var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初夏の川面


昨日は、待ちに待ったヤマメの解禁でした。

いつもの年ならば、この渓は解禁前後のイブニングではヒゲナガがハッチしていて、夕刻には思いのほか楽しいひと時を過ごさせてくれる・・・・
しかしながら、今年は雪代の終わりが先々週にまで長引き、通常ゴールデンウィークを境に渇水と増水を繰り返すのだが、これでは今からやっと始まったと言わざる負えない状況でした。

そんなコンデションでは、当然釣れてくるのもカワイイ山女魚っ子ばかりで、針に掛けるのすら躊躇ってしまいがちです。

ビックリ顔の山女魚っ子


川へ向かう途中、本流付近では解禁を待ちわびた太公望の方たちが所狭しと川縁に並び、セッセとヤマメを抜き去っ行きました。
かの御仁達は釣り上げたそのヤマメが、サケマス増殖事業で行われた放流魚であったり、又はその子孫であったりという“直接・間接的な人工魚”であることなど知る由も無いのでしょう。
彼らに必要なのは、「今も昔も“山女魚”という魚種がその川に存在している」といった事実が全てのようです。

私が遭遇したエピソードの一つに、8月になると突然大量のヤマメ(体長10cm前後)が溢れ返る河川があり、ソレを狙う釣り人との会話の中で、こんなやり取りがありました。

私:「ずいぶん沢山釣っていらっしゃいますね?」
釣り人:「おう!こいつらミンナ、来春までには一匹残らずブラウンに食い尽くされちまうんだ!」
釣り人:「だから、先に俺がこいつら(ヤマメのコトです)を釣っちまうしかないんだよ」
私:「・・・・・?」

もうひっくり返るくらいの答でした。
何を根拠に食い尽くされると?
おまけに、自分が行う大量殺戮を自己肯定的に結びつけるその無理矢理な表現と、「~しかない」と断言しちゃっている利己的解決策?には、このヒト宇宙人かな?と思っちゃいました。

と、まぁそんな記憶をよそに、掌の中でふくれっ面をしているヤマメに寿命をまっとうしてくれることを願いつつ、元気に泳ぎ出す姿を見送った解禁日でした。
ヤマメ:「早くリリースしてよ~!」

スポンサーサイト
ヤマメですかーなんか懐かしいなー(ノ´∀`*)
友達と高校のころ釣りに行ったのを覚えてます。

私は海釣りをするので、持って帰ることもありますが
自分で食べられる分だけですね。

海釣りだと食べれないクサふぐやごんずいを大量に
防波堤に放置したりと・・・いくらなんでもと思うことが
あります。
【2006/06/02 Fri】 URL // おむすヴィッツ #- [ 編集 ]
こんばんは(=゚ω゚)ノ
アナクロ天国なヤマメ河川ばかりのオホーツクでは
道東道北、7月1日の解禁は実質「魚籠」を堂々と「持ち歩けるか?持ち歩けないか?」
の差で、解禁したら釣りが出来ると言う定義は当てはまらない現実があります(呆)
勿論6月30日に突如100円ライターサイズのヤマメが大発生する河川もありますね。
それに解禁前の6月は「俺は大物釣りたいから小さいのは放すんだ!」と言って
せっせと「サクラマスの密漁」に精を出すアナクロ師も多いし・・・・・
只今こちらは大争奪戦(密漁大会)が繰り広げられてますハァ(溜息)

「(一匹残らずブラウンに食い尽くされちまうんだ!) と断言する輩に一匹残らず食い尽くされている」
とはコレ如何に??前提に魚は勝手に増える信仰あるのでしょうねぇ。
【2006/06/02 Fri】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
おむすヴィッツさん、初めまして!

書き込み有難う御座います!

ヤマメ(川釣り)は、しばらくお休みされているようですが、私も幼少の頃から海釣りは親しんでいます。
とても開放感がある雰囲気で、楽しいですよね?
そんな気分の時に、大量に放置された魚を見たのでは、気分も滅入るというものです。
それでも、その様な状況に気を配れるおむすヴィッツさんは、節度のある良識人だと思いました。

これからは、おむすヴィッツさんのようなマナーの良い人が増えてくれれば良いですね!!

おむすヴィッツさん、これからも宜しくお願いしますネ!
【2006/06/02 Fri】 URL // KABU #- [ 編集 ]
カミナリ小僧さん、毎度でした~

>解禁したら釣りが出来ると言う定義は当てはまらない現実があります(呆)
雪代の終息が早い道南では、3月にはウエットで遡上系アメマスを、4月にはドライフライでイワナ釣りが出来る河川が出てきます。
しか~し!!
その半数以上はヤマメの混生域ですし、何よりサクラマスが遡上をしているので、うかつに竿を持って近づけない・・・
結局、今の漁業調整規則及びそれらに関連する漁業法に則れば、6月1日を過ぎても川釣りが出来ない場所すら出てきてしまう。
コレって、すご~く変な状態なんですよね(笑)
ま、それらをこれから変えようと頑張っているんですがね(汗)

>只今こちらは大争奪戦~
見たこと有ります、有ります(爆)
嫁と道北方面まで旅行に行ったときのこと、橋のたもとで不審なオジサンが俺と目を合わすなり「ここは俺のナワバリだ!キサマ何者だ?」といった感じのガンを飛ばしながら、獲物を車に隠す時の速さったるやもう・・・

>断言する輩に一匹残らず食い尽くされている~
しばし笑っちゃいました。
まさにその通りですよ!
少~しだけ脳ミソが温かいような方でしたから、食い尽くされてるのに、なぜ毎年ヤマメが湧き出るのかすら疑問にしていませんでしたから(笑)

そんな面白アナクロネタがありましたら、また笑わせて下さいね!
【2006/06/02 Fri】 URL // KABU #- [ 編集 ]
こちらこそよろしくお願いします(ノ´∀`*)
釣れなくてものんびりしている方が多いもんで、
そういった光景はできれば見たくないですもんね。
海でも砂浜でぼけーっとしてる方が多いかも・・・
【2006/06/02 Fri】 URL // おむすヴィッツ #- [ 編集 ]
おむすヴィッツさん、俺もどちらかと言うと浜では“のんびり派”かと思います(笑)

波の音を聞きながら、ビール片手に「ヌボ~~~~」っとしてるのって、かなり幸せだと思っています。
潮の香りがより一層の雰囲気を醸し出してくれるから、ついついたそがれちゃうんですよね(笑)
【2006/06/03 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/34-b02d6aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。