var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フライの墓場です。
大小様々なフライが埋葬されています。

ニンフの墓標


現場で試しては戻し、試しては戻しを繰り返しここまで溜まってしまいました。
このパッチはニンフ用ですが、ドライフライの方はとても見せられる状況じゃありません。
墓場と言うよりは「掃き溜め」に近い状況になっています。

元来、ドライでもニンフでも同じパターンを毎年使い続けることが嫌いな俺は、釣れる釣れないに係わらず、いつも違ったパターンを模索するのが大好きなんです。
かといって、トータルクオリティーの高い勝負フライなんてのは出来たためしがない(笑)
自分自身が納得できるピカイチ物なんてのは具体的な数で言ったら、20~30本に1本位の割合だろうか?
それとて、100%の満足なんか1ヶ月も続かずに、翌シーズンにはほぼ間違いなくお蔵入りとなってしまう・・・・(涙)

そんなデスク・フィッシィング(タイイング生活)を送っていると、単純なことに気が付かされる。
アスト・ロールやフィットロックなんかが作り出す創造性あふれる逸品には、単純なマテリアル同士の組み合わせといったパズルではない、多面的な融通性が潜んでいるということ。
言い換えれば、「どんな時でもコレ一本!!」てな按配だ。

オレにはそこまでの知識も無けりゃ技術も無い。
オマケに時間だってほんの少々だ。
そんな中で作り上げていくフライには、自分自身オリジナルだと思っていても、結局は彼等のような一流所の達人達が世に輩出したスタンダードやトラディショナルなフライに近づいてしまうのだ。



へっぽこタイヤーのボヤキ・・・・

「未だにケツが青い」とはこんなことなんでしょう。
苦労して中身をキッチリと詰め込んだフライボックスが、3ヵ月後には全て捨て去ってしまいたくなる心情に駆られてしまう。
オリジナルなんてのはカス扱いで、スタンダードのコピーすら見るに耐えない。。。
かといって、ローソンやハロップなんかのフライを色違いで巻いて、もしくは一部のマテリアルを変えただけで、もっともらしくフライの名前に自分のイニシャルをつけるようなみっともないマネだけは死んでもしたくは無い(笑)

「フライ・タイイング」大好きな世界だけど、上達への道のりは未だ険しく・・・・・

もっと上手くなりたいなぁ。

憧れたあの人のように・・・・




スポンサーサイト
コンチワ(=゚ω゚)ノ 暑いっすねぇ!
只今の室温34.7度・・・・南国か?(汗)

>多面的な融通性が潜んでいる
御意!!
そしてシンプルなマテリアルの一つ一つに理由もあり
引き算も出来ないほど無駄が無いンですよねぇ。
回り道したあげくにコンベンショナルなフライの凄さを
再認識して先人達の手の平上で遊んでる事に気づいたり(汗)

>一部のマテリアルを変えただけで、もっともらしくフライの名前に自分のイニシャルをつけるようなみっともないマネ
一刀両断( ^∀^)見事な太刀筋です(笑)とっても同意!!

僕はシーズン最盛期、気がつくと胸のパッチのフライだけで釣りしてたりして
ボックスに一杯入ってる多数のフライの立場は・・・・・orz とか(涙)

「先は長いが時間は短し」良い釣りしたいっすね!!
【2007/08/14 Tue】 URL // カミナリ小僧 #aNEs2sbw [ 編集 ]
カミナリさん、暑中お見舞い申し上げます!

トロピカルな室内温度ですね?(汗)
水分補給はしっかりと取ってください。

>引き算も出来ないほど無駄が無い・・・・
スッゲー解るなぁ・・・・
オレも、ソコに気が付いたときには愕然としたのを憶えています。

>先人達の手の平上で遊んでる事に気づいたり(汗)
そうなんです!そうなんです!
オレなんかも、人前でイッパシの能書きを語るクセに、「あれ?」「これって・・・・・」みたいなことに日々気が付かされる。
だから、ケツがまだまだ青々としてるんです(笑)

今年も樺太フェスティバルには参加できませんが、いつかこんなレアでマニアックな話しを肴に、一晩中エンドレスで酒でも飲みたいですね!!
・・・たぶん、お互い翌日は釣りにならないでしょうけど(笑)
【2007/08/14 Tue】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/163-159f811b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。