var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「オメェーら、馬鹿じゃねーのか?」
「これじゃ、小っさ過ぎだべ?」
「こんなんで満腹なるんかよ?」
「あぁ?」
「何とか言えよ!」
「ホラ、食ってみろよ!」

・・・・・どんなに悪態をついても、大きくて見易いフライなんぞには見向きもしてくれない“ハイパーヤマメ”。

そのうち

「お願いだから出て!」
「ゴメンナサイ、ボクが生意気でした」
「スイマセンが、とりあえず反応だけでも宜しいですから・・・・」
と、かなり弱腰な態度に急変する。

そして最後には

「先生に言っちゃうぞ?」
「とーちゃん、かーちゃんにも怒られるぞ?」
「今のうちなら許してあげゆから♪」
と、ワケの解らない言葉で懇願する。

そんな季節がやってきた。

間違いなく「道南版・激戦区河川」の順位争いでは他河川の追随を許さないくらいの流れ。
そこでは毎年、幾多の場面で苦汁を「ガロン」単位で飲まされているボク(汗)
果たして今年はどうなることか。
一抹の不安とマゾヒスティックな喜びが混在する中、毎晩シコシコと巻いているのだが・・・・・・

#22ブラックパラシュート

なかなか思うように出来上がってはくれない。。。
実際には80%のドリフトと、15%のティペットの影、そして残りの5%程度がフライパターンなのだが、その残り5%でスプークしてしまったときのガッカリ加減は、その後の釣行に大きく響いてしまう。
ボクは特にメンタルが弱い所があるんで、朝イチからそんな山盛りの落胆シーンに出くわそうものなら、その日はほぼまともに釣れなくなってしまうことすらある。
そうなる前に、多角的な考えの元、使用頻度がウナギ登りなパターンに行き着いたのが、コレ。

#22ソラックスダン(ブラックカラー)

ごくシンプルなソラックスダン。
何の真新しさもなく、斬新なマテリアルを使用しているわけでもない。
また、CDCのように数回のプレゼン後のケミカル材を塗布する手間も無い。
ようするに、ズボラなボクチンにはうってつけなのだ。
“ぶら下がり”や“吊り下がり”なんかのパターンも良いのだけれど、アレでスプークされると、次の手がなかなか見付からなかったりもする。

そんなんで、今夜もまたアレヤコレヤと物思いにふけりながら、ハイパーヤマメとの架け橋を巻いてみようと思うんだけど、もちろん08’最新バージョンも同時進行で作らねば!

最新バージョン、結果が出ましたらUPします。

・・・・たぶん。。。








スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/255-500c05f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。