var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近では「家庭の食卓から“旬”が消えた」と、表現する人も出てくるほど、一年中どこかの土地でほとんどの食材が見つかるものです・・・・

何かが崩れているのか、エルニーニョ現象や日本中各地で起こる異常気象が毎月のように報道されています。
それは、陸の上だけには留まらず、海の中まで起こっている現象のようです。
たまにサーモグラフィーなどを用いたTV番組などでも解説されていますが、イマイチ「ピン」と来ないのは、あまり身近に感じる異常性を垣間見ることが無いからなのでしょうか?
もし、それが下の画像に見られるような、生物が古来から持つ規則性の崩壊に繋がるものだとしたら・・・・

オンコリンクス・ケタ
※ 夏に捕れる秋鮭

7月の北海道、まさにこれから短い盛夏が訪れようとしている矢先に、こともあろうか、秋鮭が水揚げされました。
その鮭は「メス・ブナ」と称され、婚姻色もバリバリの産卵体制の整った成魚でありました。

秋鮭マダラ模様
※ 婚姻色のアップップ

通常この時期に水揚げされる鮭は、銀鱗輝くメタリックシルバーの若魚が普通で、「トキシラズ」などと並んで抱卵(抱精)などはしていないのが普通です。

イクラがたっぷり
※ 抱卵により膨れ上がった腹

基本的に多数の群れで回遊し、道南では8月の4週目くらいに遡上が始まる秋鮭なのですが、このメスはいったい何を目指し、一人(一匹)孤独に泳いでいたのでしょう。
もしかしたら、ひたすら「増やせ、増やせ!!」とヒステリックなまでに繰り返してきた北海道漁業や、鮭・鱒の放流事業に携わる機関やらへの「遺伝的多様性」に対する警告を発したかったのかもしれませんね。。。
 
シロサケ土に還る

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/48-a9148cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。