var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから秋本番を迎え、ヒグマとの接触事故が増えるシーズンです。

のっし、のっし・・・・


この画像のように、100メートル以上も離れた場所でヒグマを発見できれば回避方法がありますし、静かに・安全に我々自らが安全圏内を保てると言うものです。

どこに居る???


しかしこのような沢では見通しが悪いにも係わらず、本流筋までのエントリーポイントとして我々釣り人は頻繁に活用すしますし、そのまま帰り道の林道までのエントリーとしても往復で活用します。

・・・・この画像の中に1頭のヒグマがいるのがお分かりになるでしょうか?

笹薮から抜けた林道の所で、呑気に日向ぼっこの最中です。
「人の背丈ほどの笹を掻き分けた先で、こんなのと出くわした」なんて話には「ゾッ」としますね。

さて、今現在の北海道ではDNAレベルでの振り分けをすると、道南タイプ・道東タイプ・道北タイプと3つの系群に分けられます。
オイラが住んでいる道南タイプの特徴は、小型で俊敏な動きを見せるのが特徴として上げられますが、これは見方を変えると森林の中では姿を隠しやすく、コチラ側からは見付けづらいこと、また追いかけられると逃げるのが困難な状況になるかもしれません。。。

太っているけど俊敏な小型の道南タイプです!


また、小型のヒグマでは、対峙する動物に対して映画や本で見られるような立ち上がって前脚で“ハタク”ような動作は少なく、突進してきてのバイティング(噛み付き攻撃)が多いようです。
それはまるで、大型の野犬さながらのスピードと攻撃力なのだそうです。

強力で頑丈な脚と爪


・・・サイアクのタイプですね(汗)
こんな行動をとる系群のヒグマですから、「道南のヒグマは危ない」といわれる所以なのかもしれません。
これらを踏まえて、皆さんも道南釣行の際には十分気を付けるよう心がけて下さい。

次は、道東タイプのヒグマについてエントリーしたいと思います





スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/176-237e96f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。