var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西高東低の気圧配置が強まりを見せる11月、北海道各地で初雪の知らせを耳にする。
それは、今シーズンのファイナルチャンスが迫っていることを知らせる合図でもあるのだ。

橋の上からの朝焼け


強い寒気が抜けた頃、大きく張り出した高気圧が恐ろしく寒い朝を呼び込み、放射冷却となって川の隅々までも凍らせる。
しかし、日が上がる午前遅くには気温が15℃を超える日がやってくる。

いわゆる【インディアン・サマー】だ。

メイフライ・コカゲロウ・ユスリカ・ガガンボ・テレストリアル・・・・
何れにせよ終日ダラダラと続く流下に誘われて、プールのヒラキ、おもいっきり鏡張りの水面で超スローなドリフトを要求されるポイントにヤツラはやってくる。
気だるそうに尾びれを振っては、鋭く開いた胸鰭だけで水面へと顔を向け、音も立てずに水面のエサを吸い込みやがる。
グニャリと窪んだ水面からは、想像以上の大きさだったことが覗える。

こんなときには、フライを結ぶ間さえ息を止めてしまうモンなんだ。

馴れた筈のフォルスの動きが幾分硬いのは承知の上。
ナーバスなのは、ヤツじゃなくってオレの方だ。

やや大きめに入れたスラックとカーブが、ペイルモーニングのスピナーをヤツの真上に運んでくれる。

ヤツの胸鰭が角度を変えた。
オリーブバックが秋の光に表れる時、スラックの先が大きく窪めと、頭の中で誰かが叫んだ・・・・・



なぁ~んて萌え萌えのシチュエーションに出会いたいってモンですよ!
現場じゃ眠気と格闘しつつ、そんな妄想に囚われていました(笑)
ま、ゲンジツはこの写真を撮りながら萌えたぎる欲望とやり場の無い釣欲を鎮めるための温泉探しでしたがね。。。



フラット・ラン

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/183-5f22a8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。