var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺の遊び場・・・・・

懐かしい潮の香り・・・・


初めて釣りをしたのはこの浜辺だった。
今も忘れない、克明に記憶している家族との思い出。

消波ブロックなどなかったあの時代、父と兄とまだ小学校に上がったばかりの俺は、焚き火を囲んで釣れた魚を焚き火にくべていた。
こんがりと焼きあがった魚を頬張る子供達を遠巻きに眺めながら微笑んでいた母親。

いつからか、放課後は自転車で乗り付けて魚を釣る毎日。
初めて魚をヤスで突いたのもこの浜辺だった。
ウミガメが網に掛かり、代わる代わる漁師がお神酒を飲ませリリースしていたのもこの浜辺だった。

今はもう、あの頃の面影などはどこにも無い。
歓声を上げて泳ぎ回る子供達の姿も見かけなくなってしまった。

切ない思い出と、グラデーションの癒し。


紫色の海と空、そして潮の香りは、純粋だったあの頃のままなのに・・・・

オレに子供ができたなら、きっとここで釣りを教えるに違いない。
見るもの全てにワクワクとする、小さな小さな夢の塊。
初めてとなる釣りの思い出は、あの頃の家族のようにと願いつつ・・・・

スポンサーサイト
偶然ですが、私も今日、
子どもの頃に釣りを覚えた川のそばを通りかかって
なんとも切ない気分になりました。
その川の流れが、昔と変わらず、同じように魚が泳いでいるなら
そんな気持ちにもならなかったのか、と自問してみたり。
姿を変えられた川を思って、
ただ時の流れを感じるばかりでした。
【2007/04/30 Mon】 URL // ひどん #ZBTNIsEw [ 編集 ]
ひどんさん、こんばんわ!

>ただ時の流れを感じるばかりでした。
俺も同じ気持ちです。
やっぱり、歳を重ねていることを実感させられるからなのでしょうか?
勿論それだけではないでしょうけれど・・・・

川だけではなくて、街並みですら姿を変えてゆくのって、本当に寂しいですよね。。。
【2007/05/01 Tue】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/142-dbc73858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。