var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のエントリーに引き続き・・・・・

こないだの日曜日のことなんですがね。
アブの猛襲が終わる頃を見計らって、ハルクとジェミーを覗きに行って来たんです。
今年の函館近郊の河川は、暑い割りに一度増水すると手が付けられないくらいの増水となってまして、こんな年の魚は決まってコンデションがすこぶる良いんです。

ヤツラがドライに反応するかどうかは置いときまして、とりあえず魚影を確認するために畑の脇を歩いていきます。
もうスグ川って所、川のせせらぎがはっきり聞こえるところまで来たとき、何やら不穏な藪の動きが・・・・

真ん中の雑木林の切れ目が入り口

実は前方に見えるたかだか3メートルほどの藪を乗り越えた際、視界の右端(距離にして20メートルくらい)の畑をはさんだ向い側の藪が動いた気がしたんです。
でも、瞬間的に揺れただけですので、風か鳥だろうと気にもしなかった・・・・
それで畑の縁をテクテク歩いて入渓ポイントを探っていた時、やっぱり後方の藪で明らかに一部だけが揺れている・・・・
もしかして?と視線を落としたらコレですわ(汗)

ハガキサイズより一回り小さいくらい。。。(汗)

はがきよりも一回り小さいくらいの足跡で、しかも爪の先がきれいに尖ってる(汗)
そしてなによりも、地中にめり込んだ部分は湿っていても、プリプリな肉球と爪の間は砂が乾燥していることにお気付きだろうか?
紛れもなくたった今ってヤツです(汗)
それもこっ子クマの足跡でんがな!!

「アレ?」
「マズくね?」

そう思った時、昨夜の嫁はんの言葉が脳裏を霞める。

「アンタ、最近回りで立て続けに不幸が起きているんだから、明日は止めたら?」
ここ一番の勘の鋭さを持ってる嫁ですし、自分自身もなぜだか朝から気乗りがしていなかったのも事実。

「フゥ~・・・・」と、溜息を一つ大きく吐き出すと、足元を確認しながら揺れ動く藪の方向を見つめながら帰ることに。
幸いそれ以上の藪の動きは無く、発見現場から50メートルくらい離れた時点で安心感がでてきました。
気が付けばそこいらじゅうに足跡があって、今朝方までここで遊んでいたようでした。
そんなヒグマの遊んだ痕跡を写真に収めようと立ち止まっていると、ちょっぴり動物園系の匂いが鼻を霞めます。

なんでしょう、体の中の血管にトゲトゲした異物が駆け巡っているような、それでいて脳ミソに氷水を直接ぶっ掛けられたような感覚が起こりました。
もうこの時点で頭の中では「ビー!ビー!ビー!」とスクランブルの警告音が鳴り響いてます。

もしかして・・・・!?

やっぱりそうです。
ボクとの距離を20メートルほど保ったままで、笹薮を挟んで向こう側に何か居る(汗)
何かって言っても、この状況じゃソレしかありませんって!!

「オレ、エサ?」

遠いロッキーでの恐怖感が蘇ってきましたわ。
もう泡喰って撃退スプレー握り締めて、シースリーピーオーみたいな動き方で後ずさり。
そのまま後ろ歩きで心は猛ダッシュ、現実にはヨチヨチ歩き。

ボクの左後方300メートル程の所ではトラクターがブンブン唸りを上げて動いているし、傍には5~6人の農作業中の人が居る。
反対側には狭い藪を隔てて同じ作業中の夫婦がいる。
そして川を挟んで四方には民家と農作業場とガレージがある。
そんな、一見して危険性にはほど遠い農作業の人々に囲まれたこんな場所で、子連れに出会うなんて・・・・

写ってませんが、スグ脇に人が居ます

これが新世代ベアーなのかどうかは不明ですし、ボクをストーキングしてきたのが親であるのか子であるのかも判断が付きませんでしたが(恐らくは母親でしょうね)、正直、車までの400メートルは生きた心地がしなかった10分間でした。

北海道内で川釣りをする上では避けては通れない存在のヒグマ。
危険を感じたらすぐさま回避ではなく退避行動を取るように心掛けたい物です。
何事も『命あっての物種』ですから!!











スポンサーサイト
「エサ」にならなによりです。携帯画面ですのではっきりとはわかりませんが、こんな見通しがきき、しかも人里まで降りてくる…。なにがあるかわかりませんね。時期のせいもあるのでしょうか?
デントコーン、芋、かぼちゃなどこの時期エサになるものたくさんありますからね。
ホント命あってのもの。
気をつけたいですね。
【2010/09/14 Tue】 URL // 3d-chan.taba #- [ 編集 ]
3Dさん、こんばんわ。

人の匂いがいっぱいの里で、しかもパッチワーク状にしか雑木林や森がないにも拘らず徘徊するヒグマは、ある種危険グマなのかもしれませんね。
お互い気を付けましょう!!
【2010/09/14 Tue】 URL // KABU #- [ 編集 ]
NA見ましたよ(笑)
先日の日曜日、あの時と同じ遭遇体験をしました
今回はすぐに森に歩いて行きました・・・それも谷底方向へ(汗)
そうそう、200m下にナイスプール発見しました
ドライでかけたけどグラスロッドでは耐えられずブレイクしちゃいました
この間の虹よりヒトマワリ大きい雄でした
ブレイクしても丸見えでしたので頑張るも撃沈
KABUさんヘビー足つきニンフを流すも無視
なにか必殺フライはありませんかねぇ?3X使えるぐらいの大きさの(笑)


【2010/09/15 Wed】 URL // えすてま #IpT9aHSo [ 編集 ]
えすてまさん、ど~も~!

相変わらずアクティブに登ってますね!
ホント、クマには気を付けて下さいね!!

それはそうと、ナイスプールは気になりますね?
今年はムリかもしれませんが、来年は必ず行くつもりです。
その時は宜しく!!

PS:ニンフですが、そのプールとニジの状態を教えてください。
最適なニンフがあると思いますから!!
【2010/09/16 Thu】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/444-4eb4e3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。