var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメマスが殺された。

今もなお悲運を背負っていると言うのか・・・


大きなアメマスが浜辺でのた打ち回り、死んでいった・・・・・

右手にぶら下がっているものは・・・・


普通釣り人は、釣り上げた魚を持ち帰り食すのが当たり前とされている。
勿論、この時の鱒を殺した釣り人は何の罪もないし攻めるつもりも無い。
釣師としては至極当然の行動をとっただけなのである。

ただ、せめて代わりに俺が釣っていれたなら、彼を救ってあげられただろうか?
もう少し俺に魚を釣る技術があればと思うのは、“おごり”なのだろうか?
アメマスを釣ることに慢心していたのではないだろうか?

俺は鱒を釣った人のすぐ隣で竿を振っていた・・・・

傍らでは大きな鱒が動かなくなる。
大きな瞳を見開いて、グッタリとして動かなくなる。
そして俺には、大きな、とてつもなく大きな喪失感が、胸の真ん中にポッカリと風穴を開けていったこの日・・・・

北の野生がただの肉塊に変わった瞬間

スポンサーサイト
すきな釣りをしていて、ゴミと他の釣り人のマナーは絶えずつきまとうことですね。
おそらくは釣りは自分のなかで自然と対峙しているつもりでいるから、それにそぐわない要素がめだっちゃう! なんでこんなところに!?
これは解決できないことだと思います。ならば...なんです・・
ならば、どうする?・・が人によってことなるとこらだと思います。
私は無感情・・というわけでもないのですが、仕方ない・・しょうがねぇーな!・・くらいで終わってしまいます。それがいいかわるいかは、こういう場面ですは、よくないと感じつつ、やはり無気力感が自分には大きいのかも...それを憂いでも・・ねぇ!? 苦しいでしょ...
【2007/04/26 Thu】 URL // タッド #- [ 編集 ]
タッドさん、こんばんは。

そうですね、ゴミ問題などは明らかに問題視するべき事案ですが、今回のエントリーにあるキープとリリースでは、それぞれの釣り人が持っている価値観の相違による部分が大きいですから、「どちらが良くてどちらが悪い」なんて話しの展開にはなり得ませんよね?
ですから、お互いがお互いを「なぜ?」「どうして?」と言い合っていても、それはとっても不毛な話し合いに終始してしまうと思うんです。
そんな中であの日俺は、「鱒を殺さない為に俺が出来ることって何だろう?」と考えてたら、殺される前に釣ることだと思ったんです。
それが叶わなかっただけに、喪失感が・・・・・
【2007/04/26 Thu】 URL // KABU #- [ 編集 ]
池の中の鱒を隣同士で取り合っているのではないのですから、
そう考えるときつくないですか?
私は立ち去ります・・実際、そう出来ない事も多々ありますが、
まぁ!仕方ないでしょう...そういうことにしましょう!
【2007/04/27 Fri】 URL // タッド #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/141-54357c4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。