var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白銀の美肌しゃん♪

海洋生活を終え、生まれ故郷の河川へと向かうサクラマス(学名:Oncorhynchus masou masou オンコリンクス マソウ マソウ 英名:masu salmon、masu trout)やカラフトマス(学名:Oncorhynchus gorbuscha オンコリンクス ゴルブーシャ 英名:pink salmon,pink,humpback salmon humpback)などは、シロサケ(学名:Oncorhynchus keta オンコリンクス ケタ 英名:chum salmon,chum,dog salmon)などと違い、北海道南西部の海域に姿を現してもその姿は銀箔の鱗をまとったままで、婚姻色などは殆ど見られません。
そして銀白色の鱗に包まれた彼らの表皮ですが、釣り上げた瞬間はその美しい体にうっすらとパープルラインが浮かび上がり、ディープブルーバックとホワイトシルバーの間に浮かぶパープルラインが織り成すグラデーションは、息を呑むほどの美しさを醸し出しています。

しかし接岸をしてはみたものの、遡上の為の河川の増水が起こらなかったり雪代の早期終息などの状況、若しくは固体そのものの遡上意欲欠損などの要因で、相当数の時間を沿岸部での準備生活に当てる固体などは、その美しき魚体にピンク色の薄化粧をし始めます。

銀色の鎧


画像の表皮に見られるように、一つ一つの鱗が厚く硬化し始め、ブナ(婚姻色への変化と、体の一部が変形してくる状態を指します)掛かってきている様子が見られます。
これらの色合いは、外洋生活で捕食した甲殻類などから摂取・蓄積したカロチンが色素となって体表に表れてきていると言われています。

何れにせよ、サケ族がその生涯に於いて一度きりの産卵に向け行う魚体の変貌と体色の変化は、とても神秘的でダイナミックなトランスフォーメーションなのです。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/40-ea61c4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。