var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はそれぞれ3箇所に産卵床を設置したのですが、それぞれが異なる手法で作成してみました。

河川土木部?


タイプ①
これは前回説明した角材を固定して、小砂利を投入したタイプです。
説明は省略させていただきます。


タイプ②

天然工法?

このタイプが最も良い仕上がりだったのではないかと思います。
それは、川辺にいくつもある倒木の一部を切り出し、川幅と同等の長さでカット&固定して落差をつくり、砂利を投入したもの。

タイプ③

下段の部分です

(下段の溜まりです。)

一番チープで簡単に作成&設置できますが、そのかわりに一番脆く強度が低いのがこのタイプです。
元々川原にある大小の石を移動させ、河床を少しだけ掘り下げて作ったもの。
逆に言うと、最もローインパクトなのかもしれません。

隠れ家


ポイントは、遡上してきたイワナが身を隠せるように、倒木などで隠れ家を作ってあげることで、そのプールに長く留まれるのを手助けしてあげることです。

このように、3つの異なる産卵床を見ていると、河川に対するインパクトを低くすればするほど孵化率は低くなり、人工的な色合いが増せば増すほど孵化率は高くなります。
ま、当然の結論ですかね?


一方では、こういった活動に賛否両論があるのです。

否定派
たとえ間接的ではあっても人の手が下された川(魚)からは、天然・野生が失われてしまう。
北海道最後の野生種であるイワナ(オショロコマ)に対するアプローチには、細心の注意とローインパクトを心掛け、人工的な手助け(増殖など)をしないよう守らなければならない。
また、それよりは河川全体の生産性を高める方が重要ではないか?
そうすれば自ずとイワナだけではなく、河川資源の復元にも繋がるのだから・・・・

肯定派
河川資源が壊滅的な状況になりつつある近年、少しでも早く確実な保全策を施し、そうした活動を通して広く保護保全の意識を広げていきたい。
また、継続的な活動が他の釣り人への波及効果も望めることから、最小限の範囲でも必要ではないか?
そして、活動しているからこそ行政へのアプローチも説得力が生まれるのではないだろうか?



両立場の意見はとっても頷けますし、それぞれが大切な考え方でもあります。
もしかしたら、最終的には価値観や倫理観にまで話が及ぶのかもしれません。
どちらが良い悪いの議論ではないのですから、河川担当行政も、もっと積極的にこういう議論の場を設けて参加して欲しいものです。
サケやサクラマスのように商業的な要素が含まれないと「対応できません」では、いつまでたっても「北海道は無法地帯」のままですから。ま、「密漁天国・北海道!!」って言われてる(笑われてる)くらいですから望みは薄いでしょうネ(笑)

珍しく、シリアスな話しを書いちゃいました。




スポンサーサイト
イワナに思いを馳せてⅡ
こんばんは。

この話題は、難しく微妙なテーマなのでしょうね。
でも、釣り人として避けて通れないですよね。
ただ、残念な事に釣り人の数%の人が両派に分かれて活動している現実寂しい。

目線を水から空に移したら、ドウナリマスカ?

鳥の巣箱は皆さんご存知でしょう。
全国で、数多く野鳥の保護団体や小中学校で巣箱掛けて繁殖の手助け。
同じ、卵の孵化です。
巣箱で孵った鳥を野生でないとは聞いた事がありません。
いま、シマフクロウでさえ巣箱を掛けて守ろうとしています。

なぜ?なぜ? イワナ 否定する人いるの?

 長く成ると、熱く成りそうなので此の辺で!
【2007/11/03 Sat】 URL // Enjoy60 #- [ 編集 ]
Enjoy60さん、こんにちは。

凄い!!
そんな視点での考えなんて、思いも付きませんでした。
たしかに、「野鳥保護」のスローガンで巣箱を子供達に作らせる小学校もありますよね?
でも確かにそこで生まれた鳥達は「ハッチェリー」とは呼ばない。。。。

>難しく微妙なテーマなのでしょうね。
本当に難しいです!
文中でも挙げていますが「最終的には価値観や倫理観にまで話が及ぶのかもしれません。 」←結局はこうなるのかしらん?
そうなってしまえば、平行線のまま両者の妥協点など霞んでしまいます。

・・・・でも、お互いの根底にはイワナや川全体を守りたいと願っているのになぁ。。。
【2007/11/04 Sun】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/181-520f940f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。