var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新刊だよ~♪


北海道発の釣り雑誌は、今まで「ドコソコで〇〇〇の大物が釣れました!」やら「ドコソコの川に行けば大物が釣れます」みたいな内容に終始していて、釣り場案内に限りなく近い雑誌だったように思います。
正直、購買して読む気にはなれなかったものです(立ち読みすらしません)。
ですが、最近はこのノースアングラーのように釣りや釣り場といったものを多方向から捉え、「いかに楽しい時間として過ごせるのか?」を模索していたり、「どのような可能性が残っているのか?」を探求したりしている内容には、深く感銘を受けることもしばしばです。

その記事の中で、フライでロックフィッシュを狙うと言う新しい分野を切り開いている小林氏によるレポートなど、その実、川での釣りにも応用できるのではないかと思える内容は、一見の価値はあると思います。
また、コラムでは、三浦氏の釣り場環境を向上させようと奮闘している方々への考え方や、熱いエールには感銘を受けることしきりでしょう。
今号も、何か新しいヒラメキや問題点に対する同意を促されたりする、きっと見ごたえ十分な内容だと思えるでしょう!

・・・・私見ではありますが、最近、同じ地域に住んでいる釣り人同士に、敢えて異なる価値観をぶつけ、敵対視させるような記事や、まるで製作側が何か無益な戦い(論争)を仕組むよう目論んでいるかのようにも受け取れる内容の雑誌には、嫌悪感すら感じてしまいます。
ま、買って読もうとも思わんし、これからは見ることもないだろうけどネ。

とにかく、皆さんもNA誌をお求めに各書店または釣具屋さんへ足を運んで下さいネ!!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/164-355d5fed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。