var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「北海道のつり」今月号にある付録の冊子の中で、鳥崎川に関する記載がありました。
その中の一部を抜粋致します。



-かつては大型ヤマメの釣り場が、現在はまるでブラウンの釣堀?-
道南の川でブラウンが釣れる・・・・と話題になってから久しいのですが、せっかく釣り人が放流した魚と言うことで取材を控えていたのですが、道の内水面がブラウンやニジマスなどを外来生物として、駆除することになったこともあって、何時までも放流物だから取材を控えて・・・なんて言っている状況ではなくなってきたこともあって、思い切って紹介することにしました。 おそらく、「何で紹介した!」とクレームがくることは覚悟の上で紹介します。 てなわけで、放流物だから・・・とか、外来魚駆除になるとか・・・、どちらが良いのかは読者に判断をお任せ致します。 外来魚はけしからんと言う人はキープするも良し、いやキャッチ&リリースの方が・・・と言う人はリリース良いと思うのですが・・・。 鳥崎川にブラウンを持ち込んだのは、看板を設置していることから「NPO法人/道南の川を考える会」なのでしょう。 現在はブラウンの放流を行っていないとしたら、魚影の濃さはブラウンの繁殖力の凄さを如実に物語っていると言えるでしょう。 かつての鳥崎川は、大物ヤマメが釣れる名流として知られ、多くの釣り人に親しまれていました。




この部分には、著者の憶測でしか書かれていない虚偽の記載がありましたので訂正を求めています。
内容は、「放流したのは道南の川を考える会であろう」と書かれていますが、これは全くの事実無根であり、著者と編集部がキチンとした下調べや取材を行っていなかったため、著者が書いた原稿を安易に掲載してしまったものです。
また、取材不足と釣果自慢だけが際立ったこの記事には、遊漁資源としての外来魚における認識不足が露呈する結果となった記載もありました。
「ブラウン・ニジマスが道の内水面で駆除」ということになっていますが、ブラウンに関しては局所的なエリアだけですので、全道的に駆除が行われたような表現はいかがなものでしょう?
ましてニジマスに関しては、一体どこで駆除が行われたのかお門違いも甚だしい限りです。

更には自己防衛のつもりなのか、他に意図があるのかは不明ですが、ワザワザご丁寧にブラウンがキライならキープすれば良しといった表現をしているようですが、ブラウンが嫌いな釣り人はブラウンを釣りにこなければ良いだけのこと。
それを「釣堀か?」と地元の釣り人の尽力をあざ笑うかのような軽率な表現には呆れてしまいます。
大体において、「かつての鳥崎川は、大物ヤマメが釣れる名流」と書かれていましたが、過去(ボクは大正~昭和初期と伺っています)には大規模災害として認識されているだけでも3度の鉱毒の流出による精進川になっているのです。
それがヤマメの名流?
 
道内のアチラコチラで地元有志がコツコツと作り上げてきた釣り場を、これでもかと言うほどに曝け出し、時には貴重な魚を自慢げに殺し続けているその姿勢には、言論の自由ですとか表現の自由を叫ぶ以前の“人としてのモラル”が著しく欠落しているように感じるのはボクだけではないでしょう。

いちから説明しなければ解らない人へ・・・・
老廃していく川を“口だけ”で嘆くくらいは誰でも出来ます。
せめて手助けできないのであれば、釣りをするくらいはかまわないので、それ以上のことは川が復元するまでは静観していてください。
わざわざ「昔はヤマメが・・・」などと、二度とは戻らない時代のことを前面に押し出しておきながら、孵化場が放流したヤマメを殺し、ニジマスやブラウンを釣って楽しみ、挙句は詳細な支流群まで地図で示し、醜い自己顕示欲と捻じ曲がった名誉欲にかられた行動は河川の老廃を助長するだけに過ぎません。
ここまで言うと「川はアナタのものですか?」と問いかけてくるのでしょうけれど、その答えは「川はボクのものでもなければ、アナタの私物でもないのです!」この意味はお分かりでしょう?
アナタが勝手気ままに振舞っても良いものではないのです。

ボクはこの雑誌を買うことは100%ないのですが、これまでの紙面内容を知人等に伺うと「北海道の釣り場を片っ端から壊し続けている雑誌でしかない!!」と一刀両断されてしまいました。
今回¥1.500もの金額を払ってまで手にしたこの雑誌が憤りしか残らなかった内容には、少なからずこれからも購買意欲が湧き上がることはないと強く確信した次第です。


当ブログを楽しみにしていてくださった皆さん、新春早々につまらないエントリーで本当に申し訳ありません。
ただ、もしこのエントリーで不快感を覚えた方や憤りを感じるのであれば、いつでもコメントくださって結構です。



