var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラインドで叩き上がる釣りも嫌いじゃないし、魚を探してから釣るのも割と得意な方だ。
でもやっぱり、そのプールを一望できる場所に腰を下ろし、アレヤコレヤと妄想を膨らませながらライズを待つ釣りが、なんと言ってもイチバンだ。

めまぐるしく変わるライズの状況をつぶさに観察し、ファーストキャストではどんなフライを投げ入れるのか?
とっておきのフライが見事にスルーされ、スタンダードに立ち返るのか?思い切ってフィルムを破るべきなのか?
自分の培った経験則を総動員し、熱く、しかし冷静に事を運ばなければ、結果は泣きを見るだけだろう。

しかし、そんな凡人以下の思考と行動を曝け出すボクの姿勢を正すかのように、流れ込みの傍らで静かに腰を下ろしている男が居た。
そいつはまるで、そのスタイルが決まりごとだったかのように、物静かで絵になる釣り師である。
かつて、ライズを待つ姿がこれほど似合う男がボクの周りに居ただろうか?
話しかけてはイケナイほどのオーラを放ちながらも、静かなたたずまいで水面の動きを読み取っている・・・・
 
絵になる一枚

凡そ、「ムダ」と言える動作など一つもない。
咥えたタバコですら状況判断の材料にしてしまいそうなほど、落ち着いた一挙一動に、見ているボクの方が緊張してしまうくらいなのだ。

偶発的に釣れてしまうのでは“納得”できない。
何でもかんでも“食らいつく”マスも、満足度に欠ける。
常にストイックなモノを求め、タイトな状況こそが求めるカタチである彼のスタイルには、いったいどれほどの隠れた引き出しが詰まっているのか・・・・・

熱い心で冷静沈着な彼


― いつも#20のロイヤルウルフを所持している ―
果たして、この意味が分かる人がどれくらい居るだろうか・・・・





スポンサーサイト
およっ!絵になってますな(笑)

>アレヤコレヤと妄想を膨らませながらライズを待つ
「このプールで良いのか?」「他の場所の方が良い事あるかも?」
「奴はライズするのか?」とかね(笑) 
もうライズ無けりゃ釣らんでもイイや・・・・って開き直る(諦める)
でもボウズは嫌だったりして(;´∀`)

切羽詰まったライズの中、彼の「スピナーだ!!」に道が開けたり。
あ~あ色々な事や状況あったなぁ・・・・・・(笑)

>#20のロイヤルウルフ
よい子は真似しちゃ駄目だよねぇ~(^∀^)ゲラ
【2008/10/26 Sun】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
> もうライズ無けりゃ釣らんでもイイや・・・・って開き直る(諦める)
おまけに、隣接するプールでライズがあったときた日にゃあ・・・(ガックリ)

>あ~あ色々な事や状況あったなぁ・・・・・・(笑)
その「あ~あ」が隠された引き出しや、現場での気転に繋がるんでしょ?(笑)

>よい子は真似しちゃ駄目だよねぇ~(^∀^)ゲラ
変態だけが許される特権でしょう(爆)
特に『マニアックな変態』だけがね!
【2008/10/26 Sun】 URL // KABU #- [ 編集 ]
#20のロイヤル・ウルフ その魅惑的なフレーズにおもわず(パク)っと釣られてしまいました。

アイダホの銘川 シルバークリークでガイドと2人 あっちでもこっちでもライズリング あっちのライズにこっちのライズにと手をだすものの全く相手にされない!四面楚歌状態の自分にそっと差し伸べてくれたフライ それがこのバンチウィングのロイヤル・ウルフ なんだか ちっちゃくても その凛としたお姿に励まされました。
2度目のアメリカ釣行前 私にくれたフライ 覚えてますか!あのフライがあったから、ヘンリーズ・フォークで21インチの鱒を手にすることが出来ました。 2000年の話です。
大変遅れましたが、感謝申し上げます。

思い出の鱒とョ・・コと#20グリフィスナットに感謝です。
【2008/10/27 Mon】 URL // MONTANA #- [ 編集 ]
MONTANAさん、どうもでした!

#20のロイヤルウルフって、皆さん聞いたことはあっても、実際に巻いてる人は殆ど居ませんものね!

シルバークリークかぁ・・・・
最高の旅だったのでしょうね。
ボクの旅はいつも独りでしたから、感動を分かち合うってのが無かった。
だからMONTANAさんがとても羨ましく思えます・・・・・

>21インチの鱒を手にすることが出来ました。
2000年の8月でしたっけ?
トライコも振るわずに、ハッチが極端に少なかったと聞いていました。
相当タフな夏だったんですよね?
そんな中で21インチは「スゴイ!!」
ボクの稚拙なフライでもお役に立てられたことがとっても嬉しいです♪

今度また、その旅のお話を聞かせてくださいネ!

【2008/10/28 Tue】 URL // KABU #- [ 編集 ]
今のヨ・・コには、感動を分かち合える仲間が素敵な仲間達が沢山いるよね。
これもヨ・・コの人柄ですよ。

昔の仲間として素直に嬉しいし本当 羨ましいよ~~
【2008/10/28 Tue】 URL // MONTANA #- [ 編集 ]
>昔の仲間として素直に嬉しいし本当 羨ましいよ~~
別に昔の仲間ってワケじゃないじゃん(笑)
“現在進行形”の仲間でしょ!

今度、マニアックな与太話でもしに飲みに行きましょ♪
お互い、大沼の別荘でゲロ吐いた頃のようにネ!
【2008/10/28 Tue】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/275-8cc09f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。