水野晴夫になってしまいました。それではまた!
 ByPalette
【2006/11/03 Fri】 URL // palette #- [ 編集 ]
paletteさん、ご無沙汰です!

・・・・また始まっちゃいますね!
あの釣りが!!
ぜひ一緒に行きましょう!

私は10月の十勝は行けませんでした(涙)
ライズが安定する最高の時期なのに(溜息)
来年こそは行きたいと思っています。
獲り損ねたヤツをこの手に収める為に!
【2006/11/03 Fri】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/79-d71edb52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。