var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝焼けの駒ケ岳


昨日、七飯町大沼の駒ケ岳が初冠雪となった。
朝6:30に見上げた山並みは、冬の便りを載せているようでとても見ていられない。
もうスグ、私の嫌いな冬がやってきます(涙)

さて、毎年のことだけど10月下旬に寒気団が北海道を覆いつくし、各地で初雪を降らせた後、11月上旬には再び暖かな高気圧があたりを包む。
いわゆる「インディアン・サマー」と言われる気候だけど、カナダのスキーナリバー界隈で熱狂的なスティールヘッダー達が1年で一番狙い易いタイミングであることから、期待を込めてそう呼んでいるのを聞いたことがある。

北海道のフィールドでもこの「インディアン・サマー」には、その年最後のスピナーフォールが起こったり、ユスリカやガガンボのダイナマイトハッチが起こったりすることからも、とっても楽しみにしている瞬間ではある。



ワイルドな♂


―インディアン・サマーに出会った鱒―

静かなライズに魅せられる秋の空。

やわらかな朝に香る芳ばしさと川の匂い。
この日の朝に飲んだコーヒーを、また飲めるだろうか。
スローな流れは、水なのか時間なのか区別が付かない至福の一時・・・・
全てが緩やかでいるのだけれど、切ない時間がそこにはある。

シロハラのスピナーで釣った思い出は、厳しい冬を暖めてくれる。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/75-73e37384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。