var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは以前のエントリーでも言いましたが、恵庭の孵化場内水面資源科長さんからボクラが直接伺った言葉です。

「ヤマメのリリースなんて、意味無いでしょ?!」
「みんなどうせ死んでしまうのだし」

「そもそも河川残留型のサクラマスは、漁業資源には影響ない物」
「ま、アンタラがそうしたいのであれば、別にイイんじゃないですか?」
(キャッチ&リリースを指す↑)

内水面の資源量を増やし、同時に健全に育むことを目的とする部署の現場を総括するべき科長さんから、このような言葉を聞いたときにはボクの心の中で【落胆】というよりも【驚き】の方が大きかったことをハッキリと憶えています。
ボクラは、釣り人として、資源量の減耗を食い止めながらも楽しめる方法。
言い換えれば、水産行政や漁業者とも折り合いが付く遊漁の在り方を模索していた矢先のこの言葉に、深い喪失感のような物に包まれました。
他の各孵化場に勤務されている職員の方々は、各組織で行う「サクラマスの発眼卵放流」の際にはとても親切にアドバイスを頂いたり、都合が合わない場合などにも便宜を働いていただいたり、時には現在の河川の状況の資料などをお見せして頂く等、河川資源に対する思いやりを強く持ち合わせている方々だということを、誤解のないように付け加えておきます。


昨今のレジャーフィッシングでは、テンカラ・ルアー・フライ・エサを問わず【キャッチ&リリース】という行為が浸透してきています。
その意義は個々の釣り人によって様々な捕らえ方をされていて、「また釣りたいから」 「どうせ食べないから」 「殺すのが可愛そうだから」などなど、実に多様な捕らえ方でリリースという行為に同意して、魚を流れに戻しています。
当然、ヤマメ(河川残留型サクラマス)もリリースの対象となっていて、多くの方がその行為に同意をしています。

それでは、果たしてヤマメをリリースすることは全く無意味なことなのでしょうか?
本当に「みんなどうせ死んでしまう・・・・」のでしょうか?
内水面資源(サケ・マス)に於けるエキスパートが言うのだから、その言葉には間違いは無いのでしょうか・・・・・?
0.1%の生存率(残存率)も有り得ないということなのでしょうか?



では、コチラをご覧下さい。

口切れサクラマス


上顎下顎共に大きな欠損が見られます。
一部、赤く擦り切れている場所は水揚げの際に網やタモなどで出来た新しい傷です。
(傷口の出血及び内出血にて、傷が出来た時間の誤差が解ると思われます)
正常な口周りの成魚と比べてみてください。

正常なクチビル

このように、釣堀などで非常に良く見られる上下の顎に陥没したような傷を持つサクラマスやアメマスは、函館の市場で結構見ることができます。
どの時期に傷を負ったのか(釣り針に掛かったのか)は不明ですが、少なくとも一度釣り針に掛かった魚でもちゃんと生き延びて漁業資源として役立っていることが実証されたのではないでしょうか?
また、今回は残念?ながら網に入ってしまい“漁師の稼ぎ”になってしまいましたが、もし生き延びていれば、産卵に参加して沢山の子孫を残し、河川資源及び漁業資源にもプラスの影響を与えたことは想像に難しくありません。


ですから、どうか冒頭のように「リリースなんて意味が無い」というような考えや、「どうせ死ぬんだから」などといった考えを持っている方は、今一度思い直して欲しいものです。











スポンサーサイト
こんにちは

ご意見に賛同いたします。
食べて(殺して)しまえば、生存率は0ですが、
リリースなら0では無い可能性が有ります。
また、死んでしまうにしても、川で骸となるので
あれば、鮭の様に大きな自然の循環サイクルで
他の生き物の糧となる事でしょう。
決して、無意味な事ではありません。
と、私は思います。

【2010/04/09 Fri】 URL // しろさぶろう #- [ 編集 ]
kabuさん、こんにちは。

本当にソウナンデショウカね?
立場が換わると見えて来る物まで違うでしょう。

キャッチ&リリースの無意味と言う意味合い。

彼の考え方の根底に有るのが事業としての放流が見えてきますよね。
資源として見たら確かにヤマべ(女)のばわい0.00?%かもしれません。
釣を含めて、どの様な事にもモラルなり道徳なりが必要ですよね。
それが、常識と言うものでしょう。
孵化場(地独)の中にも、事業以外ではキャッチ&リリースの効果を認めている方もいます。

まあ、事業としてのサクラと釣り人が見るヤマベは多分違った生き物なのでしょうね。

もしも、キャッチ&リリースが無意味なら?
ブラックバスやブルーギルをキャチ&リリースしても死んでしまうのでのであれば推奨しても良いのでは(笑い)

所詮は、今回の道条例が改正され組織が変わろうとも、水産は読んで字の如く水の産業の為の組織ですよ。

生態系?へそで茶がわきますよね!!
言い過ぎでしょうか。m(_v_)m
【2010/04/09 Fri】 URL // Enjoy60 #- [ 編集 ]
しろさぶろうさん、こんばんわ!
コメント有難う御座います。

>リリースなら0では無い可能性が有ります。
仰る通りです。
確かに残念ながら死んでしまう個体もいるのは事実ですが、生き残る魚も多くいるのです。
これはボクの知人が北大水産学部に在学中、函館近郊の小河川で行ったイワナのリリース後の生存率の研究で、「エサ釣りで針を飲み込んだ個体ですら生き残っている」と言う興味深い内容も含め、多くのイワナがリリース後に生き残ることを証明してくれました。
もちろんイワナとサクラマス幼魚及び若魚を一緒くたにすることは、いささか乱暴かもしれませんが、それでも生存率に関しては全くゼロとなる事はないでしょう。
そう考えれば、しろさぶろうさんの言葉をお借りして、【決して、無意味な事】ではないのですよね。

例の科長からの言葉には、「川のサクラマスに関しては、どうだっていい」というようなニュアンスに聞こえてなりませんでした。
外来魚に関してはあれほどムキになるのに、自分が守ろうとするはずの在来魚に対する想いがこれですから。。。

関東人から見れば、トラウト天国のように見える北海道でも、川を取り巻く状況は決して天国とは言えませんです(汗)

【2010/04/09 Fri】 URL // KABU #- [ 編集 ]
60組長、お晩です!!

孵化場の職員の方々で、遊漁(遊漁者)を尊重されている方、キャッチ&リリースも含め、遊漁の良心的な方向のモラルに理解を示してくれている方等々、ともすれば対立関係に見られがちな2者間ですが、実際は多くの理解者がいらっしゃる中での件の発言には大いに失望してしまいました。

今日はとても疲れているので、レスはこの辺でお願いします!
さぁ寝ようとっ♪
【2010/04/09 Fri】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/412-d24da6a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。