var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
静寂の湖


毎年この時期には、とても楽しみにしている釣があります。
それは、自宅から30分で行ける七飯町大沼でのヘラブナ釣りです。
そもそもヘラブナであれば、湖面が氷結するまでは釣になるのに、なぜこの時期が楽しみかというと、いわゆる“ノッコミ”と言われる時期で、産卵のために沢山の大型が大挙して接岸するからなのです。

また、普段は難しいこの釣りも、ノッコミ最中であれば驚くほど容易く釣れるシーンに出会えるのも魅力の一つになっているでしょう。

・・・・・とは言っても、私は仕掛けの作り方から針の付け方まで殆ど無知な為、トップ画像に写っているヘラブナ釣りのエキスパートで、FFの達人でもある友人に釣らせてもらっているのです(笑)

今年も自他共に認める『“殿様釣り”まっしぐら』なのでありますが、そんな私にも40cmを超える堂々としたヘラブナが釣れてくれました。
「40っ上!」と表現します


この釣りの歴史は意外に浅く、FFよりも遥かに新しい釣りなのですが、タナの設定やエサの種類、ウキの微妙な動きによる状況判断などなどFFを遥かにしのぐ難しさがあります。

「ヘラに始まりヘラに終わる」の言葉があるように、熟考の末に静と動が隣り合わせるこの釣りの魅力は、生涯忘れられないモノになりそうです。
スポンサーサイト
こんばんは(=゚ω゚)ノ
この釣り、昔はナウでヤングな釣りだったそうですね(笑)
そして、キャッチ&リリース前提で一番成功(受け入れられた)した
釣りでもありますよねぇ!

ヘラブナ
>琵琶湖に住むゲンゴウロウブナを改良して作られた人工的な魚。
>養殖と 放流により品種改良されたものが日本各地に生息している。

釣りの為に自然を利用する・・・・・殺さない、バーブレス
ヘラ釣りって日本の釣りの悪習から脱皮した先端じゃないだろうか?
敷居が高い(縁が無いのでそう感じる&道具がビックリ価格等)
のも要因ですかねぇ・・・・・
【2006/05/17 Wed】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
お久しぶりです。
ヘラは奥が深そうですネ!
フナはあるんですがヘラはまだ経験ありません。
新しいことに楽しみを見つける事は人生の楽しみを広げたようなものです。
 教えてもらった海の釣り、あの後何度か通ったのですがバラシばかりです。
シーズンが終わるまでに(一般的にはもう終わってるのか)
ぜひもう1匹  願望 切望 熱望 
それでは、時間があったらまた釣りに誘ってください。
【2006/05/17 Wed】 URL // palette #- [ 編集 ]
カミナリ小僧さん、こんばんは!!

・・・・・何気に、“ツウ”なんですね!(死語か?)

>昔はナウでヤングな釣りだったそうですね(笑)
チョベリグな釣りなんです(笑)

巨匠と称される友人から聞きました所、全く食用には適さないワケではないのだけれど、基本的には大会などの競技に用いられることが多いヘラブナですから、仰るとおりC&R前提で普及した数少ない魚種です。
なんでも通常のエサでは釣れない魚故に、いかにして釣ることができるかを追求された、とっても興味深い世界なんです。(彼らの食性は植物性プランクトンです)

>釣りの為に自然を利用する・・・・・殺さない、バーブレス
>日本の釣りの悪習から脱皮した先端じゃないだろうか?
俺も、そこら辺が興味をそそられた要因でもあります。

敷居が高く、道具の価格が高いのはFFも同じなんですよね。
もっとコストパフォーマンスが良ければ、若い世代にも普及してゆくかもしれません。。。

話は変わりますが、こんな稚拙なブログでもカミナリ小僧さんや他の皆さんからのコメントを頂けることに驚くことしきりです(笑)
これからもボチボチやっていきますので、お付き合い下さいませ~。




【2006/05/17 Wed】 URL // KABU #- [ 編集 ]
マスター!!
まだ通ってらしたんですね?
俺もしぶとく行ってました(笑)

>ヘラは奥が深そうですネ!
メチャメチャ深いです!!
フライの比ではありません(汗)
フライでは一般的に、「星の数ほどフライパターンが存在する」と言われていますが、ヘラ釣りでも星の数ほどエサの種類(状況別のパターン)が存在するようです(驚)

>人生の楽しみを広げたようなものです。
楽しんでばかりのワタクシは、いつの日にかバチがあたるでしょう(涙)

【2006/05/17 Wed】 URL // KABU #- [ 編集 ]
私はヤングの頃にハマってました。
学校のすぐ裏で釣れたので、毎日のように(授業サボッて)
行ってましたよ。
一人で釣っていれば、わからないんですが
隣にうまい人が来ると、その差歴然。
同じ仕掛けに同じエサなのに、倍以上釣られてしまいます。
シンプルな釣りなのに、ほんとに奥が深いです。

大沼といえばヘラ師の聖地。
一度行ってみたいとずっと思い続けてます。
でも、そちら方面に行ってしまうと、他に楽しそうな場所が
たくさん…。
しばらくは実現しそうもありません。
【2006/05/18 Thu】 URL // ひどん #ZBTNIsEw [ 編集 ]
ひどんさん、おはよう御座います。

>私はヤングの頃にハマってました。
ナイスミドルにてハマりそうです(笑)

>大沼といえばヘラ師の聖地。
らしいですね?
中には札幌から来てる方で、1ヶ月も泊り込んで釣ってると言っておられましたし、本州方面のナンバーも多数見受けられました。
また、日本国内でも50っ上(50ッカミ)が釣れる数少ない湖らしいですし、なによりも平均アベレージが大きいのが魅力だそうです。
・・・・俺が釣った40っ上はアベレージなんだそうです(涙)

>他に楽しそうな場所がたくさん…。
あるよあるよ~ん♪
【2006/05/18 Thu】 URL // KABU #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/05/19 Mon】 // # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/29-d1bb8ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。