var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のエントリーでは「初心に戻って、何にも考えずにキャンディーとゾンカーをブチ込んでみよう!」などとのたまっていましたが、舌の根も乾かぬ内に磯場ではこんなフライで・・・・・(汗)

黄金に輝く魔性のヌル艶

特に何をイミテートしたってワケじゃないんですが、海中の海藻類の根元付近などに見られる甲殻類の、特にエビの類を具現化したらこんな風になっちゃいました。
主だったシュリンプパターンなどは、アメリカの『ネ申』と称されるおじ様達なんかがずいぶんと発表してくれましたが、ボクが見た一部のパターンでは、どれもこれもいまいち「ビビッ!」とこなかった。
もちろんそのパターン群は全てがパーフェクトなシロモノなんですが、それをそのまま日本海へと転用するには気が引けると言うかなんと言うか。。。

んで、最近TMC社から発売されている 『ペレットダブ』 の質感とファイバーの柔らかさを持ってしたら、こうなりました。

半透けがキモ!

半透明でツヤツヤ感がハンパないっしょ?
して、あえてボサボサにしているボディー周りのファイバーがより一層のエビっぷりを演出している(笑)

この微妙なまだら加減がイイのぉぉぉぉぉ♪

パラリとハックリングしたコックのヘンもイイ感じのシマシマ模様を浮き立たせています。
パッと見はダッサダサの3軍フライにしか見えませんが、なかなかどうして、これが日本海では効きますねん。
あ、もしかしなくても淡水でも効きました。

とまぁ、春のウララに誘われて、アホなフライばかりを巻いているKABUですが、ラ・フォンテーンのシュリンプパターンがKAWASAKI の Z1 だとしたら、ボクのこのフライはKAWASAKI の KH くらいだと思っております・・・・・ 
今宵、自画自賛マルダシのエントリーでした。

かしこ










スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/414-8dca6a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。