var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼らと出会ったのは、ちょうど昨年の今頃。
ヒョロヒョロの体で精一杯走り続け、懸命にボールを追いかけていた。

技術といえる物など何もなく、指導されるはずの彼らにはキチンとした指導経験者がいなかった。

不安な日々の練習、自分が上達しているのかさえ分らずじまいの毎日。
チームはいつだってチグハグで、ボールを持てば即シュート。
誰かが放ったボールで、点数が入るか入らないかだけが彼らの基準となっていた。

唯一ハッキリ分ること、それは「やっぱりバスケットが好きだ!!」これだけだった。

現役を過ぎたボクラがこのチームを指導するには十分過ぎるほどの理由だ。

ポンコツの腰とスクラップ同然の左ヒザ、両足首はいつも捻挫の繰り返し。
体の自由が利かなくなったコートの上で、一人一人の個性を伸ばし体当たりで教えてきた。
マンツーマンのディフェンスは、打たれる前にコースを潰すこと・・・・
ゾーンプレスを掛けられたら、スペースを作ってあげること・・・・
スクリーンには、オフェンス・ディフエンス両方共にコンタクトを取ること・・・・
ポストプレーにはお互いがタイミングを図って・・・・

シュパッ!

この短い時間の中で、一体どれくらいのモノを彼らに残せただろうか。
いつも輝かせていたその瞳には、教える側も教えられる側もバスケットの本当の楽しさが表れていた。
だから、コートを行き交うオマエ達の汗は、決してムダではなかったと信じて欲しい。
付け焼刃なんかじゃない、いままで培った自分のスタイルに自信を持って戦って欲しい。

「ゲームを楽しむことを忘れるな!」
「おもいっきり暴れて来い!!」

それが彼らへ教えた最後の言葉だった・・・・


-中体連 (平成22年北海道函館中学校体育大会、バスケットボール)-

レギュラーとなれる人数が7人しか居ない、部員不足で万年最下位チームの目標はベスト4入り。
初戦敗退が濃厚視され、どこの学校にも注目されてないオマエたちだけど、オレだけは勝てると信じていた。
そこいらの学校じゃ教えてくれないことを、そのユニフォームには沁み込ませてあるんだから・・・・

午後遅く、仕事場で携帯電話が鳴った。
ゲームが終わっても、敢えてボクから聞くことはしなかったから。
正直、彼らを失意に落とすことになってしまったんじゃないかという、恐怖心もあったのは確かだ。

結果ベスト4入り。
電話の向こうでは誰もが喜びを分かち合い、ボロボロの体を引きずりながらも自信に満ち溢れていた。

翌日、満身創痍で望んだ準決勝では50点の大差を付けられて敗退。
彼らの中学生活最後の大会が終わった瞬間だった。

生意気だったどの顔にも涙が溢れている。


「下を向くな!」
「胸を張れ!」
「勝つことを知らなかったお前たちが、ここまで頑張ったんだ」

そう電話の向こうに伝えることが、その時のボクには精一杯だった・・・・






スポンサーサイト
ブログの内容とは全く関係ありませんが、今朝、kobaさん・kuroさんと海にいってきました。まだお客さんの気持ちがぬけませんが、交流でき大満足のひとときでした。
【2010/07/24 Sat】 URL // 3d-chan.taba #- [ 編集 ]
負けて泣きじゃくっても目標を達成した子供達にとって、これからの人生で忘れられない勲章の一つになったはず!
子供達の将来が楽しみですね(^_-)-☆




【2010/07/24 Sat】 URL // 雪代(ゆきしろ) #mQop/nM. [ 編集 ]
3dさん、こんにちわ。

彼らにはなにやらドラマがあったようですね?
3dさんもガンガンやっちゃって下さいね!!

貴ブログでの報告を楽しみにしています!
【2010/07/26 Mon】 URL // KABU #- [ 編集 ]
雪代兄貴、毎度です!

準決勝ではベスト4に勝ち残れた達成感からの“燃え尽き症候群”状態で望んだのですが、それでも各クォーターでは教えを受けたプレーを随所で見せていたそうです。
勝ち残った全てのチームがミニバス上がりだったのに対して、中学から始めた彼らでしたが、「高校ではヤツらをぶっ潰す!!」と、頼もしいくらいイキがっておりますわ(笑)

チーム内の数名は、すでに高校バスケの顧問から目を掛けて頂いてる子もいますので、本当に将来が楽しみです!!
ヨボヨボのジジィになる前に、あの子達と一緒にプレーしてみたいものです。



【2010/07/26 Mon】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/429-142d45dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。