var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャープな魚体♪


27,APRIL,am8:00
風向:南南西の風
風速:0.5m~1.0m
波:2.0m
ウネリ:中波
気温:8℃
サクラマス:48.0cm

今シーズン初のサクラマスが釣れました。

状況としては、ウネリが少々あることで、水が表層~底層に掛けて大きく動いていると思われました。
表層の水だけが動く普通の波とちがって、ウネリは海水全体が海底から押し上げるように打ち寄せます。
それを裏付けるように海面には無数のコンブの切れ端や流藻などがあり、また、乱れた水流が引き起こす潮目が水面にいくつも確認できるほどでした。
ボイルやライズの類は一切確認できませんでしたが、自分の中では「魚っ気ムンムン」状態で、しょっぱなから探りナシの本気アプローチ丸出しです(笑)

数日前に見たスカパーの釣り番組では、「サクラマスは凪の日がもっとも釣れるようだ」と言っていました。
しかし私の経験としては、凪の日にはいわゆる「跳ね」が起こりやすくサクラマスを確認し易いのだけれど、潮流が乏しい場合が多々あり、結果的に「食っ気がない」ように思っています。(あくまで、フライに於いてですが・・・)
逆に、今日のように海全体が動いている時などは「跳ね」が殆ど起こらず、なかなかサクラマスの存在を確認できなくて今日は居ないのではないか?と思ってしまいがちです。
しかし水の中で見えない彼らは、潮流に乗って絶えず岸近くを回遊し、しかも圧倒的に「食い気が立っている」と思われる場合が多いようです。(多少の濁りがあれば更に良し!)


・・・・と、“なんでもお見通し”っぽくエラソーに語っちゃっていますが、実は今シーズンの海サクラマスに関しては自分自身も相当の焦りがありました。
それは、雑誌などでもそのタクティクスやフライなどを紹介してきたものの、今シーズンに入ってからは1匹も釣っていないために「説得力に欠ける」と言われかねないし、何より「今シーズンはダメかもしれない・・・・」と、自分自身に諦めが出始めていました。

確かにこの釣りは、タイミングが命と言われるくらい確率性の低いゲームですが、そんな中での今日の1匹で、かなり救われた気持ちです(笑)

・・・・でも、サイズに不満はあるんですがネ(笑)

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/22-c9c2e452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。