var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あンめは 夜更け過ぎーにー
雪へと変わるだろぉー

おぉーおーぉーぉーうおー

サイレンないっ!
ホリーないっ!!

と、オイラがガクチューの時から流れている曲通り、窓の外は凄い雨。
明け方からはみぞれに変わるらしい。
しかし、この低気圧が来る直前はかなり暖かく、早朝の国道を走っていても路面が乾いているくらい暖かかった。
こんな日に勝負できるなんて、もう家を出る時からラッキーな気分に浸れます。
しかし、それが裏目に出てくるとは・・・・(涙)

早朝5:30のテンパーチャーはマイナス2℃


全然寒気がないので、ホクホク顔で川面に降り立ちます。
なんだかこんな日は、川の神様までもがオイラに味方してくれているようです。

氷結の進行も小休止です


ホームグラウンドで、いつもの深淵。
特大が潜んでいることは、今年の夏から調査済み。
慎重にヒラキの方から探っていきます。
最深部に掛かる直前のブレイクラインに大きな岩が沈んでいて、その右サイドに張り付いているハズ・・・・・

「・・・・!!」

インジケーターが静かに消し込み、確信を持って大きくフックアップ!
根掛りのようなビクともしない張り詰めたテンションの後、ヤツはグニャリと下流に泳ぎだす。
ロッドを上流側にホールドしたまま、疾走を阻止しようと3xの限界まで押さえ込む。
しかし、ロッドが伸されっぱなしでまるで言うことを聞いちゃくれない。
「こりゃヤベーかな?」と1歩後退したところで、鈍い抵抗がティップから伝わってきた。

「首を振ってる?」
「ローリングサンダー?」

ラインを巻き取りながら慎重に近づいてみると・・・・・

目測3メータークラス(涙)


3メートルくらいの木の枝が川底を回転しながら流れていました・・・・・(涙)
“どっ”と疲れてしまって、半分諦めながら、いい加減なキャストで最深部の頭にニンフをぶち込みます。

当然反応なし。

上流に行くにもなんだかかったるくなってしまって、しばし打ち込みました。
10投くらいしたでしょうか?
いきなり「ザッパ~ン!!」と飛び出しましたよ。
水面のインジケーターに。
ロクマルを軽く超える巨体で、オレンジ色の発泡スチロールめがけてぶっ飛んできましたっての。
インジケーターにね。

もう終了のゴングが鳴り響いた瞬間でした。

そんなにオレのニンフはマズそうかね?
バブリーだった頃のネェちゃんが着るような、蛍光色の水着ばりの発泡素材が美味しいのかね?
えぇ!?

・・・・・オイラに残された道は切腹だけのようです(涙)


スポンサーサイト
ずっと雪の無い日が続きましたが
昨晩から朝までこちらも雪が積もり冬が来ました!

ローリングサンダーまでドキドキしましたが
ステキな落ちが・・・笑

木に付いてるフライをみると
あっKABUさんネとすぐ解ります!
最後にドラマがあってニヤニヤしてしまいました。
その幻のマーカーは私も持っていますので注意します。
お手製の丸みが気をひくのかもしれませんね(笑)

面白いお話がありましたので、今度お会いした時にでも!




【2007/12/14 Fri】 URL // るんるん #IpT9aHSo [ 編集 ]
沈みの枝は注意ですよね...私も何度か惑わされたことがあります。まるで首を振るみたいに川底に張り付いたまま身動きしない...嗚呼!
また、ウエットフライなどを流していると、一瞬食って、その後体をよじって外れた!?なんてーので、その場所を再び流すと同じ、、、また、同じ、、、毎回食い?!なんてことも・・笑)
この時期なら尚更ですね。私は一度、セントラルパークで車輪の付いた巨大なぬいぐるみを釣ったことがあります・・汗)
【2007/12/14 Fri】 URL // タッド #BwTtDUCU [ 編集 ]
Synchronicity
アレレっ!!何かこの前そんなシーン見たなぁ?
オレンジのマーカーをガップリ喰わえて、潜って行く茶鱒・・・・・
って俺じゃん(笑)

「今時にソレって有り?」と独りもだえましたよ(´Д⊂グスン
そしてその昔、良く魚の出るマーカーのシェイプや色・浮き方をイミテーションした
マーカーフライなんぞ作った事も思い出したり(汗)

そう言えば数年前、凄いの見つけ慎重にストーキングして1時間以上あの手この手と
慎重を期して狙ったのに何にも反応無くて・・・・
再度アンブッシュしながら、見に行ったら「緑と赤のビニール袋」が
一等地の川底に揺らめいてたの発見した時の脱力感と言ったらモウ・・・・
恥ずかしいので、数年経ってから相棒に話したけど(笑)
【2007/12/14 Fri】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
るんるんさん、お晩です。
お寒ぅなりもうしたなぁ・・・・・

ところでどうやらロクマルさんは、このフライよりは、マーカーの方が美味しく見えるそうです(涙)
完全シカトをくれてましたモン。

ただ、枝と解るまでのローリングサンダーでは、思いっきり腰を落として溜めこんでましたから!
しかも、バットセクションに両手を添えて・・・・

あぁ~恥ずかしい!!

面白いお話ですが、忘れないで教えてくださいね!
【2007/12/15 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
タッドさん、こんばんわ。

>ウエットフライなどを流していると・・・・・
解るぅ~!
なんかこう、重苦しく「ズンッ!!」ってくるんですよね!
おまけにコッチはデカイ魚のイメージどころか妄想ばかりが広がっちゃってる状態ですから、枝と解ったときの落胆振りといったらもう・・・・

>セントラルパークで車輪の付いた巨大なぬいぐるみを釣ったことがあります・・汗)
車輪付きのですか(汗)
オイラは半分トロケた大根ならあるんですけどね。
今度はキャッツ・キルで、水死体でも釣ったりして(笑)
【2007/12/15 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
カミナリさん、毎度っす!

>オレンジのマーカーをガップリ喰わえて、潜って行く茶鱒・・・・・
なんで?って言葉しか出てきませんって!!
だって、外気温は-3℃で水温なんて1℃~3℃くらいなもんでしょう?
そんなタフなコンデションなのに、トップに出てくるなんて(涙)

>そう言えば数年前、凄いの見つけ慎重にストーキングして1時間以上あの手この手と慎重を期して狙ったのに何にも反応無くて・・・・
・・・オレは、逆でした(笑)
あの手この手で反応もなければ微動だにもしないから、「チッ、倒木か?」と近づいてったら、3メートルくらいまできて「ビュ~~~」と逃げて行きました(涙)
それだってロクマルくらいあったのに(号泣)

いつかヤツを釣る事ができましたら、ソチラの板にも画像を張らせて頂きます!
いつか釣れたらネ♪
【2007/12/15 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/192-2c017f1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。