var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日行われました「ブラウントラウト現地検討協議会」に、微力ながらボクも参加させていただきました。
その報告をさせて頂きます。

まず、今の心境から言いますと、「一つの山を、ようやく越えた・・・・」といった感じです。
結局、道の進行を客観的に見ていると、一般河川とは明らかに特異な状況でもあった静狩川の調査報告を再三にわたり報告し、この調査報告が道内全ての河川に当てはまるかのようなニュアンスで釣り人や漁業者へ「だからブラウントラウトは危ない魚なんだ!」と説明してました。
あれじゃまるで、阪神・淡路大震災の倒壊家屋なんかの写真とスライド見せ付けて、「オタクの大切なオウチがトウカイしちゃうよ?それでもイイの?今しかないんだよ?」と、高額耐震装置を売りつけてる悪徳業者となんら変わりませんってば(笑)
ま、想定してましたけどね。。。
そこへ、釣り人側からの「それらは戸切地川のデータではないでしょ!」「ちゃんと戸切地川のデータを出してよ!」との鋭いツッコミを食らった道は、顔を真っ赤にして答弁に困っては次の質問者に振るの繰り返し。

「ハイ次の方・・・」と、行きたいところで再び釣り人側からニジマスとブラウンとの線引きを指摘され、「ニジマスは食料政策で〇〇だから」「養殖業で〇〇だから」と返すも、腹の中では「ニジマスは認めてやるから、ブラウンは生贄に出せ!」といってるのが見え見え。
そんな取引じみた返答に「ハイOKです、生贄に捧げます!」なんて言えるほど、函館っ子はヤワじゃありませんでしたね。
毅然として、「外来魚として括るのであれば、同列ではないか」また「国の指針でも、ニジマスもブラウンも、今現在は同列に扱われている」と突っぱねる姿勢を崩しませんでしたよ。
当たり前の話です。

また、戸切地川でサケ稚魚の放流数を増やしたところで、道北エリアのサケ回帰ルート上に張られた定置網で捕獲されるだけで、道北の豊漁は約束されるが道南では変わらずにジリ貧ではないのか?の問いには、「そんな非公式での話しのことをこの場で・・・・」と逃げようとするが、明らかに漁業者の顔は「ソレはマジでとっても深刻な問題の話なんだよナ・・・」の頷き顔。
やはり、道は自分らが不利な話題には触れさせないようにと色々仕組んでますね。

とにかく、道が提示するデーターの全てがボクラ釣り人側からすれば、「信憑性ピラッピラ」のモノばかりです。例えば、道:「ブラウンは拡散傾向に・・・」です。
そりゃ、釣り人にアンケート方式で聞き出したネタを元に生息河川を特定してから、その後に聞こえてきた生息河川は「拡散した可能性が・・・」でしょ?これじゃこじ付け丸出しですって。
オマケに、終始ニヤニヤと釣り人を小馬鹿にするような薄笑みを浮かべている孵化場側の不謹慎な態度に、釣り人側から一喝され、更に膨れっ面になるような態度では、今後の話し合いの場が、真摯なものになり得るのかすら疑問に思わざる負えない場面もあったほどです。

ま、これまで戸切地川のブラウンを散々釣って(釣らせて)商売してきたショップなどは、会議に顔も出さずにこれからもブラウンの釣りで商売するんだろうから釣り人側にも呆れる面々はありますがね。。。

とまぁ、こんな感じで強行的なまでに「駆除執行の受諾せよ!」の道を相手に、一歩も引かない道南の釣り人の皆さんはとても頼もしく、どこか誇らしげでもありました。
一方、「現場の空気読め!!」の視線を背中に受けまくる僕の拙い意見などは、発言後に後悔するほどタイミングを間違えてました(汗)

ご迷惑をお掛けしましたサムライの皆様、本当に「ゴメンナサイ・・・・」

今後も気の抜けない話し合いの場がいくつも待ち受けているのでしょうけれど、皆さんの真剣に向き合うその姿勢に、きっと相手も解ってくれる日が来ると思います。
諦めずに、これからも歩んでいきましょう。

・・・・・今後は、場の空気を読みながら発言させて頂きます(笑)

スポンサーサイト
痛快な結末までを現場で見たかった。
ようやくスタートまでこぎつけた感じですか?
今回は参加できませんでしたが!鳥崎には行きますよ!でもこの結末に懲りて鳥崎はボツになるかな。
【2008/10/07 Tue】 URL // 扇谷 勝 #- [ 編集 ]
先日の協議会 お疲れさまでした。

また当会の御努力には、一釣り人として心から感謝します。

この問題の発端の頃の事を協議会場の片隅で思い出しておりました。
その頃から、この問題に対して熱い気持ちを持っていたあなたに、なにか リスペクトの様な気持ちをいだきます。

途中でリタイヤした私には、あなたに、そして当会に何も言える身ではありませんが、
これからが、本当の勝負!そう思います。
全国には、類似した問題が沢山あります。
当会の努力が、その様な問題の解決策の一つになればと 思ってます。

【2008/10/07 Tue】 URL // kagi #- [ 編集 ]
お疲れさまっす!

