var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-7月-
毎年この頃になると、海の中ではちょっとしたドラマが起こっています。
それは、サクラマスの帰郷組と出発組が入り混じるのです。

ホンマスチューです(笑)
※沿岸での網で捕獲された親魚

外洋生活を終え、産卵へ向けた河川遡上を控える最終ランの帰郷組は、すでに婚姻色をまとい始めている者も含め、河川増水などのタイミングを見計らうかの様に母川周辺の海岸線を遊泳します。

小サクラ
※体長30cm程の若魚

一方、2~3月頃の早春に降海し、エサが豊富な海岸線付近で成長し続ける若魚が、これから外海へ旅立とうとしている矢先に帰郷組と出会い、そのまま合流してしまうことは、決して珍しいことではないようです。

シーライス
※海育ちの証

ただ、どの世界にもワタクシのような優柔不断な性格のハンパ者はいらっしゃるようで、これから旅立つ為に海へ降りたスモルトヤマメの中でも、極少数ではあるが、帰郷組に入り込み一緒に河川へ遡上してしまう輩がいるようです。
いわゆる“出戻り”ってヤツです(笑)
ただしスモルトヤマメとは言え、すでに体型は尺に迫る若しくは尺を超えるまでに成長しているので、一見して若魚?とは思えない風貌なのです。

美肌効果抜群のお手入れ
※海育ちの筋肉

そしてこれらの固体が河川内で釣れる時に表現される俗称が「もどりヤマメ」であったり「海水浴ヤマメ」となるのでしょう。
私自身7年ほど前に、北海道南部檜山半島北部を流れる川の下流域で釣れた尺ヤマメには、パーマークが殆ど見られずに鋭い歯が発達した固体だったことを憶えています。(写真が無いのが残念です)
また驚かされるのは、そのヤマメがドライフライで釣れてしまうことでなのす。(その時は、ガガンボにライズしていました)
それはきっと、海洋生活が極端に短かった為に河川内での捕食活動の術を忘れていなかったからではないでしょうか?
いずれにせよ、このような場合は河川内でサクラマスを釣ったと言う“密漁行為”になってしまうのでしょうか?
もともとヤマメとサクラマスを分け隔てる明確なものなど何も無く、釣った場所やシーズン、大きさと言った、とても曖昧な基準でしか判断出来ません(あくまで遊漁者としての判断基準です)
また、魚道の無い堰堤や遡上不可能なほどの滝の上では、禁漁期意外のシーズンに釣れる(釣ることが出来る)ヤマメに限り安心して釣ることができます。
勿論、海との交流が立たれているなどの特殊性を持った場所である以上、そのヤマメはほぼ100%近い確率で、人為的に増やされた(放流)ヤマメであることは間違いないでしょう。
ソレを考えると、「トラウト王国・北海道」「釣り天国・北海道」なんて言われている北海道であっても、行政の取決めと不自然で閉鎖的な環境の間で釣り人は翻弄されてしまうものなのですね・・・・

寂しいことです
スポンサーサイト
不自然が一杯・・・・
こんにちは(* ^ー゚)ノ
現行のいびつなレギュレーション下での現状は、持ち帰り(密漁)天国なんですよねぇ・・・・
魚体の小さいオホーツクでは、釣ってはイケナイ鱒のアベが40cm前後
(増殖事業の賜ですかね?)なんで、尺サクラもしくは尺より小さいサクラの率が
非常に高いです、などと書いてしまうと誤解を受けそうですが
それなりの時期のそれなりの流域での釣りは避けています僕は(笑)

過去に成魚放流の尺オーバーのヤマメと、27cmのサクラが同じプールで
釣れてしまった事がありましたが、もう何が何だか解らなくなってしまいますね・・・
ちなみにローカルの餌師はチビサクラが釣れると当然魚籠に収まります。

実は不本意ながら、今シーズン釣ってはイケナイ鱒の「尺と尺以下」は2匹ほど
釣れてしまいました。どちらも夕刻ハッスルタイムに始まったライズで
エグリトビケラのハッチと共に始まったライズだったり、
エルモンスピナーの流下に、静かに波紋を作ってたライズだったりと
「君たち何してんねん?」と言う感じです、小型だから水面の毛鉤を口にする訳では無く、
それなりのサイズも流下に合わせてライズするので、コレまた何が何だか?
とは言え、彼らがフィーディングするレーンは似たような傾向があり
なるべく避けるようにしてますが(汗)
何だか書けば書く程狙ってるように思われそうなんで止めておきます(笑)
【2006/07/22 Sat】 URL // カミナリ小僧 #aNEs2sbw [ 編集 ]
カミナリ小僧さん、どうもです!!

