var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグフット!

※ 3年前の釣行で、奥深い山中にて発見!まだ渇いていません!!

川釣りを嗜む方ならば誰しも一度は“気配”を感じたり、“痕跡”を見付けたなどの経験をお持ちのことと思います。
私も、幾度か遭遇した経験があります。

初めて目にしたヒグマはとても大きなオスの成獣で、全身が金色に輝く、それはそれは美しい色合いのヒグマでした。
出遭った瞬間は、身の危険を感じる前にその毛並みの美しさに「ハッ!!」と、息を呑むほど見惚れてしまったのを憶えています。(ただの間抜けですね:溜息)
また、親子クマと遭遇した時などは、子クマが山林へ逃げ込むまでの間、母クマが身を呈して私の前に立ちはだかった事がことがありました。
その際、母クマは再三に亘り立ち上がっては「ガフッ!!ガフッ!!」と威嚇音を発し、前足で何度も地面を叩き付けるなどの“怒りん坊さん”ぶりを披露していました。
幸い車で走行中の出来事でしたので、襲われることはありませんでしたが、それでもフロントガラス越しに感じる程の身の危険とその迫力、更にはその鋭い眼差しに畏怖の念を忘れることは無いでしょう。

必殺!!道端で脱糞♪
※ まだしっとり柔らかなウンチでした(汗)

さて、画像の糞ですが、これはam10:00頃に撮影したものです。
画像では確認しずらいですが、まだ糞の表面が渇いておらず、枝を使って崩してみても表面と内部での乾燥による色の変化は見られませんでした。(この時私は、この林道の直下20メートル下を流れる川で釣りをしていました)

ダイニング?
※ 至る所に見られた食痕

また、付近に点在していたフキなどの植物の食痕ですが、犬歯による切り口を触ってみても半渇きといった状態で、中には依然として切り口がヌルヌルとしているものさえありました。

切り口に注目!!
※ ヨダレのオマケつき!

これらを察すると、“親爺”さんは30分~2時間くらい前にこの林道で朝食を摂られた模様です。

ご馳走
※ 石をはぐって、大好物のアリを食べた痕

近年の釣り人の中にはクマとの遭遇を軽視していたり、ニアミスなどの状況を武勇伝として語られたりするなどの方を時折見かけます。
これは大変危険な風潮だと思うのですが、いかがなものでしょう・・・・

私の場合は、熊鈴と併用して火薬によるクマへの周知を心掛けています。
熊除け花火と言いますと爆竹を連想されると思いますが、爆竹では瞬間的な効果しか望めないようです。
どちらかと言うと音よりも臭いに敏感なヒグマには、コンビニなどで販売されている「煙幕玉」や「ヘビ玉」などの、その発火時に生じる煙を体に浴びておくと、効果が持続するようなので、ぜひお試し下さい。

これはマタギから聞いた話ですが、若い小柄なクマは犬のようにすばしっこく、とにかく噛み付いてくるそうです。※最もきけんなタイプ
しかし、大型のクマになると目前で立ち上がり、その鋭いツメではたきに来るそうです。

ただ、不幸にも至近距離で出遭ってしまった方は、いくら胴長短足のクマはジャーマンスープレックスを仕掛け易い体型だとは言え、丸腰ではなかなか勝ち目はありませんから、熊撃退スプレーなどの近距離武器の携帯は必要となってくるでしょう。

クマとの事故を起こす前に、皆さんも十分ご注意をして釣りを楽しんで下さい。 
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/49-40455370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。