var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝の目覚ましで起き上がると、幾分体調が良い気がする。
喉の痛みも殆ど無く、こりゃー行くしかないべさ?と、そそくさと家を出たのが早朝5時。
峠の入り口では、外気の温度計がもの凄い寒さを示してくれる。
来てしまったことをちょっぴり後悔する瞬間だ。

冷えてきたねぇ・・・・・

いつもの漁場は北の風強く、国道沿いに掲げられた「交通安全」の旗の振れ加減でシケているのがわかる。
旗を横目に、もう少し北上した海岸に進路をとった。
きっとあそこなら、この風でも少しは釣りになるだろうし、沖のテトラポットが高波を打ち消してくれるだろうから。
と思ってきたのも束の間、到着直後には晴れ間が見えていたのに、着替えている最中にはもうホワイトアウト(涙)

うっわ、真っ白やんけ(汗)

それでも諦めきれずに、12ヶのカイロを貼り付け波打ち際へと・・・・・
このときボクの体調はすこぶる良好。
海面の様子も釣れそうな気配ムンムン♪
僅か200メートル程の間に、アッチャ、コッチャと潮溜まり&潮流が!

こりゃーチャンスタイムの到来だぁ!・・・と、思ったのも束の間(汗)

「こりゃーガッパリ出るしょ?」と勢い、キャストを始めたら・・・・

「わぁっ!!」

「今なんか、“ビリッ”としなかった?」

手首と足首のアキレス腱あたりに、瞬間的な電撃が走ったような気が・・・・・
しかもちょっと強めの。

キョロキョロと周りを見渡しても、特に何も見当たらない。
「今のはナンだったんだベ?」と、自分の運動不足かもしくは肉体的老化で腱が硬くなってしまっているのだろうか?なんて、自分勝手に解釈をして目の前の潮溜まりに再びキャスト。
次の瞬間・・・・・・




「バリバリバリバリ!!!」






今度は恐ろしいほどの電流が、ボクの体を突き抜けました!

思わず竿を放り出し、その直後から心臓が「ヒクン・ヒクン」とヘンな動きを見せ、胸を押さえてその場にうずくまってしまいました。

「お、恐ろしや、こりゃー海神様の祟りじゃ・・・・」

なんて冗談もいえないほど苦しかったんですよ、マジで(笑)

それで、明らかに竿を振っちゃイケナイ場所だということはこのノミ以下の心臓から伝わってきたんで、電気の正体を探してみたんです。
そしたらアンタ、これですわ。

ブルンブルン言ってました(汗)

ここからはボクの推測でしかありませんが、恐らくはこの乾燥した大気のなかで唸りを上げてブンブン回るこの風車のブレードが、空気との摩擦で起こる静電気を大量に作り出し、その静電気を放電しながら回り続けている。。。
そんなところの真下で、何も知らないおバカなKABUが通電性に優れた炭素樹脂であるカーボン素材の細長い棒を振り回していた。
当然それは避雷針のごとく、頭上に散らばる電気の方向性を一点に集中させてしまった。
それも、自分の体めがけて・・・・・

当たらずとも遠からずって所じゃないだろか?
実際、慌てて車まで逃げ込むまでの間、竿を持っている手が常に「パリパリ、パリパリ」と電流を受けていたくらいですから(笑)

ただでさえ静電気体質のボクは、初秋から始まる乾燥した空気に悩まされているもんで、昨年秋なんかには姪っ子(5歳)から頬っぺたにチューされたときに「パチッ!」と弾けてしまい、姪っ子を泣かせるくらいなんですよ(笑)
これでもしボクがペースメーカーなんて入れてたら、いきなりアウトだったろうなぁ・・・・(汗)
ま、ともあれ、こんな経験なんて滅多に体感できる事じゃないでしょうから、次回からは気をつけるようにするとしましょう。

皆さんも気温が氷点下で風速が8メートル以上あり、しかもスグ後ろに風力発電用の巨大扇風機がある場合は、どうかご注意下さい。
もしかしたら、願わずともアフロヘアーになてしまうかもしれませんよ?

恐るべし『北海道電力・風力発電』の隠された威力でした!!










スポンサーサイト
はじめましてkabuさん、たまにこっそり遊びに来てました(笑)
しかし恐ろしいですね~風力発電の威力!
笑い話じゃないでえすよね、下手したら死んじゃいますよ~
【2010/02/21 Sun】 URL // キクちゃん #SFo5/nok [ 編集 ]
ワァオォォォォ!!

キクさん、どもども初めまして!!!
キクさんに来ていただけるなんて、KABU的にはとっても光栄なのですヨ!!
大感激です!!

>しかし恐ろしいですね~風力発電の威力!
いや~、マジで“感電死”を意識できるくらい心臓に圧迫感を感じ取れましたわ(笑)
なんと言うか、生きているのに強制的に心臓へ電気ショックを掛けられている?そして間髪入れずにAED(自動体外式除細動器)を発動?みたな(笑)

ま、これでボクの寿命も数年は延びた?ことでしょう!

>たまにこっそり遊びに来てました(笑)
いえいえ、どうぞこれからも“堂々と”いらして下さい!
そして今年は例の川(近場&キクさんのホーム)へ、ぜひともご一緒してくださいませ!!
楽しみにしていますぅ~♪

【2010/02/21 Sun】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/398-d35c2a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。