var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ、勘違いしないで下さい。
夏の「カオリ」って、オンナの名前じゃないですから!
って、くだらないボケをかましたくなる空模様。。。

なんだかハッキリしない天候が続いている今日この頃ですが、魚市場では夏の食材がチラホラと見え始めました。

養殖アユですが、けっこうお高いです。

たしか四国地方から納入される養殖物のアユです。

ボクもアユ釣りを多少は嗜んだことがありますので、北海道産の天然アユを食したことももちろんあります。
独特の香りと飴色に焼きあがるその姿は、やはり夏の風物詩的な食材として代表格をになうに相応しいお魚です。
ま、ボクは海のお魚に恵まれた生活環境にいるものですから、特段に「美味しい!!」と感じることはなかったのが正直な感想ですが、コレが大好きな方々に言わせると、その川その川で微妙な味(香り)の違いがあるほど味わい深いお魚なのだそうです。

しかしこの養殖アユ、なかなかにクセ(風味ではないです)のある食材でして、天然物とはまったく味が違うのですよ。
基本的に、川底のコケ(水垢)をこそぎ取る様にして食べる天然のアユに対して、養殖アユは粉末状の配合肥料を撒いて与えるのですから、捕食物(エサ)が天と地のほどの差が生じるワケです。
当然養殖アユは、魚肉の味を美味しくするために、脂を乗せるための肥料をエサに混ぜ、食べやすい味にする為の肥料をエサに混ぜ、抵抗力や健康面での肥料もエサに混ぜ合わせるワケですから、ブロイラーや食肉用家畜となんら変わらない飼育方法になっています。
これは逆に、アユ本来の“風味”を遠ざける結果となってしまいましたが、万人に食べやすいアユを提供することに繋がったわけです。

ぷりぷりボディーの鮎

一方、天然物は風味が強いのは当然なのですが、養殖物ほど太っている個体は少なく、また脂の乗り方も河川・シーズン・個体差でバラつきがあるのです。

・・・・・でも、天然のアユってキレイなんですよねぇ~。
養殖魚では殆ど消えかかっている『追い星(エラ蓋の後ろに表れる黄色いスポット模様)』がくっきりと浮き出ていて、スイカのような独特の匂いが湧き出ている・・・・・

あぁ~、今年は本格的にアユを追いかけて川を歩いてみようかな?
釣り味も相当面白いし、釣るまでのテクニックも繊細で大胆に仕掛けなきゃならない。
オマケに季節限定の釣りってだけあって、駆け足で通り過ぎてしまう。

なんだか、本当に夏が待ち遠しくなってきたようだ・・・・・









スポンサーサイト
おばんです. 確かに、季節の風味を釣ってこそのアユさまですね.
スイカのような独特の匂いが湧き出ているブロイラーじゃないオサカナ
だらけの川が道南のよさでしたもんね .. 遠い目-_-;
【2009/06/05 Fri】 URL // こるとれーんtone #JLNxlhL6 [ 編集 ]
こるとれーんtone さん、どうもでした!

>ブロイラーじゃないオサカナ~
道南にしか生息(遡上)しないアユですが、もちろんこのアユ達は北海道で産卵し再び帰って来たアユではなく、遠く信越地方から潮に乗ってやってきたアユ達です。
このアユを守ろうと、檜山管内の釣り人らが尽力を尽くした結果、皮肉にもアユやアユ釣りの方々を困らせる結末になってしまいました。
その詳細は機会があればエントリーしたいと思いますが、一つ言えることは、北海道の水産行政は頭が固く、漁業者以外の北海道道民に対してあまりにも非生産的な組織故に、「アユ釣りの方々までも困惑した時代があった」と言うことです。

それ故、アユ釣りの組織団体の方々へ多数ご意見もあるかと思いますが、何卒お察し下さい。。。
【2009/06/06 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
こんばんは!
色々魚あれど奥深いものですね。
また、ご尽力している方々がいる。
>釣り味も相当面白いし、釣るまでのテクニックも繊細で大胆に仕掛けなきゃならない。
まさに醍醐味ですね!
【2009/06/13 Sat】 URL // kk30 #gg06ppQg [ 編集 ]
kk30さん、先日はお疲れでした!

アユって地味ィ~なイメージがあるんだけど(実際ジミです:笑)、挑戦してみるとかなり面白いんですヨ!
そちらから一番近い釣り場は、余市かな?
チャンスがあれば是非ともトライしてみてください!
ハマレばハマルほど、川に潜りたくなりますから(笑)
【2009/06/13 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/328-4d0af6b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。