var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のエントリーに引き続き・・・・・

先日の兄貴のリベンジの後、姑息にも自分のリベンジに向かったワケです。
しかし、先週とは打って変わって15cmくらいの増水と濁り。。。
増水中とは言え、大小さまざまな浅いプールからすらドライフライへの反応がないままに、半ば諦めにも似た気持ちで渋々ニンフをポッチョンと繰り返していました。

ボトムラインを通過するボクのニンフを、いつものように鮮やかな色合いのブラウン達が咥えてくれます。
30cmともなれば、流れを利用するかのように流芯へと逃げ込みそこそこ竿を曲げてくれるので、集中力も途切れることもなくあのプールへと上っていきました。

遡行していくと、さほど大きくもないごくフツーのスポットが目に入りました。
ま、“行きがけの駄賃”みたいなもんですね。
とりあえずニンフをポッチョンと。

スグさま反応があり、ヨンパチってところでしょうか?
元気者の♂が縦横無尽に走り回ります。

「おーヨシヨシ」とばかりに、水から上げるのも可哀相なので暴れる彼を水中でやさしくホールドしながら、フックを外そうとしたんですが、なかなか収まらない。

あんまり暴れるんで、両目をふさぐように右手で顔を押さえたんですわ。
すると、どことなく落ち着きを取り戻すような素振りを見せたヨンパチ太郎でしたから、そのままゆっくりと顔の先端に指を滑らせました。









「ビチビチビチビチ・・・・・・・


グサッ!!!」






「いっだぁ~~~~~い!!」







激痛が走った右手の小指を見ると、ヨンパチ太郎の口元から飛び出たニンフフックが、ベンドの辺りまで指の中に突き刺さってる(汗)
オマケに、ヨンパチ太郎の重量がそのまま小指にのしかかっているもんだから、痛いの痛くないのって言ったらもう意識がアルゼンチンあたりまで飛んでいったくらいヒドイんですよ。

しかし、ここまで深く刺さったフックに対してどう対処してよいのか、金縛り状態で見つめるしか出来ないボク。
とりあえず珍しい事態なもんで、写真に収めようかと激痛により薄れる意識のなかでカメラをとりだそうと反対の手でポケットへと手を伸ばした・・・・・・









「ぐっわぁぁぁぁぁ~~~~!!」









これを読んでいる皆の衆、こんなアホな考えはおよしなさい・・・・・

反対の手を放すということは、針が刺さっている小指にヨンパチ太郎がぶら下がるということなのですから・・・・・

再び意識がイギリス・リバプールの漁港あたりまで飛んでいったボクは、親指以上に腫れ上がってきた小指を凝視するしか出来ませんでしたわ。

「もう骨まで達しているんじゃないのか?」ってくらい尋常じゃない腫れ方になってきました。

そこで、優しいのかサディスティックなのか、はたまた普段の恨みからなのか、ぶら下がるヨンパチ太郎が再びビチビチとやりだした。
たとえソルトであろうともバーブレスしか使わないボクですから、幸いこの瞬間にフックが抜けてくれたんです。
・・・・が、その瞬間に小指を中心にして体内の中で何か異音が響いたんです。






「ブチッ!!!」




「ぎぃゃおぉぉぉ~~~~~!!」




痛いよ~~~(涙)

「はじめ人間・ギャートルズ」オープニングのようになってしまったボクは小指を押さえ込み、逝くとこまで逝っちゃった。。。。

みるみるプックリ(汗)

しばらくは動けないくらいの痛さに絶えつつ、眼前に広がるリベンジプールを眺めてましたよ。

もちろんこれで諦めるボクではありません。

歯を食いしばり、重たくも人間すら釣り上げることのできるスペシャルニンフをリベンジプールへと投げ入れるべくフォスルキャストで・・・・・・

「ボシャン!」

右手にウマク力が入らず、なんと手からすっぽ抜けた竿をそのままプールへと投げ入れるカタチになってしまった(汗)
ここまでくると、今日の釣りそのものにアホ臭さを感じてきました。
釣りどころではない小指を眺め、全体の70%がドス黒く変色してきたことに気が付くと、「いい加減アホやなぁ~・・・・・」と独り言がこぼれて川縁でコーヒーを飲んでいましたとさ。




情けないKABUのホームでのひとコマでした。














スポンサーサイト
痛そう
治まってきましたか?
ひどい腫れ方ですね。バーブレスだったのが何よりですね。
自分にもやさしくリリース(?)。
次は絶好調の記事、期待してます。
【2010/08/06 Fri】 URL // 3d-chan.taba #- [ 編集 ]
3dさん、おはよう御座います。

>治まってきましたか?
3日ほど腫れと内出血が引きませんでした。
今では痛みも無くなりましたがね。

>次は絶好調の記事、期待してます。
ワカリマチタ(汗)
【2010/08/06 Fri】 URL // KABU #- [ 編集 ]
 >ブラウンの仕返し
その通りですネ!、年間何匹小指のないブラウンの口に突き刺し続けたのでしょう、次は薬指、中指、人差し指・・・・・アア
南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・・・・
その点、私は暮れになれば魚達からお歳暮が届きますから(情けないヤラ)
【2010/08/06 Fri】 URL // Palette #- [ 編集 ]
Paletteさん、毎度さんです!

今度は写経でもして、お払いしてもらおうかな?
写真は全てお炊き上げに出して。。。

ところで本日はどうだったのかな?
良い魚に会うことが出来ましたか?
結果報告お待ちしています!!
【2010/08/09 Mon】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/435-84f7d44a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。