var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、釣りをしている最中にとても驚いた光景に出会った。

ひざ下くらいまで立ち込み、ダウンクロスの釣りをしているところへ白い塊が視界の隅に飛び込んできた。
足元を流れ下ってくるその白い塊が、いったい何なのかを理解するまでに時間を要したほどだ。
そして数秒後、あまりの感激に竿を投げ捨てて白い塊に飛びついてしまった。

ゲロゲロ・・・・・(お食事中の方はゴメンナサイ)


コレ、なんだか解りますか?
水鳥が魚を咥えている画像なんですよ。

必死に飲み込もうと極限まで広げられた水鳥のくちばしと、それにあがらいヒレとエラ蓋を膨張させる川カジカ。

カジカVSカワアイサ


この水鳥は“カワアイサ”って言うんですが、もうね、警戒心がハンパじゃなくて、大体400メートルくらいの距離でもこちらの存在を確認するとスッ飛んで行ってしまうくらい臆病な鳥なんです。
今までは藪に隠れて観察するのが関の山だったのに、実際に手で触れることができるなんて!!

アイサの亡骸


このカワアイサは、鵜のように水中に潜って小魚などを捕食するタイプの鳥なんですが、恐らくは、川底に見つけた川カジカを見つけて捉えたはいいが、飲み込むにも飲み込めない程の想定外なサイズに、七転八倒し窒息死してしまったのでしょう。
なんだか妙な自然の摂理を垣間見たようで、複雑な心境だったんですが、いろいろといじくりまわしているうちに、ビチビチとカジカが動いたんです!
「あっ、これはヤバイ!」と慌てたボクは、上下のクチバシを無理矢理広げ「ビキッ、ビキッ」とヘンな音が聞こえましたが、お構いなしでカジカを救出します。

世紀の救出劇に奇跡の生還!!


水に戻されたカジカは先程までの恐怖からか、しばし体を硬直させていましたが、そのうちに川底深く逃げて行ってくれました。

・・・・・残されたのは、とってもゴージャスなカワアイサの亡骸。

そりゃあ健全なフライフィッシャーマンなら考えることは皆同じ(笑)
首根っこを“ムンズ”と掴んで藪の中へと移動します。

・・・・・たまりません。

どこにでもオイシイ羽根が生え揃っています。
お尻の縁にはとっても意味深な黄色い色が付着しています。
二度とお目に掛れない、素敵なコンプリートです。

・・・・・ウハウハです。

今のこの姿を「日本野鳥の会」様に見られようものなら、良くて袋叩きか、もしくはその場で刺し殺されかねませんね。
欲に目が眩んだ釣り師というのは、かくも残酷で浅はかなのです。
でも、誰が何と言おうと構いません。
だって、目の前のご馳走の魅力には勝てないんですもの・・・・

あれやこれやといじくり倒して、体温のまだ残る亡骸から「ブチブチ、ブチブチ・・・・」と羽毛を引き抜いていきます。
もうね、獲物を捕らえた類人猿の心境ですよ。
「キャッキャ、キャッキャ」と喜んで羽根をむしりとるその表情は、何かに取り憑かれているよな恍惚とした表情と、鬼気迫る顔で一心不乱に死体から毛を剥ぎ取るゾンビそのものですね。

しかし!

ここで気が付いた。
毟り取った羽根を入れる袋が無い!
気が付けば、キープしていた足元の羽根の85%が千の風に乗って独り立ちして行きやがる。
コレはヤバイと慌ててポケットにしまい込むも、摩擦係数の低い羽毛では上手くポケットに入ってくれないのだ。
オマケに、静電気で顔やら背中やら辺り構わず引っ付いてくる。。。
相当イライラしてきたボクは、「キィ~!!」とヒステリーを起こしてその場に羽根を巻き散らかしてしまった(汗)

我に返り一息つくと、目の前には丸裸にされたアイサと、ダックからでも取れそうな安っぽい羽根が足元にチラチラと散乱している・・・・
野鳥の会が見たら、卒倒してしまいそうな光景だ。
これでは確実に、死体遺棄、及び死体損壊の容疑を着せられてしまうかもしれない(笑)
地肌をあらわにされたアイサを前に、8秒くらい肉を食おうかどうしようか迷ったが、羽根のない水鳥には何の魅力も見いだせなくて、静かにその場を立ち去ることにしました。

「わたしの~お墓のま~えで~、泣かないでください~♪・・・・」
と口ずさみながらネ。。。









スポンサーサイト
笑った!!(^∀^)ゲラ

恐るべし生存競争、恐るべし自然界!!

