var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日までは気温が30度を超えるほどの暑い夏でしたが、川の中では少しずつ秋の訪れが迫っているようです。

熱気を冷ますくらいのほどよい雨が降った日の午後、フラリと立ち寄ったヤマメの川。
川面は様々な流下であふれていた。
イージーに見えるライズだったけど、なかなか食ってはくれないヤマメに、アレやコレやとボックスを掻き回す。
大半はドリフトが問題なんだろうけど、明らかにフライも吟味している表情を見せるヤマメ。
相当イジメられているのか、一挙一動が実に用心深い。

「ピシャリ」と咥えたフライは、ラスティースピナーの#20。
秋のフライだ。

「ハイ・・・ポー」ヤマメ?


そんなヤマメに相手をしてもらいながら、涼しげな夏の終わりに秋の気配をかみ締める。

むっちりバディーさん


薄っすらと浮かび上がる婚姻色はもうすぐ迎える終幕の証でもある。
なんだかシーズンの終わりが近づいてきたようで、もの悲しさを覚えながらファインダー越しのヤマメを見つめていた。

尺には届かず・・・・・(涙)

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/166-1f84bc47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。