-KABU-




スポンサーサイト
やっぱり読んでおられましたか。正月早々に嫌なもの見てしまったと、後味の悪さを感じ、どうしたらいいものかと思っていたところでした。
「著者の憶測・虚偽の記載」同感ですし素早い訂正の行動、正しいと思います。
この著者、ヤマメ・イワナがいれば自然環境が保たれてて再生産されていると思っているんでしょうか…。そして、釣り場を良くしていきたい・そこから何かを考えていこうと尽力している方々を馬鹿にしているように感じてなりません。悲しいです。
昨今の事情に認識の浅い私。kabuさんの記事、よくわかる説明でした。それと代弁していただけたことに感謝しています。
【2011/01/13 Thu】 URL // 3d-chan.taba #- [ 編集 ]
こんばんは。
kabuちゃんの冷静な対処に頭が下がります。
この雑誌はブラウントラウトの釣り場や、フライはこれルアーはこれ的な
記事を出してましたが、突然の身の保守でしょうか?こんな修正主義に呆れます。
それよりも、道南の川を考える会に対しての言いがかりは許せません。
「なのでしょう」って、半端に記事を売るコイツと雑誌社は「天に唾」となるでしょう。
言いたい事だけ言うヤツラ。こんなの、ほんと嫌になるけど、
これからもお互いに頑張っていこうね!




【2011/01/13 Thu】 URL // kk30 #gg06ppQg [ 編集 ]
え~・・・・僕の独り言と言う事で(汗)

在来渓流魚の殺し放題・無秩序をスルーし、外来鱒と言うだけの印象的理由で
ブラウントラウトを公的予算で全殺しにするのは「釣り人の立場」からは
納得できないと言う活動をすると。
「ブラウン保護派」やら「密放流で増えるブラウン」とか協議の場や
うわさ話レベルまで勝手な想像や憶測で言い出す。
「いちから説明しなければ解らない」勘違い・思い込みの人は未だに居る訳ですが

雑誌媒体に
>鳥崎川にブラウンを持ち込んだのは、看板を設置していることから
などと完全な虚偽の記載を堂々と書ける(掲載)する神経には驚きます。

「持ち込んだ方々」こそ知らんぷりしてませんか?(千歳川にしても?)


今の現状ブラウンをゼロにしただけで、在来渓流魚溢れる素晴らしい川になりますか?
無理だろ(笑)何でもアリ、毎週末争奪戦が繰り広げられる無法の釣り場北海道では・・・

と釣り場で何度となく歯軋り立てた釣り師が、行政と交渉に臨むNPO法人を運営してるだけで
なんでブラウン放流団体になるんでしょうか?

事ある度に、いちからせつめいしないと議論。抗議にすらならない
会の活動目的さえ不理解、憶測・勝手な思い込み・勘違い
人の話を聞かない・聞けない・・・・etc
何なんでしょうね?┐(´∀`)┌ヤレヤレ


>kk30さん
保身とか修正主義とかアノ雑誌にはそんなのは無いと思います
釣れりゃソレで良い掲載後の現地なんざ知ったこっちゃ無い。
そんな媒体でしょう(笑)
キチガイに刃物・子供に水鉄砲・アナクロ釣り師に北海道のつり!!
【2011/01/13 Thu】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
3Dさん、こんばんわ!!

本当に正月早々後味の悪い思いになりました。。。

>素早い訂正の行動、正しいと思います。
すばやく行動したのは、NPO法人 道南の川を考える会 広報担当の方が即座に抗議文を出してくれました。
抗議の内容は、明らかにアチラさんが“軽率な掲載”をした部分の誤認記事に付いてですが、そこには今後、NPOとしての活動に支障をきたす危険性があるための至極当然の抗議であり、あきらかな正当性を持ったものです。

>そこから何かを考えていこうと尽力している方々を馬鹿にしているように感じてなりません。悲しいです。
本当に浅はかな人間性が浮き彫りになった記事でしたね!
自己の名誉?の為に他人の努力を踏み台にするなど、言語道断なハナシですわ!!

【2011/01/15 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
kk30さん、先日は慌しくてスイマセンでした(汗)

>kabuちゃんの冷静な対処に頭が下がります。
イヤイヤイヤイヤちゃいまんねん、広報担当者にその言葉をそのまま伝えて下さい!

>「なのでしょう」って、
ちなみにその後の「現在はブラウンの放流を行っていないとしたら」のくだりですが、あたかも「もしかしたらまだ放流しているかもしれない」と言う含みを持たせた“言いがかり”?にもカチンと来ますわね(怒)
そんで、そんな犯罪者集団のような雰囲気を匂わせといて、自分はそのブラウンを釣ってご満悦な表情で誌面を飾ってる(呆)
本当に人間性を疑いますわ!!

