var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連休前に先発した地元の連中からは、北の“ビッグテイル・リバー”は厳しいとの情報が入っていた。
「次はマグロ丼ですね!」と約束していたから、行くべきかどうか本当に悩んでいた。
峠を隔てた“フラットクリーク”も、今年は何か予感めいたものがあったし、だいぶ自分の中での攻め方も確立してきていた。


そして出発直前からの降雨。

全てを諦めざる負えない状況だった。




しかし、イカレた奴らは諦めることを知らない。

そんな天候の川には見切りを付けて、以前より気になっていた流れを目指す。
今まで蓄えてきた経験と推理眼を総動員し、アチコチへと散らばっていった。
遠く離れたボクへ、毎日状況の報告を入れてくれる気遣いに、感謝と共に心強さを感じていたんだ。


「ダイジョブだよ?おいでよ!!」


その言葉に、迷うものなど何もなかった。
ボクなんかよりもお金も時間も倍以上掛かけて来ている友人が、絶妙な距離感でボクをアシストしてくれる。
竿を持たず、ひたすらタバコを吸うことしかできない彼なのに、いつだって振り返れば笑顔で応えてくれる。

「そこ、猛者付いてるから!」

“要要要注意”なポイントでは、必ずボクへ心構えの準備を与えてくれたし、「どう?スゴイやろ?」と、心奪われるフルフラットプールでは、外国の釣り場へ連れてきてくれたような錯覚に酔わせてくれた。

基本的に人へのガイディングが多かった自分にとって、ボクの釣りに一喜一憂してくれる彼が、この旅の楽しさを倍増させてくれていた。


「ぐわぁぁぁ!!」

ボクのミスに一緒になって落胆してくれる。

「よっしゃっ!!コイツ、エエ奴や!!」

まるで自分が掛けたように、一緒になって緊張してくれる。




本当に来てよかった。
魚が釣れたからではなく、こんな友人と一緒に川を歩けたのだから、それだけでボクには十分だった。

・・・・・特大を掛け損ねちゃったけど(汗)


彼らの計らいで、フィナーレを迎えるべく、最上級のポイントが用意されていた。
前日には大台に乗せたニジマスをリリースしている友人は、ボクの緊張を解そうと「ちょっと観察タイムだね」と、ナーバスな水面を一緒になって凝視している。

幾度かのプレゼンテーションの後、ムキムキマッチョがボクのフライへ飛び付いた。
自分以外の期待感も一緒に背負ったボクは、ひたすら「バレないで!!」と心の中で叫んでいたんだ。

度重なる疾走をかわしながら彼がネットですくい上げた時、自然と万歳しちゃった。
一緒に友人も万歳していた。
言葉はいらなかった。


思い出に残る夏の終わり。

“夏フライ”直球ど真ん中!

夏らしいフライで釣れたものの、肌寒い秋の雨がそこまで来たていた。


激務の中、無理を押して駆け付けてくれた友人、ひたすら歩き続けて川を魚をポイントを見つけてくれた友人、一番遠い街から来ているのに、自分の釣りを押し殺し、ヘタレなボクを最後まで見捨てなかった友人。


・・・・プラス1名(汗)


本当にありがとう!!

来月の渚滑川では、再び最高のシーンで笑い合えることを待っています。













スポンサーサイト
重要なのは
ネットを忘れる事(笑)
ワザとじゃダメですね、本当に素で忘れると吉!!?

僕達には、西海岸も南十字星も必要じゃ無いと思った
だってHOKKAIDOがあるじゃない、住んでるじゃないヽ(´ー`)ノ
流下の過渡期であれモンなら流下の本番期だと、萌死ぬ稀ガス・・・

様々な出会いやタイミングって偶然を装った必然に思えます。
10年前の自分じゃアノ流れを「たいして釣れない」やら
「大きいのは釣れない・居ない」とか(笑)
諦めてたり気づかなかったり・・・してたかもしれないです。
「今だからこそ楽しめる!」
この巡り合わせのタイミングも凄いよなぁ~!

同じタイプの鍵の扉が、思い起こすと他にもありそうな予感?(;・∀・)
まだまだ踏み出す先は深いのかもしれません(笑)
【2011/09/23 Fri】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
イヤイヤイヤイヤ、お恥ずかしい・・・・
焦って背中まさぐるまさぐる(笑)

>僕達には、西海岸も南十字星も必要じゃ無いと思った
コレ、マジでそう思う。
それに、北海道も今後のコントロール次第では、南半球を凌ぐポテンシャルをフル活用できるんだし!

“偶然を装った必然” ←スゴク納得できる。
ボクも10年前の価値観じゃ、川も人も色眼鏡で見てた部分があったもの!

【同じタイプの鍵の扉】 これねぇ~、道南特有の河川環境で発揮するタイプの釣り場があるんスよ。
バチバチぶっ叩くだけじゃ、とてもムリな釣り。
いつか案内したいです・・・・・

さぁお次は滝ノ上で、萌え萌えな川と夜とのマスターキーを一緒に差し込みましょう!!

【2011/09/23 Fri】 URL // kabu #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/484-58e04376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。