var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-狂気の宴-

宴の準備は揃っていた。
北海道の東西南北から、恐ろしく濃い連中が集まっているのだ。

一触即発のイケイケムード?
厳戒態勢を引いたボクラを前に、次々とビール缶の開ける音が響き渡る・・・・・
それが交戦開始のゴングとなり、いままですまし顔だった住居者までもがお下品な笑い顔で酒を飲み出す。
ゲストとホスト間に保たれていた均衡が一気に崩れ、狂気の宴が始まった。

・・・・もう、ワヤ(汗)

サディスティックなお嬢にののしられ、それが堪らないと萌え狂うマゾヒスティックなエロじじぃ(笑)
「フライの話で寝かせません」とかほざいていたヘンタイオサーンは、いきなりチンコの話で絶好調?
とにかく終始笑い声が止まらないのだから、これは麻薬に近い空間とも言えるだろう。
いつもいつもフライパターンや魚の話、釣りの話など話したいことが一杯あったけれど、それらがいっぺんに吹き飛んでしまうこの小屋には、きっと悪魔が取り憑いているに違いない・・・・
実はこのとき病欠が2席ほどあったのだが、宴が楽しければ楽しいほど欠席者の顔が浮かんでは消える。
来年こそは是非とも参加して、とても破廉恥でイカガワシイ夜の宴に巻き込まれて欲しい。
そしてそんな酔狂な野郎共が集う狂気の夜は、終わることなく深夜まで続いていた。


次の日の朝、ボクを誘ってくれたいつもお世話になっている先生達をコ-ディネイトし、シロハラが舞い上がる幻想的なプールで午前中を費やした。

スーパードクターも連続ヒット!

先生達もこの川のポテンシャルと雄大な景色に圧倒され、たちまち虜になってしまったようだ。
残り時間一杯の、ほんとうにギリギリまで釣り続け、再び訪れることを誓って帰路に着いた。
それを見送ると、ボクラの時間がやってくる。

いつもの下衆な6人衆が薄ら笑いを浮かべ、ニヤニヤとポイントへ降り立つ。
午前中から始まったシロハラのライズを、各々が独自のスタイルで狙い、萌えほとばしる歓声やら奇声が陽気な谷間にこだまする。

お嬢ヒット!!仲良く並んで釣りました!

なんと言っても、リッフルの中や巻き返しでライズしている欲張り屋さんなんぞはほっといて、ユルユルプールの最下流、音もさせずに小さな波紋だけを作り出してる見るからにシビア~なライズと対峙するのがたまらない。
一つ、また一つと、時間の経過と共に目の前のライズが増えてきた。
コレには北日本ライズ対策真性マゾ協会の幹部連中もメロメロだ。
イマージャーだけ食ってるヤツ、ハネオチDDしか食わないヤツ、ボクのフライだけ食わないヤツ・・・・(涙)
もうほんとうに、「これがフライフィッシィングの真髄じゃあ~!!」といえる状況で、皆さん漏れなくご自分のフライボックスとにらめっこ。
そしてどうしてなのか、やっと食わせたハズなのにスッポ抜けた時だけ隣の誰かが必ず見ている(笑)

冷やかし放題で、散々笑われる。
つられてボクも大声で笑った。
誰かが再びスッポ抜けて、皆で笑う。
つられてそいつも大笑い。

開放的な秋晴れに、皆が集う川・・・・

こんな陽気な釣りなんて、いったいいつ以来だろうか?
「もう少しだけ」と、竿を振り続けていられた時間も僅かとなって出口へ向かい、並んで川を歩き、笑い合い、そして皆が「また一緒に釣ろう」と約束を交わした。

乞食釣り師のボクとムリヤリ付き合せた友人と二人、佳境を迎える黄昏タイムに残り、今までのライズフォームが僅かに変わり小型のカディスへと食性が移行した頃、2日連続で背後に不穏な足音に驚かされ、山の神に追われるように納竿した。

「こんなに楽しくってイイんだろうか?」満足を通り越して、放心状態になるくらい楽しかったこの日の釣り。
こんな経験はそう出来る物じゃないだろう。
何よりも、全てのシーンを盛り上げてくれた友人等に深く感謝し、重ねてこの川を創り出してくれた方々にも深く々く感謝したいと思う。

みんな、ステキな時間をありがとう!!
この日がこの旅の中で一番楽しかったんだ!!

本当に、本当に、心からありがとう!!












スポンサーサイト
うん、満足!
天気も、ものすご~く良く、やたらライズもあって楽しい日でしたね。
あの岩盤そばのめちゃ渋いライズには萌えましたね。
最後はしっかり取るところなんかは、さすがKABUさんは
ヘンタイだと感動いたしましたv-8
結局、DDで掛けたんでしたっけ?
今度、会ったときに頂戴いたしますv-10

先生方もすごく喜んでましたね。
あの川のキャパシティがなせるワザだと思います。
色んな人が、色んな楽しみ方ができる・・・
こんな環境を作っている方々に感謝し、
ちょっとでもお手伝いができるようにと思っています。
【2009/10/01 Thu】 URL // take4 #- [ 編集 ]
take4さん、毎度~♪

あのライズは激シブでしたね?
でもあのライズと向き合ったときに、take4さんの扉が開いたんじゃないですか?(ニヤリ)
何でもかんでも「釣れりゃオール・オッケー」的な釣りよりも、少しだけ楽しさが膨らんだ釣り方ですから、きっとtake4さんも行き着くところまで行ってしまいますよ!
沼にはまったtake4さんの顔が浮かびます(笑)

>あの川のキャパシティがなせるワザだと思います。
>こんな環境を作っている方々・・・・
複合的な要素のバランスを良い方向へと導いている川守りの方々には、頭が上がりません。。。
好き勝手に釣りして「オレが釣った!!」と言う前に、川守りの方々から「釣らせてもらった」と捉える方が当たり前になるよう、ボクもお手伝いができるように頑張らなきゃ!と思っています。
本当に、彼等には感謝でしたね!



・・・・DDはあげない(笑)

【2009/10/02 Fri】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/357-37b75bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。