var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の日曜日、函館近郊の河川で函館釣り教室さん主催の『ティムコ・アンダーハンドキャスティングスクールLOOP社)』が行われました。

当日は、“コンドー・アンダーソン”の愛称(ボク名付け親:笑)で知られるTMC社勤務の近藤氏が講師を行い、参加した皆さん一人一人を丁重に指導していました。

アンダーハンドキャスティングの名手

彼は巨匠ヨラン・アンダーソン直々の教え子でもあるキャスター故に、彼の腕から繰り出されるラインの軌跡は、まるでマジックを見ているかのように滑らかで且つ優雅に滑り出していました。

「シュルシュルシュル・・・」とラインが伸びて!


縁あってボクも近藤氏とは仲良くさせて頂いているお陰で、実戦(釣り場)でのアンダーハンドの有効性や必要性をひしひしと感じてはいましたが、改めてじっくりと観察していると、本当に整合性の取れたスタイルであると思いました。

今回のスクールの趣旨としては、大人数でのにぎやかなレッスンではなく、またシューティング・スペイやデルタ・シューティングのように飛距離を競い合う大会染みたレッスンなどでもなくて、定番手を中心とした「より実践的なアンダーハンドの使い方」と言う趣旨で行われていました。
これには参加者の皆さんも、とても身近に感じられ、直ぐに自分の釣りに取り入れられるスタイルだったようで、それぞれが熱心に練習を繰り返していました。

Dループがキレイに決まってます!

ただ、強く誤解を受けている部分がありますから、ボクから一つだけ申し上げておきますと、「アンダーハンド・キャスティングとオーバーヘッド・キャスティングは、兄弟のようなものであって、相反するモノではない」と言うことです。
言い換えれば、適材適所でそれぞれを使い分け、バックスペースのない場合などではアンダーハンドで、海岸線や磯場など足場の高い所などではオーバーヘッドで、と言った具合に自分に合わせて使い分けることで、より有効な戦略が作れるのです。
ですから、1日中無理やりアンダーハンドで釣り続けることも必要なければ、アンダーハンド用のロッドでオーバーヘッドキャストすることにも矛盾はないのです。

しかし、これらは当然のこと、人それぞれで受け止め方やスタイル変換のタイミングは異なるものですから、とりあえずは「覚えておけば何かと有利なキャスティング方法」と思っているくらいがベストではないでしょうか?

どうぞ、アンダーハンド・キャスティングに興味のある方は、『アンダーハンドキャスティングとは?』 をクリックしてみてください。


PS:
今回の参加者の中で、こんな稚拙なブログでも毎回訪れてくれている方がいらっしゃったのには、ちょっと感激でした!
お声を掛けて頂いて、本当に有難う御座います!!
今度はどうかお気軽に、コメントなんぞも入れてくださいネ!

そしてまたお会いしましたら、思いっきり釣りの話などもお聞かせ下さい。
宜しくお願い致しますですよ~!





スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/323-e0d225de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。