var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝靄が抜け切らないカミトクの朝、ボクは一人起き出しちょっと熱めのコーヒーを入れた。
静まり返ったキャンプ場を抜け出し、サンダル履きで目の前の川まで散歩する。

橋の上流では、小さい魚が盛んにライズを繰り返している。
近代社会が生み出す騒音など一切ないこの空気の中で、コーヒーを飲みながら川を見つめる時間がとても贅沢な時間としてボクの心を癒してくれる。

釣りに行くにはまだ早い。
ぶっ叩いて出るくらいなら、その魚はすでに居ない。
ゆっくりとコーヒーを飲み干し、朝日の中の旧校舎を見て回った。
友人等も起き出し、コーヒーをすすりながら気温が上昇するための晴れ間を窓の外に覗う。

「ライズないよね、これじゃね・・・・」

落胆しているそぶりだけで、本心はこの場所にもう少し留まりたいと誰しもが思っていた。
ちょうど次のキャンパー達からの予約が入る頃、晴れ間も幾分見えてきて、次の目的地へと移動する時間となった。
荷物をまとめ車に積み込むと、管理人さんの笑顔がほんの少しだけ寂しそうにみえたのは、本当はボクの方が寂しかったからだろう。
次に来る約束を交わし、車を見送る管理人さんへ別れを告げた。

移動途中、昨日やらかしてしまった魚の機嫌を伺いに来てみたのだが、見た目のリラックスムードとは裏腹に、やはり手強い。

いや、もう、実際、スッゴイコンデションなんスわ!

半ば諦めムードの中で友人に魚を確認してもらい、二人三脚でサイトゲームの始まりだ。
魚の位置を伝えられ、ポジションからラインの置き場所、メンディングのタイミングさえ計算して2~3歩川へ踏み込む・・・・

「報告です!」
「魚、散りました!!」

サイトゲーム、2分で終了・・・・(汗)
頭上の友人も驚くほど、どうやらあのトンガリゴーゴーはエスパーの持ち主だったらしい(汗)
十数メートル離れた場所からラインを引き出した時にはもう、完全に相手の動きや危険が察知しやすいオープンエリアに逃れているのだから。。。
その後は何をやってもトンガリの掌の上でしかない。
久々に鼻っ柱を折られたボクは、逆に気分爽快ともいえるほど上機嫌になった。

初っ端からヘマをやらかしたボクは、一つ上の淵へ移動し、そこではたまたま運良くライズしていた魚を発見し、出端を挫かれたことで落ち着いて釣ることが出来た。

ビッグ・テイル!

しかしボクの心はあの“トンガリゴーゴー”へのリベンジで一杯だった。
これから時間を置けば置くほど、地元番長から手痛いオシオキを食らうであろうから、ボクごときが釣らせてもらえるチャンスは微塵もなくなってしまう(笑)
来年こそは、あのアントニオばりのトンガリ顎を撫でてみたいものだ・・・・

夕刻迫る頃、番長オススメのエリアでウルトラ・フルフラットポイントに出向いてみる。
通称“クマポイ”(ヒグマの往来が著しいポイントの意)。

そこはまるでボーンフィッシュフラットのような光景で、2~3回テールエンドが僅かに窪み、友人等が静かに観察する。

絵になるんだよなぁ~、この二人

最高潮に萌えるシーンの始まりだ。
こんなポイントでは、ライズリングの大きさと魚の大きさは比例しない。
ストーキングが引き起こす水面の波紋がもどかしさを増幅させる。
大型とおぼしきライズと対峙する友人をパスして、ボクは一つ下流のフルフラットへと入ってみる。

遠目から見てもデカイのが解るライズリング・・・・・
周期は10分に1回くらいか。
もう直ぐコカゲロウのハッチが激しさを増し、ライズの周期が一定の短時間になったら勝負だ。
ここは焦らず根競べ・・・・・


「バキッ!!」
「ドスッ!!」
「ドスドスッ!!」


緊急事態発生!!
非常にヤバイ!
後方の藪の中、7~8メートルの近距離で何か大型動物の類がこちらに近づいている!

「撤収~~~~ぅ!!」

敢えて大声を上げても、逃げるそぶりもない(汗)
鹿のような大型動物(草食獣)であれば、至近距離で大声をあげれば、殆どが逃げ出すもの。
しかしヤッコさん、微動だにしませんってば(汗)
そこを確認した時点でフルブーストでアフターバーナーを全開にしたボクは、F-16スーパーソニックと化して友人の下へ逃げ込んだ。
なんたってここのポイント名称は『クマポイ』ですから。。。



起承転結アリの、とても楽しかった“カミトクへの旅路”は、こうして終わりを告げた。
そしてあの大きなしゃくれ顎のトンガリを宿題として友人に託し、見慣れた顔が待つあの小屋へと走り出す。
扉を開けたとたん「ただいまっ!!」と叫びたくなる、あの懐かしい小屋へ・・・・

それは、2夜連続となる狂気の宴が始まることも知らずに・・・・・









スポンサーサイト
こんばんは!戦闘機マニアです(笑)
トンガリと山親父?
相棒さんはスゴイ。
それも楽しいひと時でしょうね!
F-16!! 10/15(木)千歳で米空軍アクロチーム「サンダーバーズ」
のイベントがあるそうです。
一生に一度のイベント、千歳の夜のイベント?
ぜひ!
【2009/09/30 Wed】 URL // kk30 #gg06ppQg [ 編集 ]
kk30さん、どうもです。

戦闘機って飽きないですよね?
ボクも大好きです!!
「サンダーバーズ」はぜひ見てみたいなぁ・・・・
【2009/10/01 Thu】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/356-25307679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。