var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつものホームリバーです。
先日140ミリを越える雨量があったので、心配で見に来ました。

川原まで広がった川幅の跡
※ここはダム上のエリアです

案の定、ダム下の流れはグダグダで、随所に増水時にできた爪痕が見て取れます。
一部では昨秋から水没していた巨木がキレイに流され、折り重なるように川原へ乗り上げていました。
また、そのエリアでは最大規模の支流に掛かる橋の上を水が流れてしまい、鉄砲水の様相を呈していたのが伺えました。

こんなのを目の当たりにすると、当然そこに住む渓魚達へ心配が及ぶのですが、皆無事でいてくれることを祈るばかりです。

ヤマメ(イチ/プラス)、かわいいです。


一方、渇水が著しかったダム上ですが、先週までは水辺の生物達も文字通り“青息吐息”といった感じで、本当に水が枯れてしまうのでは?と思えるくらいの酷さだったのに・・・・・

こ、湖面が見えません。。。


インレットがおびただしい流木で埋め尽くされています。
よほど酷い土砂崩れがあったのでしょうか?
一部では周辺の草木までなぎ倒されていました。

すばらしいハッチが沸き起こり、産卵シーズンにはいくつものペアリングしている鱒を見ることができた玉砂利のランも、今ではすっかり砂に埋もれてしまっています。
幾多の人々にドラマを生んだあの大きな淵ですら、半分の広さになってしまいました。

もうすぐ盛夏を向かえ、そしてすぐに2世代目のメイフライがハッチする秋が来てしまいます。
シーズンの折り返し地点で起こった大災害に、この川はどう移り変わって行くのでしょうか?

いつまでも晴れない霧のように、不安がオレを包み込むのです・・・・





スポンサーサイト
函館方面は沢山雨が降ったんですね、写真をみて驚きました。
こちらは、夜中にカミナリが鳴りザーと沢山降りました・・・が、けっきょく気がしただけでたいした量ではなく・・・・まだ渇水です。
渇水でも釣れないことはありませんが魚の食事タイム以外の反応が悪いです・・やる気がないというか(笑)
予定は入れていますので遊びに来て下さい。
【2007/08/02 Thu】 URL // るんるん #IpT9aHSo [ 編集 ]
るんるんさん、毎度です!

今週末の台風5号がどのように影響するのかが気がかりです。
ま、リセットする上でも一度は増水して、状況が変わらなければダメのようですね。

・・・・道南はもう雨いらないんですが(汗)
【2007/08/02 Thu】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/159-dd75a29d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。