var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正月気分もすっかり落ち着き平常通りの生活に戻られた皆様、バカ寒いこの時期をいかがお過ごしでしょうか?
新年度開幕エントリー早々に、KABUのテンションはサゲサゲをぶっちぎり萎え萎えに到達しています。。。
え?何故かって?

そりゃ、「寒いのが大キライだからさぁ!!」

ってな感じで今年も始めました「川日記」ですが、ここ数日は友人達の間で海でも川でもとてもアツイ情報が飛び交っています。
そんな情報を耳にするたび行きたい衝動に駆られるKABUですが、先日はこの時期の風物詩的な釣りでもある海アメに出向いてまいりました。
まぁ、ヘタレキャスターなボクには風も波も収まって温暖な気候が訪れる4月くらいからが勝負といった所でしょう。

そんな寒風吹き荒む日本海ですが、実は1月現在までの日本海道南エリア一帯でちょっとした異変が起きていました。

ザップ~ン!!

それは、毎年12月位には勢力が衰え、立ちはだかるリマン海流によって高水温が冷やされてしまう対馬海流が依然として勢力を維持しているからなのか、例年よりも水温がやや高めという状態が続き、それによりカタクチイワシなどの小型のベイトが各沿岸に停滞しているのです。
本来であれば、低水温の影響などで南下を始めるイワシなどが未だ沿岸の浅瀬に群れている状態では、皆さんお察しの通りで、アメマスやらサクラマスなどが狂喜乱舞するので御座います(笑)

アイタタタタ!!

また、数尾のグループがチラホラと居るくらいは毎年あることなんですが、昨年の春に孵化したと思われる5cm~10cmくらいまでの「喰われるにはちょうど良い♪」サイズのが相当数の群れで居るものですから、見渡せる範囲内で鳥山が3つも4つも立つので御座いますよ!

もう、今の日本海は海鳥類&魚類の大フィーバー真っ最中なのです!!

画像でも分るとおり、今年の海アメ・ファーストフィッシュとなったカタクチ君ですが、このように「潮溜まり」をフライがトレースすると引っ掛かってしまうくらい居るもんですから、沖合いにも相当数がウオサオしていることが容易に推測できますね。
できることならば漁業者の方には申し訳ないのですが、このイワシにトドやアザラシが着いてくれれば、沖合いで回遊しているサクラマスやアメマスが浅瀬に逃げ込み、我々には高い確率でつれるチャンスが訪れるのですがねぇ・・・・

ただし、イワシを追いかけるマスは「足が速い」ので、チャンスは一瞬でしかありません。
また、これだけ居るイワシですから、ユスリカのダイナマイト・スーパーハッチに#22のパラミッジを1本だけ浮かべておくくらい心細く、マスがフライを見つけてくれるのもまた偶発的な確立が高くなってしまいます。

ボク、マルイワシとも言います!

まぁ、このてのフライをイミテートして、このようなシチュエーションで釣れるときには、思わずガッツポーズが出るくらい気分がイイものです。
そんな気分を味わいたくって、今夜もカタクチパターンをシコシコ巻いてるボクは、恐ろしいほどの楽観主義者でオメデタ野郎なのでした・・・・

ザックり刺さってます・・・・(涙)

余談ですが、シーズン初期にこれだけ豊富な餌に恵まれた日本海ですので、今年のサクラマスの魚体はブリブリのカツオ体形のまま育つでしょう。
そんな体形のロクマルアップを釣ってみたいですね!!

ちなみに、日本で「アンチョビ」と呼んだ場合は魚よりも加工品を指すことが多いらしいが、ボクのアンチョビ君はどのように見えるだろうか?
イワシと思っているのはボクだけだったりして・・・・(汗)






スポンサーサイト
そうえいば
この2,3年島牧でも、1月でもイワシの群れが残っている
ような気がしていたのですが、やっぱりそうなんですね。

イワシを喰ってるときは、フライで釣るのは難しいです。
自分なんか、その時期にはほとんど釣れた記憶がありません↓
やっぱり足が速いせいなのでしょうか。

写真のフライ、先日分けて頂いたフライですね。
あれはイワシのイミテーションとして使っているのですか??
【2009/01/15 Thu】 URL // take4 #- [ 編集 ]
take4 さん、毎度さん!

ホント、イワシの釣りって実はスゲー難しいんですよね。。。
ボクは、マスの捕食と、そこへあわせるプレゼンテーションのタイミングが一番の難関だと思っています。
またボク的なキーワードは、常にイメージしているのが「群れから単独でやや離れてしまったためにエジキ!!」です。
ま、何の策にもなってないですがね(笑)

画像のフライは、近年とても重宝している海アメのパイロットフライです。
なかなかの実績(昨年のナナマルもコレ!)もあります。
ですが、ちゃんとしたカタクチパターンもありますよ。
当日は部屋に忘れてきてましたが(汗)

近日中にUPしますネ!

・・・・あまり参考になるようなパターンじゃないっスけど(汗)
【2009/01/15 Thu】 URL // KABU #- [ 編集 ]
kabuさん、こんばんは!
こないだは楽しい時間をありがとうです~
お疲れのトコ、引き止めてゴメンね。
僕ももうちょっとがんばります~
よろしくです!


【2009/01/15 Thu】 URL // kk30 #gg06ppQg [ 編集 ]
kk30さん、おはよう御座います!

こちらこそ、楽しい時間を過ごさせて頂きました。
当日は、胃袋が悲鳴を上げてる状態でしたから、あまり飲めなかったのが心残りです。。。

次回は竿を片手にゆっくりとお話したいです。

いつでもいらしてくださいね!!
【2009/01/16 Fri】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/292-b4731e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。