var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
函館の海には色々な魚がやって来ます。
時にはこんな大物が姿を現すこともあるのです。

マカジキですかね?


毎年何匹かのカジキは捕れるのですが、こんなサイズのカジキはボクも初めて見ました。
9月にはバショウカジキ(セイルフィッシュ)も捕れる年もあるのですが、大凡1メートル前後のサイズ(クチバシを除く)でしかありませんから、この魚の迫力にはかないません。


高速ランナーの証


こんなスタビライザーが上下に二つも付いてる魚ですから、竿で釣ったらどんなにか凄いんでしょうね?
「200~300メーターを僅か数秒で軽々と走ってしまう」と、ハワイ・オアフ島周辺にまでマグロ遠洋漁業で出向いていた方が言ってましたが、どんなタックル使ってたんでしょ?
エサは小ぶりのシイラを1匹掛けしていたそうです。


口内はザラザラで、ヤスリ状の歯がありました。


フライで狙うセイルフィッシュ・ゲームも、とにかく口が固くてフッキングさせるのが難しいということを聞いたことがありますが、触ってみたら確かに固く、針が刺さるような柔らかな部分は本の一部しかありませんでした。
暴れた際に、この尖ったクチバシで大怪我をする漁師も居るほどですから、シイラやカツオなんぞイチコロなんでしょうねぇ(汗)


魚の王様


こんな魚が泳いでいる姿を、一度でいいから真近で見てみたいものです。













スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/489-e76fbda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。