var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のエントリーで、ピーパラ(ピーコックパラシュート)の事に付いて少し触れましたが、最近の雑誌などで見掛ける各タイヤー達のピーパラは、本当にキレイなプロポーションで巻かれていますよね?
たかだかピーコック、ハックル、ウイングポストと、3種のマテリアルを組み合わせただけなのに、あんなにもバリエーション豊かな作品が存在するのには、タイイングという世界を深く考えさせられます。

ただ、こんなボクにもとっておきのピーパラがあるんですよ。
そこで今回は、ワタクシの稚拙なフライではありますが、KABU的ピーパラのご紹介をしてみます。


結局のところ、テレストってヤツは水膜を突き破って水面下にぶら下がっている状態がトラウトには最も効果的なことはご周知のとおりですから、パラシュートってスタイルがイチバン「理に適っている」ワケでして、後はそれらに付随するネガティブ要素を排除していけば、理想的なフライが出来上がると思うんです。

そこで、作ってみたのがコレです・・・・


まず、廃盤(ボク、しこたまストックがあります:笑)となってしまったTMC205BLの#20~#16までのフックを使います。
このフックは、アイが水面下に入ることで、ティペットの影を打ち消すことに一役買ってくれるんですよ。
オマケに、フッキング後のホールド性能が良いのでしょう、ほとんどバレないんです!
また、先ほど言ってた通り、水面下ぶら下がりを演出するにはとても好都合な形状でもありますしね。

※#16以上のフックサイズですと、ワイヤーの太さからオーバーハックリングしなければならなかったり、予想以上のフックの自重に悩まされますので、このサイズまでがオススメです。

0/8で巻いてます・・・・

② 
テールにはピーコックだけを取付け、リビング用のワイヤーはここでは付けません。
そして、シャンク中央のピークに向けて巻き込みます。

まぁ、3本もあれば十分でしょ。


次に、一度スレッドをフィニッシュしたら、そこからTMCモノスレッド:S(オリーブカラー)でボディーの上をランダムに補強していきます。

ランダムに1往復します。


再びスレッドを戻し、ここにポストを取り付けます。
この際、出来る限りシャンクの角に立つように取り付けることで、フライの前半部分と後半部分がきれいに水没するって算段です。

一番てっぺんに乗せます!

ま、サルの浅知恵を絵に描いたようなフライですが、そこそこ働いてくれます。 


今度はソラックス部分のピーコックを巻きつけて、フライとしてのバランスを作ります。
このとき、通常であればスレッドと一緒にピーコックを縒り付けて巻いて行きますが、面倒なのでボクチンはやりません。

ポッテリボディーがキモ!


最後に、ポスト部分にハックルを巻きつけて、ポストの根元でウィップフィニッシュして完成です。


ハックルは、ブラウンかブラックでキメ!!


バイスから取り外す前に、少しだけ「捩れ」を作ることで、フッキングは飛躍的に上がります!
この作業は、とっても大事ですよ!

このくらいネジリます!


ホントは、パラダンとして作ったのが初めだったんですよ。
ベイティスやPMDなんかのハッチで、目先を変える為のDDとかSBとして使用してたんですが、最近ではピーパラだけのスタイルになってます。

ポストはやや前際に!



まぁ、所詮「こんなスタイルもアリなんだ?」ぐらいのフライですわ。
大口叩いた割りに、あんまり参考にもならなくて、スイマセン。。。







スポンサーサイト
そうでした、コレコレ。

これを大量生産せねばなりません。
詳しいタイイング方法アップしてもらいましてありがとうございます。
ハックルはゴールデンバジャーに勝手に変更してしまいますが^^
目の悪い僕には大好きなハックルカラーなのです。

次は例のフライ、楽しみに待ってますよ~
【2008/08/18 Mon】 URL // take4 #ON.WrTpo [ 編集 ]
take4さん、こんばんわ!!

>これを大量生産せねばなりません。
たくさん巻いたら、ボクに下さい(笑)
ゴールデンバジャーは、なんとも渋いカラーですよね!
ボクも大好きです!!

このピーパラスタイル(TMC205)で、アントを作っても面白いんですよ。
ボクはそのアントで34cmですから(照)

>次は例のフライ
#20のアレかな?
こないだ掛けてポロリしたフライ?
【2008/08/18 Mon】 URL // KABU #- [ 編集 ]
どれだけ大量生産してもKABUさんには渡せませんよ。
あの川の魚たちがかわいそうですから(笑)

例のフライとは#20のアレもそうなんですけど、
富栄養価した川でたくさん見られるアレですよ。
手足の異常に長いヤツ。
あんまり気持ちのいいものではないんですが、
結構マスが好んで食べることあるんですよね~
【2008/08/19 Tue】 URL // take4 #ON.WrTpo [ 編集 ]
>富栄養価した川でたくさん見られるアレですよ。
あぁ、アレね?
ムフフフ♪
ヒミツにしとこうと思ってましたが、近日中にUPします。
お楽しみに!!
【2008/08/20 Wed】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/258-ff2bed9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。