あの程度データーで道が押し切ろうと考えてた事に、
今にして思えばショックです。釣り人は相当馬鹿にされてるとも言える?
まぁ、それが良い方に働いてくれた今回は◎ですが(笑)

>釣り人側にも呆れる面々はありますがね。。。
・・・・もう言葉もありません。最悪。
【2008/10/07 Tue】 URL // koba #i.dCJD1Y [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/07 Tue】 // # [ 編集 ]
kabuさん、こんばんは!

協議会、大変にお疲れ様でした。
皆さんの活躍を見させていただき、とても良い経験となりました。
また、打ち上げにもお誘い下さり、多数の方々とお話しできたことに感謝しています。
皆さんの弾けっぷり、楽しかったです。
kabuさん方々にアドバイス頂き、少しずつ出来る事から始めて行きたいと思いました。
お会いできた事に感謝するとともに、これからもよろしくお願い致します。
【2008/10/07 Tue】 URL // kk30 #gg06ppQg [ 編集 ]
ホントにホントに御苦労さん~♪(・∀・)ノ

お疲れ様でした。翌日も感謝感謝<(_ _)>

コレからも頑張って!!

さぁて、来週は・・・・・ε-(´∀`*)フフーン(笑)
【2008/10/07 Tue】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/07 Tue】 // # [ 編集 ]
扇谷 勝 理事長、こんばんわ!

いつ、「では、駆除ってことで宜しいですね?」なんて強引なセリフが出てくるんだろう?と、最初から最後まで緊張の連続だったんです(汗)
ま、ソレを言わせないツワモノがこっちには勢揃いでしたけどね。
今週末は、たっぷり時間を掛けてお話しますから、待っててください!

【2008/10/07 Tue】 URL // KABU #- [ 編集 ]
kagi さん、お疲れでした!

・・・・なんかカタイね?
いつものように、「オォ、ヨッコ!」でOKだって(笑)

>途中でリタイヤした私には、あなたに、そして当会に何も言える身ではありませんが・・・・
そんなこたぁーねーサ。
最初から最後まで、シカト決め込んでる釣り人も居るくらいなんだから。
俺なんて、あの会場でkagiちゃんの顔が見えたときには「ホッ」としたんだよ?
ま、お互い逆風に晒されて辛い時期かもしれないけれど、それでも頑張って胸張って行こうゼ!!
【2008/10/07 Tue】 URL // KABU #- [ 編集 ]
koba様、いえ、koba大魔神様。

暴れっぷりは見事でした。
会議後の暴れっぷりもサイコーです♪

でも、釣り人を馬鹿にしてるし見下している、道や孵化場の応答からは相当「カチン」ときましたね!
終始ニヤニヤしっぱなしでしたもん。。。

>・・・・もう言葉もありません。最悪。
普段のカッコイイ理想論はどこ行ったんでしょね?(笑)

あ、近いうちに連絡します。
【2008/10/07 Tue】 URL // KABU #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます様、有難う御座います。
期待を裏切らないように、これからも精進いたしますので、見ていてください。


【2008/10/07 Tue】 URL // KABU #- [ 編集 ]
KK30さん、お疲れでした!!

函館チームの気迫には圧倒されたでしょ?
希薄なチームも居ますけど(笑)
あの日も伝えましたが、一人で悩むと選択肢が少なくなってしまいます。
でも、気の良い仲間が出来たんですから、みなで考えましょうよ!
きっとベストな方向性が見つかるはずです。

お互い頑張りましょう!!
お連れになられたご友人方々にも、宜しくお伝え下さい。
【2008/10/08 Wed】 URL // KABU #- [ 編集 ]
カミナリ小僧さん、有難う御座います。

「ありがとう」、コレしかいえない自分がもどかしいです。
今回は、本当にお世話になりました。
強烈な先制ジャブを打てたのも、カミナリさんの尽力があったからこそですもん!
道側も、釣り人側があのようなカタチで意見し、必要性を求めるなんて思ってなかったのかもしれません。
高をくくってたのか、資料配布で面食らってましたしね(笑)
この度は、本当に、有難う御座いました!!

・・・・で、今週は僕らが「ざま~みろ!!」ロードに入ります(笑)
【2008/10/08 Wed】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/270-19fd45e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。