var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムリヤリ時間を作ってなんとか川辺に立てたこの日は、自宅から数分の近所の川へ。

スーパーフラットでシビアなポイントです。


真夏を思わせるギラギラとした日差しと、流速を極端に緩めてしまう異常な渇水模様はこの年一番のプレッシャーとなり、すべてのマスは否が負うにもハイスプーキーになっていた。
もし不用意に川を覗こうものなら、一瞬にしてパァである。
こんな日は神経をすり減らしながらのサイトフィッシィングになるのだけれど、それでも釣れたマスの重みはずいぶんと重くなる。
正直、大好きなシチュエーションだ。

未だケツの青い“サンシタ釣師”としては、ここで何度も苦汁を飲まされてきた。
それだけに慎重にならざる負えない。
ストーキングでは3メートル歩くのに1分近く掛かってしまう。
額の汗を拭う動作すら、マスに気付かれないかとドキドキしちゃう。
気分はさながら、サバンナで狩りをするライオンと言ったところか?
ハタから見れば、ただのアホなんでしょうけどね(汗)

コイツはずいぶんとイジメたマスだから、かなり賢くなっているのかもしれない。

3年前は52センチでした。


草陰に身を潜め、プレゼンテーションの直前でスタンバイ。
そこへ・・・・
「ヒュ~・・・ポチャ」
「へっ?」
「ジコジコジコ・・・・ヒュ~・・・・ボチャッ!!」
なんと下流から20代とおぼしき釣師が、ポイントを見ずして俺を直視しながらルアーの速射砲をお見舞いしている。
一瞬にしてオシマイである・・・・
天を仰ぎ、猛烈な無気力感に包まれている俺に、彼はこう言い放った。
「ここでナンか釣ったんスか?」
返答する気も起きずに、スゴスゴと引き返すオレ。

次のポイントでは、ミノーをぶら下げた一見ダンディーな釣師がやはりスタンバイ中のオレの前をジャブジャブと歩きながら「やぁ!、釣れてますか?」と右手を上げて流れ下ってくるし。。。

もう176cmのシャックとなったオレは、もう直ぐ来るであろう巨大なスランプの影に怯えながら、自宅に戻り、真昼っまからビールをかっくらってやりましたよ。
TV相手に散々グチりながらね!




スポンサーサイト
ヤレヤレ...釣り場で心が通わないと言うのはこういうこと
せいぜい管理釣り場ではしゃいでおいて欲しい...あっ、ないか・・
【2007/06/14 Thu】 URL // タッド #BwTtDUCU [ 編集 ]
何だかねぇ・・・・
ヤリキレナイ話ですね(涙)
近年、想定外の遥か斜め上の行動をする釣り師に
最初に「( ゚Д゚)ポカーン」と一瞬思考回路を奪われますからねぇ。
その後の怒りが湧いてくるパターンが多いですよね(呆)

かと言って、「どれコレこういう理由で、君に台無しにされた!理解出来ます?」
と軽々しくに言ってしまうと・・・・
「ええっ!ソコにそれ位の魚いるんですか!!!」 と、その部分だけ脳にインプットして
その後入れ替わり立ち替わり、ヘタをすると数年にわたり
いろんな釣り師がその場所だけにやって来る事になったりするし・・・・

まぁ何時までも、目を閉じたまま釣りして頂きたいけど(笑)
最低限、先行者を尊重する行動だけは、覚えて欲しいヽ(`Д´)ノー

KABUさんもそうだと思うけど、20代の頃は「若いフライ師」ってだけで
30代後半~40代のオッサンに挨拶無しで割り込まれ。
そして自分がオッサンになったら、今度は若い釣り師に割り込まれ・・・
ああっ虚しい(涙)
【2007/06/14 Thu】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
塾長!

ヤキ入れるべきっス!
茶髪とシャコタンでつりに来るなんて許せんでしょう?
読んでいるだけなのにムカ付いてますね?
【2007/06/15 Fri】 URL // 門下生 #- [ 編集 ]
お久しぶりでした
今日は暑いです、汗かいて仕事してます。
前に道南サイトフィッシングにご一緒させて頂いたシーンがよみがえるエントリーですね。
あのときは忍者かと思わせる行動がとても印象に残っています。

もう少しで渇水の時期です、2河川どちらでも良さげですので時間があればご一報下さい。
【2007/06/16 Sat】 URL // るんるん #IpT9aHSo [ 編集 ]
すんまそ~ん!!
めちゃくちゃレスが遅れました!
ゴメンナサイ!!

タッドさん、こんばんわ。
こう言った人って、管理釣り場でも平気でラインを被せてきたり、場所取りしたりとか、我が物顔で釣るんでしょうから、根本的な何かを律して戴かないことにゃならんでしょう(苦笑)

・・・・でもさぁ、同じコトを自分がされたらって思わんのかね?
【2007/06/16 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
カミナリ小僧さん、お晩です!

お互い、釣り場でのアホチンコタレにはホトホト手を焼きますな?
そんで仰る通り、皆さんご他聞に漏れず「ホットな釣り場情報」に飢えてる。。。
マジでやり切れない思いですわ。

>20代の頃は「若いフライ師」ってだけで・・・・・
すっげ~~~解る!!!
モロ同じ!!
んで、若造だからって言うこと全部否定的に取られるし、やってることすら槍玉に挙げられる始末・・・・(涙)
この部分に関しては、辛い20代を過ごしましたよ。
ちなみに、「オレがKABU教えた」とか言っちゃってくれる諸先輩方は多数いましたが、実際に面と向かってお話しをしてくれた方は殆どおりません(笑)
【2007/06/16 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
門下生?
まだ言ってる?

オレも茶髪だが?
それが悪いのか???

そんなことよりも、早く例のあんかけ焼きそばオゴレよ~!
待ってんだぞ~!!

・・・・・嫁も連れてってイイ?(笑)

【2007/06/16 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
るんるんさん、こんばんわ。
ご無沙汰です。

最近の状況は、サイトで魚は見えるが手出しが出来ない状況です。
ウルトラスプキーになってくれてます(涙)
ま、魚観察にはもってこいですがね(負け惜しみです)
今度ご連絡しますので、セカンドステージのプランを練りましょう!

我が愛しのハーレーが恋しくなりました(笑)
【2007/06/16 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/149-eb2e4b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。