道北・道東方面のサクラマスは、道南のソレと系群(生態)が異なってきますから、遊漁者としては困惑するばかりですよね?
以前にもエントリーしましたが、アメマスを狙っていても厳密には密漁行為(未遂?)に触れてしまう。。。
そんな状態を放置している行政が作る“北から南まで一律の規制”では、かなり無理が生じてしまっている。
勿論、「サクラが釣れる可能性があるから、釣り禁止」とはできないので、「事実上は不可能です」と答えることで、釣り人側の意見には免罪符的な返答だと思ってるフシもある。

そろそろ水産行政も、より細分化したレギュレーションを創る為の“たたき台”を考えなきゃならんのでは?と切に願うばかりですね。
マスコミや世間へ向けた、「撲滅キャンペーン」を謳うパフォーマンスには予算を充てるのに・・・・

ちなみに、道東・道北のサクラマスは小型が多いと思いますが、あれでも4+(ヨン・プラス)です(笑)
過密放流が成せるワザなのか、本来の系群であるのかは不明(スイマセン、今度調べておきます)ですが、ニジマスを釣ってる方の中には、煩わしさすら覚えるそうです(笑)

>何だか書けば書く程狙ってるように思われそうなんで止めておきます(笑)
アクシデント的に釣れてしまっても、気を使っていらっしゃるんですね!
せめて、カミナリ小僧さんの釣りが、窮屈になってしまわないことを願います。
【2006/07/23 Sun】 URL // KABU #- [ 編集 ]
KABUさん、ドモ(=゚ω゚)ノです。
>窮屈になってしまわない
大丈夫です(笑)文字だと誤解を受けやすいかな?と思いまして(汗)

ただ、ポリの見回り職質にめげず、サクラに目の色変える輩の人達が
違うベクトルで遊漁規則に対して真っ当に文句を言える
水辺の行動して欲しいと切に願いますねぇ!

新子ヤマメさえ釣らせておけば、内水面の遊漁者はソレで良いだろ的な
お古い価値観と地方差の無いレギュレーションは、そろそろ・・・・・
ですよねぇ!
【2006/07/23 Sun】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
まったくです!!
行政と、遊漁者(密漁者も?)の温度差は最近特に酷くなってきましたね!
ここいらで一石を投じてみたいと、考えています。

それにしても最近は、とても濃密な釣りをされていますね!!
スピナーのライズには、私も幾度と無く泣かされました(笑)
それでも、クラスターフライなんかですとソコソコの反応を示す場合もあったりして・・・・
試してみました?
・・・・ってか、イルカ祭りには、オレが試したいっ!!!
【2006/07/24 Mon】 URL // KABU #- [ 編集 ]
ども(=゚ω゚)ノです。
>スピナーのライズには、私も幾度と無く
この手の話は大好きです(笑)
僕も過去数シーズン、スピナーには苦汁を呑みました。
昨年位から集中的な流下の時期や時間の読みも当たるようになり
今年は夕刻10分間の宴、スピナーのライズは高確率で捕ってるのですが(汗)

イルカ達は早い時間の白昼堂々でスピナーじゃ無い事だけは、解りました(涙)
ストレート・変化球・隠し球、初心に戻って
ボトム・アガリ・サーフェース・直下・ストリーマー・濡れ・・・と
他の魚は釣れるのですが、イルカ達だけ食ってくれません
引き出し空っぽで~す(笑)
唯一の手がかりは、デットじゃダメ?生きてる様に僅かなアクション入れると反応ありまして。
けどドラッグ厳禁でもあり、糸付いてると釣れる気が・・・・

>オレが試したいっ!!!
試して~!!・・・・けど祭りは(・ー・)オワッタ・・・・(涙)
【2006/07/25 Tue】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
ん~・・・・
ライズフォームを見ていないので、ハッキリとは解りませんが、とにかくそれは必殺技を出すしかないですね(汗)

KABU的裏ワザ①
ウイングがCDCなどの柔らか系を使ったスピナーパターンの先20cmくらいに、小さめのショットを付けます。
んで、ライズポイントの手前までドリフトさせたら、一気に下流へメンディングし、一定速度のドラッグを強制的に起こします。
このときのメンディングで、フライはレーンから手前に来てしまうので、その分の余裕を考えておくことがコツです。
慣れるとスグできます。
※ コレ、私の十勝方面で起こる秋の“シロハラスピナー大宴会”でのひとコマです。

カミナリ小僧さんのお役に立てれば幸いです。

・・・・でも、終わっちゃったんですよね(涙)
【2006/07/25 Tue】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/46-250f34ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。