>これからもお互いに頑張っていこうね!
あいサ!!
何でもイイから、なんかあったら電話して!
オレからも電話するから!!


【2011/01/15 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
カミナリさん、ブチギレれっすね!?
ボクもです(笑)

>完全な虚偽の記載を堂々と書ける(掲載)する神経には驚きます。
ボクも雑誌媒体と微力ながらも協力している身であるが故、アレ程までに無責任でいて、且つ、テキトーでいい加減な雑誌媒体だとは思いませんでしたわ(溜息)

>何でもアリ、毎週『渓流魚』末争奪戦が繰り広げられる無法の釣り場北海道では・・・
何気な~く在来魚保護主義的な立場での物言いにしてる割に、在来魚を皆殺しにさせている手助けは、何を隠そうアンタラの雑誌だっちゅ~の!!

>行政と交渉に臨むNPO法人を運営してるだけでなんでブラウン放流団体になるんでしょうか?
もうね、今となっては『いちから説明しなきゃ解らん輩』の土俵に降りる事が、どんなにムダなのかを気付かせて頂きましたんで、深追いするつもりもないんですよ。
それじゃなくとも世の中にはクルクルパーはいっぱい居ますしね!(笑)
争いからは憎しみと対立構図しか生みませんし。。。

>キチガイに刃物・子供に水鉄砲・アナクロ釣り師に北海道のつり!!
ウマイ!!
ヤクザにトカレフ、警察にワッパ、例の雑誌にゃヒンシュクと軽蔑。
これからも変わらんでしょうなぁ。。。


【2011/01/15 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
今年も宜しくお願いします。

件の雑誌は、私も普段は絶対購入しませんが、今回は気になる河川名が記されていた為、昨年末に購入し、皆さんと同様の憤りを感じました。

当然「お詫び」と「訂正」がなされるでしょうが、巻末の隅っこに小さく掲載という事が無いように、切に望みます。

あの雑誌の良心が試されますね!
【2011/01/17 Mon】 URL // TOMI #JalddpaA [ 編集 ]
TOMIさん、ご無沙汰です!!
ここ最近ちょっとばかり忙しくって、レスが遅れてごめんなさい!

やはり気分を害していらっしゃいましたか(汗)
ですが、次回のエントリーでUPしますが、謝罪文が届きまして、きっちりと訂正文が載るようです。
勿論その内容までは確認できませんが、しっかりとした記載になるようです。

遅れましたが、今年もよろしくです!!
【2011/01/19 Wed】 URL // KABU #- [ 編集 ]
KABUさんご無沙汰いたしております。渚滑川で2度ばかりお会いした阿仁多です。
今回のKABUさんのブログにはびっくりしました。あれほど事実誤認をした上で、少しでも自然を守り一人でも多くの釣り人が、楽しく釣りが出来るよう地道な努力をされている皆さんを愚弄するような記事には、怒りを通り越して呆れるばかりです。
東京の“極楽トンボ”のような私には、皆さんのお力になれるようなことは何もありませんが、応援団であり続けることの気持ちは持ち続けて行きます。
また北海道の川でお会いできるのを楽しみにしています。
【2011/01/20 Thu】 URL // 阿仁多 #- [ 編集 ]
おぉ!!
阿仁多さん、お久しぶりでした~♪
お元気にしてましたか?
現在の北海道は街中が雪に埋もれてしまい、まるでシベリアに居るようです(行ったコトないケド・・・・)
お陰で、最も温かいハズの最高気温がマイナス5℃とか(涙)
北海道民の皆さん、泣き入ってます。。。

さてさて今回の記事に付いてですが、読まれた方の中でも相当数の方にインパクトがあったようです。
ボクの方へ直接電話してくれた方も多数いましたし、憤慨された釣り人も多くいらっしゃいました。
記事の内容が釣り名人の釣果自慢だけならまだしも、阿仁多さんがご指摘されたような文脈が見受けられることで、皆さんの逆鱗に触れてしまったようです(汗)

まぁ、今月号には間に合わなかったようですが、来月号にはキチンとした謝罪訂正文が載るようですから、一件落着としたいところです。

>皆さんのお力になれるようなことは何もありませんが、応援団であり続けることの気持ちは持ち続けて行きます。
いえいえ、応援団で居てくれる方があり、後方から「頑張って!!」の声が聞こえるだけでボクラは励みになりますし、明日への糧になるのです!
ホントに応援有難う御座います!!

>また北海道の川でお会いできるのを楽しみにしています。
今度は函館近郊の川でお会いしたいですね!!
函館の精鋭部隊がサポートしますから!
・・・・夜の盛栄部隊ですけど(笑)

こんなチンケなブログですけど、また遊びに来てくださいね!!
【2011/01/21 Fri】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/454-e50c6a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。