var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スティールヘッド】

この魚を知らないフライフィッシャーは居ないだろう。
その暴力的なファイトや20ポンドを優に超えてくる圧倒的なサイズ。
まして、遡上魚であっても果敢に水面のフライへとアタックするアクティブ性に想い焦がれている方も多いのではないだろうか?
もちろんボクも一度は釣ってみたい魚の一つである。

しかし最近、この魚のことを良く理解しないままに「スティールだ!」と決め付けてしまう方が多く見受けられるようです。
自分で釣った大物は、自分にとってそれなりの大切な価値がある魚だということは十分解るのですが、それ以上の付加価値?を付け足そうと、「俺はスティールを釣ったんだぞ!!」と公言される方はいかがなものか?と思ってしまうのです(先日、某河川にてそのような御仁と出会ってしまいました)。
ちなみに、両手を1メートルくらい広げておいて、46cm“も”あったんだそうです(笑)

そもそも、「外見上ではニジマスとスティールヘッドとの見分けが不可能な場合が多い」とさえ言われていますから、その水域内(日本国内)で純血スティールヘッドの放流がなされていない場合、河川内で釣られたその魚は、たとえシーライスが付着していても十中八九はニジマスでしかないのです。
とても残念ですがその魚は【降海遡河型ニジマス】であって、厳密にはスティールヘッドではないのです。
イワナが海面へ降りたとたんに、イワナからアメマスへと呼び名が変わるような魚とは全く違うのです。
ただ、もしかしたらボクが知らなかっただけで、北海道の釣り人の間では大型化し海面との交流があった形跡のあるニジマス等をすべからくスティールヘッドと総称するのかもしれませんね。

それでは「じゃぁお前の言うスティールヘッドって何よ?」と仰る方も多いと思いますが、そもそもスティールヘッドとはニジマスから派生した亜種であり、ゴールデントラウトやカットスロート、カムループスレインボーなどと同じ、別枠の魚種なのです。
それらの一部をあげて見ますと↓

<ニジマス属>

① スティールヘッド
② レッドバンド トラウト (←今現在、世界最強のニジマスと言われています!!)
③ ゴールデントラウト
④ カムチャッカントラウト
⑤ コースタルレインボートラウト
⑥ ジェラルドレインボー
⑦ カムループスレインボー
⑧ ドナルドソン
(ほんの一部ですが、全て学名が違いニジマスから派生した近縁種とされています)

などがあるんです。
ボクの記憶があいまいな部分があるにしても、これの数倍の亜種がいて、北アメリカ大陸内だけでも各水系のニジマスを細分化し、20種以上もの亜種があるんです。
ですから、ただ大きいから「コレはスティールヘッドだ」とは言い切れないのです。
実際、道内の河川では、海面との交流を絶たれた閉鎖空間でも70cmを超えるニジマス(恐らくはドナルドソンか若しくはその混血)が釣られているのですから。

そもそも「46cmも!」を・・・・・ねぇ?・・・(汗)

ただ、ここに面白い画像があります。

携帯画像でスイマセン。。。(汗)


これは函館の地方卸売市場でセリに掛けられた魚です。
水揚げ産地は南茅部です。
見るからに正真正銘のスティールヘッドと思わしき容姿です。
この海域では、毎年多くのキングサーモンが回遊途中で捕獲されます。
これらのキングサーモンは、殆どがアメリカやカナダへ帰る魚なのですが、それと同様にこのスティールヘッドも外洋から迷い込んだか、シロザケの群れにくっついて来た魚なのではないでしょうか。
それか若しくは、知床半島周辺にまで回遊してくるカムチャッカ産のニジマス(こちらが本来の原種であるという説が有力で、未だ亜種の分類化や降海及び河川残留等の生態は明らかになっていない)が捕獲されたのかもしれません。

見れば見るほどスティールだぁぁぁぁ!!!

このようなスティールヘッドと思わしき魚は、毎年2~3匹は函館の市場へ搬入されますので、ボクも見る機会に恵まれるワケなんですけど、果たして一体どのくらいの人が本物のスティールヘッドを見たことがあるのでしょうか?
毎年スキーナリバー界隈で廃人同様にまで陥る友人は、「本物のスティールは、コッチの海ニジとは全てが桁違い。」 「性質そのものが全く違うんだよ。」 と教えてくれました。

感覚的に(見た目の雰囲気?)スティールヘッドかニジマスかを識別するのは簡単ですが、カムチャッカ産&北海道産・降海型ニジマス等とアメリカ産&カナダ産・スティールヘッドとの識別方法を知るには、まだまだ研究途上なのでしょうね。

そして結局のところ、「本当のスティールヘッドを釣りたいのなら、ディーンリバーやトンプソンリバーなどアチラの川で釣って来なさいっ!」と言われるんでしょう。。。(汗)




・・・・誰か金くれ!!










スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/11/06 Fri】 // # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/07 Sat】 // # [ 編集 ]
大変失礼しました!
管理人のみ閲覧できますさん、有難う御座いました!!

先ほど、自分のコメントをスパムとしてFC2に報告してしまい、コメントが消失しちゃいました(汗)
メールの件、今から楽しみです!!
【2009/11/07 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/366-6df0f4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。