var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月4日の北海道新聞に掲載されていた記事からです。

-サクラマス魚影は 【検証・美利河ダム魚道】-
後志利別川の美利河ダム(今金町)に2005年に完成した全国一長い2400メートルの魚道。
サクラマスの再生産へ開発局が巨費を投じたのに、完成から4年間で回帰が確認された親魚はわずか10匹。
十分な効果を発揮できていない魚道の問題点を検証した。

ちょっとブレちゃった(汗)




この記事をご覧になられた方も多かった事と思いますが、実際にこの魚道を間近で見た方には「やはり案の定・・・・」そんな感想が湧き出たのではないでしょうか?
建設当初から、コンサル系の方々からはその効果に懐疑的な発言もありましたし、釣り人の間でも「ムリがあるんじゃ・・・・?」と囁かれていました。
しかし、北海道開発局は「これでサクラマスが帰ってくる!」と巨費20億円もの建設費を掛けて造ったんですが、現実には4年間もの間にこの魚道で調査・捕獲された親魚はわずか10匹(笑)
カンタンに計算すると、1匹/2億円ですわ!
こんなサクラマスの切り身を作れば、一切れ2千万円とかになるんですよね?(笑)
じゃ、箸で摘んだ一口は一体幾らだ???なんてバカな話は置いといて、我々の血税が生んだ構造物の費用対効果が1匹/2億円のサクラマスじゃ、話になりません。

今現在の北海道沿岸でのサクラマス漁で捕獲される個体の8割は天然資源とされているのですが、ここに費やされた20億円何がしと、現在2重行政とまで言われるサケマス孵化事業にかかる年間予算を合わせると、ダムや魚道を“造る”以前に天然資源を増やす方法がいくらでも見つかったのではなかろうか?
また、僅かこの魚道一つを取り上げても、“縦割り行政の弊害”や“進まぬ情報公開”と指摘され、改善しなければならないことが記事中で次々に浮き彫りとなった。
しかし開発局側は、あろうことか、こんな陳腐な効果しか現れていない【バイパス式魚道】を取り付けることで、サンルダム着工への取引材料にしていたのだから、呆れるどころか強い憤りさえ覚えてしまう。

・・・・ハナシはこれで終わらない。

その後(2006年10月)、当該河川での整備計画検討会では「順調に遡上している」「早期に2期工事が必要だ」と、委員が堂々とのたまったのである。
前記したサクラマス10匹の捕獲の内訳は2005年は5匹・2006年2007年共に0匹・2008年は5匹といった内容。
ってことは、この時20億円の魚道の効果がわずか5匹(この時点で1匹4億円のサクラマス:爆笑)しか出ていないのに「順調に遡上している」と言い切るんだから、巷の霊感サギ師より遥かに性質が悪かろうよ。

まぁ、全てを語らずとも皆さんもご察知の通りです。
いかに国から巨額の予算をブン取れるかって所がこの魚道の肝心要なところですから、本来のサケ科などの遡河性魚類達が行こうが戻ろうがカンケーないワケです。

ただボクが思うのは、このような北海道開発局の壮大な馬鹿っぷりを棚に上げて、次々に委員会が決められ、再び新たな工事へと着工するこの土地の体質がいつか崩壊させなければならないところまで来ているということです。
お役人さんよ、ヤツラはアンタラの見ていないところで、健気にもちゃ~んと頑張っているんだ。
これ以上、余計なことはせんでくれ!

スポーニング桜さん

河川の生産性を上げるのは、大金積んだ魚道ではないんだ。
それ位のことなんて解っているんだろ?
もう魚をダシにするのは止めてくれ・・・・・










スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/396-474bf72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。