var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何から書けばいいのか?
何を伝えたいのか?
自問自答のままに、気が付けばこんなにも時間が過ぎていた。

紅葉の流れ

そこは北海道の内水面に於ける遊漁事情の中でも理想像とさえ言える川だと、釣り人の一番端くれにいるボクでさえ声を大にして叫びたい、そんな川。
キレイな水が流れて、沢山の魚がいて、志の高い位置にベストな状況を設定し、それに向けて懸命に動き続ける川守り達がいる。
今の北海道にこんなにも尽力を惜しまないプライベーター達が他にいるだろうか?

嬉しかったステッカー

突然訪れたボクラにも分け隔てなくチャンスは巡り、川守り達が育んだ魚がフライを咥える・・・・
こんなちっぽけな国の中で、こんな幸せが他にどれだけある?
釣れる魚に大きさがどうとか、コンデションがどうだとか、そんな物理的な欲などほんの10年も待っていればいずれは変わる。どだい、お客さんでしかない余所者が口で言うより、地元の川守りたちはちゃ~んとその先を見つめているんだから。



-渚滑川-



間違いなく先細りでしかない北海道内水面事情を鑑みたとき、この川の存在意義が大きく今後を左右するものになるとボクは思っている。
余暇を楽しむのに、映画を見ればお金が掛かる。
遊園地に行っても動物園にいってもお金は掛かる。
パチンコ・競馬・スポーツジム・果ては海水浴場まで有料の場所があるくらい。
しかしてそれは、至極当然の機材や場所・空間・時間の“使用料”に他ならない。
なぜならそこには保有者や管理者に経費が発生するからである。
コレをロハで出来る(使える)なら、客は大喜びだが一瞬にして施設は倒産・閉鎖になるだろう。
こんなこたとはボクが一々言わんでも解りきった事。
では、なんで釣り(内水面で)をするのにお金は掛からないのか?
ネイティブだから?再生産しているから?イワナっこは石から生まれると本気で信じているから???
でもご存知ですか?渚滑川には多大な経費が掛かっているんです。

もしかしたら真っ先にライセンス制を取り入れて遊漁料を徴収しても良いのではないのか?
それで今よりももっと良い状態へ移行できるのなら、金額の大小に係わらずお金を払った協力者としても、誇りに思えるのではないだろうか?
もしお金を支払うことに拒絶反応を覚えるならば、無法地帯と化した争奪戦に身を置いて、熾烈な川にでも行けばよい。
サクラのカッパライ、サケのカッパライ、渓流魚の親魚・稚魚無差別殺戮の中で明日を見ることなく、他人を出し抜くことに心血を注ぐ釣りに没頭すればよい。



今年もヤラレたポイント

ボクは今年も彼らの恩恵に与ることで、このポイントで2年連続の楽しいライズの釣りが出来た。
河川利用者の理想像とは十人十色だけれど、少なくともボクラは目一杯の秋の休日を堪能させてもらった。
手ぶらで訪れたことが恥ずかしくなるくらいにね・・・・・


おい、この川に唾を吐くヤツラよ、そこまで言うのなら自分らで自分らの理想形を造り上げ、彼等と同じ苦労と同じ努力を持ってして、彼等と対等な位置に着いてから喋るこった。
じゃなかったらそれは便所のラクガキていどのもんでしかないし、ガキが妬んでやっかんでいるようにしか見えないんだよ。
だからもう、みっともない真似はよしてくれ・・・・・




スポンサーサイト
昭和40年代の道内釣り書籍にも今と同じ
「このままでは・・・・・・」「釣り人達も何とかしないと・・・・・」
などと書かれてたりします、結局「口だけ・言うだけ」で40数年
昔から北海道の釣り場は火事なんですよね(汗)

もし消せない業火が道内を焼き尽くすしそうになった時、渚滑川は砦になるでしょう。
バケツを持って駆けつける人々が沢山いる、いつも見守る人達が居る

「公」もその地域活動を認識してる。

この意義を理解できない程度の想像力しかないから、噛みつくんでしょうか?(笑)
餓鬼すぎて誰も相手にしませんわね┐(´∀`)┌
言うだけ番長・口だけ理想・・・・「大名釣り北海道」で現実知らない輩の言葉じゃねぇ( ´,_ゝ`)プッ
入植して100年やそこらで文化なんて無いでしょう。

>サクラのカッパライ、サケのカッパライ、渓流魚の親魚・稚魚無差別殺戮の中で明日を見ることなく、
>他人を出し抜くことに心血を注ぐ釣り
プラス「サクラの稚魚100匹釣り」

文化に失礼だわ( ゚д゚)ポカーン


故西山徹さんが昔ある雑誌のコラムに
「200・300km離れた川のC&Rにグタグタ言って子供の駄々コネする労力あるなら豊平川にフライフィッシャーの漁協でも作る労力に使った方が良い」
的な文章書いておられたのを毎度思い出します(笑)


Open Mind 全てを受け入れる
そして公で活動する、その労力と様々な困難、それでも尚あの「笑顔」
僕らの砦、ともしびです!!

釣りに没頭できる流れ、釣り人に心地よい街の空気、笑いに溢れる夜・・・・
全てに感謝ですよヽ(´ー`)ノ
【2010/10/16 Sat】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
世の中天邪鬼というか、世間が讃えるほど反発したくなる人種がいるようです。
そういう人達にかぎって懐古趣味だったりするから性質が悪い。
昔は魚が溢れこんな大きな魚が釣れたんだと古き良き時代を懐かしんでばかりいても、目の前の川に魚は戻って来ない。
先を見て前に進みたいですね!
【2010/10/17 Sun】 URL // 雪代(ゆきしろ) #mQop/nM. [ 編集 ]
カミナリさん、毎度です!

本当に昔っから火事なんですよね(涙)
どんな世代の方と話しても、腰の曲がったオジィちゃんと話しても、必ず「俺の子供の頃は・・・・」と時代を遡る表現をします。
誰一人として「今は良くなった」などとは言いません。。。

>言うだけ番長・口だけ理想・・・・
ほんのちょっと良型イワナが釣れたとたんに「この川は完全復活だ!!」と言い切る番長を思い出しました(笑)

>「200・300km離れた川のC&Rにグタグタ言って子供の駄々コネする労力あるなら豊平川にフライフィッシャーの漁協でも作る労力に使った方が良い」
さすが大御所!!
仰るとおり!!

>釣りに没頭できる流れ、釣り人に心地よい街の空気、笑いに溢れる夜・・・・
川守り達が作り出したあの街の雰囲気。
本当に感謝です!


【2010/10/17 Sun】 URL // KABU #- [ 編集 ]
雪代さん、お晩です!

天邪鬼ってさぁ、あーゆー態度や言葉を投げつけて、自分へ視線を集めたいってゆーか注目されたいってヤツが多いよね?
それかヒガミ根性だけで会話するヤツとか(笑)
まぁいずれにせよ、そんな輩の土俵まで降りるほど川守り達はヒマじゃないし、世間も聞く耳も持ってないもんなんですがね(笑)

【2010/10/17 Sun】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/449-9b05f412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。