しかし一番は・・・・恐るべしタイヤー魂!!
お茶吹きそうになりました(笑)
【2008/04/29 Tue】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
5拍手!! すごい!
【2008/04/30 Wed】 URL // タッド #BwTtDUCU [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/04/30 Wed】 // # [ 編集 ]
昨年、ヤマメをくわえたカジカをみんなで観ましたよね、あのカジカだったりして、「輪廻転生」か?
あのヤマメの恩返しはしてもらいました(私は) 
 しかし、野鳥には気をつけてくださいH5の仕返しは命取りですよ!
【2008/04/30 Wed】 URL // palette #- [ 編集 ]
ネタみたいな話ですね(笑)
カジカが生きてたっていうのが最高です!!
亡骸を前にしたkabuさんのワクワクぶりに乾杯(笑)
【2008/04/30 Wed】 URL // ももしろ #- [ 編集 ]
カミナリ小僧さん、パオパオです(笑)

>恐るべしタイヤー魂!!
アレ?
至って普通の至極正常なフライフィッシャーマン的行動ですよね?
ボク、変じゃないですよね???
こんなボクですから、実はデスクの引き出しに白鳥のCDCが入ってたりもします(笑)
もちろん、入手経路は極秘ですけど・・・・・(汗)

【2008/04/30 Wed】 URL // KABU #- [ 編集 ]
タッドさん、こんばんわ!

>すごい!
どこが?
ひょっとして、本気で食おうと考えてたところとかな?(笑)

あ、
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20080430/20080430-00000004-nnn-soci.html
ですが、見れませんでした。
何だったんだろ???
【2008/04/30 Wed】 URL // KABU #- [ 編集 ]
palette さん、先程はどうもでした!

大沼の兄貴と話してたんですが、なんだか最近はノリにノッてますね!
あやかりたいものです。

>ヤマメをくわえたカジカをみんなで観ましたよね
じつは、あの写真をいつかここでエントリーしようかと思ってたんです。
でも、いつも時間が無くて、出来ずじまいでした(涙)
今度載せますから!

>H5の仕返しは命取りですよ!
うぅ~ん・・・・
食わなくて良かったのかなぁ?
でも、加熱すりゃ案外OKかもしれませんよ。
あ、その前の解体処理中に感染しちまうか。

【2008/04/30 Wed】 URL // KABU #- [ 編集 ]
ももしろさん、毎度ですぅ~♪

最初のデッドドリフトしてきた時は、首の根元から頭を水中に突っ込んでる状態で流下してきたもんだから、何がなんだか解らなかった(笑)
そんなですから、カジカは水中を漂っていたんで呼吸できてたんでしょう。
しぶとい限りです(笑)

>亡骸を前にしたkabuさんのワクワクぶりに乾杯(笑)
本当に、ワクワクドキドキでした。
触るなり「うぉっ!?」「まだあったけぇ」とか言いながら、鼻歌交じりでバンバン毟ってましたわ。

・・・・ホントはナイフを持ってきてりゃあ、キレイに皮を引っぺがして、マジ物のコンプリ製作したんですがね。。。
あぁ、今思っても残念です(涙)


【2008/04/30 Wed】 URL // KABU #- [ 編集 ]
ごめんなさい、、、別に意味もなく、、、ニュースで「鳥の死骸は触るな!」というのがちょうどねぇー!青森の・・函館も気をつけて、もしかしたらこの鳥、体調が万全ではなくて、、やめまししょう、、、流してください
【2008/04/30 Wed】 URL // タッド #BwTtDUCU [ 編集 ]
すごい!
しばらくです! スゴイ、カワアイサが溺死するなんて...。とってもいい写真ですね。ぜひ下さい!!! カワアイサの特徴のギザギザのくちばしもばっちり。ハナカジカの生命力もすごいな~ カワアイサは子育て中は警戒心が薄れるのかフライロッドでさわれる距離で背中に雛を乗せたカワアイサに遭遇したことがあります。渚滑では樹洞でけっこう営巣しているんですよー。頭が緑の雄だったら良かったね。(実は私は◯マフクロウの羽持ってます!もちろん経路は極秘!(悪いことはしていません!))
【2008/05/01 Thu】 URL // kotaro #- [ 編集 ]
タッドさん、了解です。

ってか、そう言われるとコワイですね。
青森とは目と鼻の先ですもん。。。
感染したら、一番にタッドさんに会いに行きます(笑)
【2008/05/01 Thu】 URL // KABU #- [ 編集 ]
kotaroさん、ご無沙汰してました!!

>スゴイ、カワアイサが溺死するなんて...。
でしょ?
ちょっと信じられないモノがありましたもん(笑)

>ギザギザのくちばしもばっちり。
そーそー、そうなの!!
かなり感動しました。
画像は、フルサイズで送ります。
イイのを見繕って送りますが、少々時間を下さいませ。

・・・・・シマフクロウかぁ。
どうやら、kotaroさんも健全なフライフィッシャーマンのようですね(笑)
【2008/05/01 Thu】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/230-1bffff49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。