var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月13日に立てたエントリー「触れ合う心/http://kawanikki.blog57.fc2.com/blog-entry-184.html」。

慣れない仕事に忙殺されながら、新聞の切り抜きが目に止まる。
「今頃は、アイツ等みんなどうしているだろうか・・・・・」
小さい手をいつまでも振り続けていたあの日のことが、今も鮮明に心に残る。

「もしかしたら、他人の人生に干渉しすぎているのかもしれないな」と、誰かに言われたことだってある。

オレ自身、間違っちゃいないと思いたいが、それを肯定する材料など何も無い・・・・
ただ、子供達が笑ってくれればそれだけで幸せだった。

初めて触れた水棲昆虫


そんな折、彼らから手紙(作文)が届いた。


ぼくは、サケの観察でしたが雨で中止になりました。
けど、サクラマスと言う魚のタマゴを埋めました。
あと、クマのひっかいた痕や、シカの食べた痕などいろんなものがありました。
サクラマスのタマゴはぬべぬべして気持ち悪かったです。
もっと、いろんなことしたかったです。
昼は、カレーうどんです。
だんごも食べました。
楽しかったです。
約束もしました。
「4年後でもいいから来てね」って約束しました。
楽しかったです。
ありがとうございました。
                          ―たつみ―

この間はどうもありがとうございました。
あんな雨の中、一生けん命教えてくれて、ぼくは幸せです。
サクラマスのタマゴを植えるのは、冷たかったけどガマンしてやりました。
探検は、クマが木を引っかいた痕があって怖かったけど、だんだんドキドキしてきました。
シカのウンチやクマやシカが木の皮を食べた痕があったり、クマやシカが土を掘った痕があって本当に楽しかったです。
ご飯はみんなで力を合わせて作ったカレーうどんはすごくおいしかったです。
来年もまた行ってちがう体験したいです。
                          ―ひろむ―

この間はどうもありがとうございました。
サクラマスのタマゴを埋めるのが楽しかったです。
川が冷たかったですでも、森がきれいでした。
ご飯がおいしかったです、切るのが楽しかったです。
ヘビが出てきて欲しかったです。
エビや魚も見たかったです。
もっと勉強したかったです。
晴れてたらクマにあいたかったです。
らい年もぜったい行きたいです。
今度はちゃんと晴れてたらサケやクマやシカを見たいです。
ありがとうございました。
                          ―たかし―

みんな本当に有り難う。
みんなの書いてくれた手紙が、オジサンには凄く嬉しかったんだ。
本当に嬉しくって涙が流れたんだ。

みんな、本当に本当に「ありがとう!!」










スポンサーサイト
思い出して勇気付けられること
はじめまして、moonstoneの こると と申します。よろしくお願い致します。  養護施設の子供達が 生涯忘れることのないふれあいをされましたね。 「生涯忘れないこと。思い出して勇気付けられること」   を 宝に生きる子供の瞳が見つめる物...私にはわかるんです。  世間と隔絶し よろいをまとって日々暮らす私ですが かけがえのない万象が身近にあることを知り 涙がでました。 ありがとうございました。
【2008/02/10 Sun】 URL // こるとれーんtone #JLNxlhL6 [ 編集 ]
こるとさん、初めまして&こんばんわ♪

え~と、なんて言いますか、この日奔走して何から何まで頑張っていた『NPO法人:道南の川を考える会』のスタッフが何よりもお礼を言ってあげるべき方々なのだと思います。
オイラは、ちょこっと子供達と遊んだだけ・・・・・(照)

>世間と隔絶し よろいをまとって日々暮らす私ですが ~
ボクも少しだけ、こるとさんの気持ちが解るつもりです。
少し前に、精神的な疾患(?)に陥ってしまい、心身ともにズタズタでした。
その頃は、頑なに「心を隠せ!」、「誰も信用なんてできやしないんだ!しちゃいけないんだ!」と自分に言い聞かせていたくらいですから(笑)

今、彼らが書いてくれた手紙を読み返し、しみじみと思うのは、俺たちのことなんて忘れちまってもいい。
でも、あの日見ていた4年後の未来の約束だけは忘れないでくれ。
それだけです。

こるとさんも、足元を探せばきっと何か素敵な時間を創り出せる物が落ちていますよ!
いつか見つけたら、教えてくださいネ!!

【2008/02/10 Sun】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/189-f924be3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。