var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月初め(3月7日)に、鳥崎川へブラウントラウトの捕獲調査が入りました。

当日、現場で指揮を取っていた北海道立水産孵化場(恵庭)勤務の工藤氏に直接電話で詳細を聞いてみましたところ
「そう言ったこと(調査内容の確認や質問等)は道庁の方に一本化してますから。」
「何か聞きたいのであればそっちで聞いてください。」
「ここで聞かれても、話すことはないです」
との答え。
大沼公園でブルーギルを駆除中の工藤氏

元々、工藤氏は「北海道には外来魚は全て必要無い!!」と、私にブラウンはおろかニジマスすら不必要であり、自身が今後北海道内に外来魚が増えることへの防波堤になると、言っておられました(汗)

そして後日、道庁の水産林無部漁業指導科の担当者に確認をとったところ、今回調査を行った理由として、サクラマスに対するブラウントラウトの影響を調査すると言った内容だそうです。

当日の調査方法としては、鳥崎川のダム下(キャンプ場近辺)から下流側の各所でエレクトリックショッカー(電気ショッカー)を使い、採捕するといった方法で行われました。
また、今後も翌月・翌々月と同様の手法で捕獲調査を行う予定だそうです(場所や日時、調査回数などの詳細は未定)。

※今回の調査結果や、その他これからの動向などの詳細が解り次第、順次UPしていく予定です。



今回の調査捕獲を踏まえて、ここからは私の私見も含みますが・・・・

殆ど一般の方々は、新聞などに紹介されない限りこのような調査が1年/数回行われていることはまったく知らないことと思います。
さらには調査といって捕獲した後の動向(検体など)の詳細すら解らないままなのではないでしょうか?
実際、今回の調査捕獲にしても、このブログを読んで初めて解った方の方が多いことと思います。
金山川で駆除された時の個体


そこで、実際にある一つの事例として・・・・
2年前の平成17年3月2日に行われた戸切地川、同年同月の24日に行われた鳥崎川での捕獲調査(当日工藤氏から、主に食性を調べるとお聞きしました)ではどのような結果が出ていたのか?
これらを先日、道庁の担当者に伺ったところ「まだ検体結果が出ていない」とのことなのです。
両河川での捕獲数は、僅か15匹にも満たない(鳥崎川に関してはたったの3匹!!)数なのに、2年も経った今なお、未だに結果が出ていない!?
これでは結果ウンヌンよりも、捕るだけが目的なのか?と解釈してもおかしくはないほどの不信感が芽生えて当然でしょう。
それ以上に、まるで検体する気が無いのでは?
一般市民からデータ開示の要望が出てから短期間で取りまとめるようでは、いったいどこまでが事実なのか疑わしくさえ思えてなりませんね。
担当者の返答では、早急に取りまとめる予定なんだそうです。
いくら行政とは言え、不信感ばかりが募り呆れるばかりです。。。


-鳥崎川概要-

流路延長20.8km・流域面積72.4km・総支流数9本。

昭和の初めにかけて源流部にある鉱山から3回(明確に解っている回数)ほど鉱毒が流失し、最後には渓流魚はおろか水棲昆虫までもが壊滅的な被害にあった(流域住民からの証言も含む)。

その後、国が進めるサケ・マス増殖事業により、河川内にヤマメなどの姿が見られるようになる(恐らくこの時点で同水系の天然ヤマメ及び天然のサクラマスは衰退の一途を辿ることとなる)

分水嶺に位置する最源流部へ、生態調査の為に北海道水産学部によってミヤベイワナの成魚が放流される(これによりエゾイワナとのハイブリット(交雑種)が発生し、またイワナとの置き換わりが始まる)。

鳥崎川近郊が数年に渡り深刻な水不足に悩まされていたことから、1970年に着工していた駒ケ岳ダムが1985年に完成する(これにより、サクラマスなどの遡川性魚類の自然繁殖が絶望的になる)。

ダム完成に次いで、下流部には巨大な砂防堰堤が建築される(今現在は、設置されている魚道はほぼ機能を失いつつある)。

釣り人により、駒ケ岳ダムにブラウントラウトが放流される。

※流域住民の証言と役場からの照会とでは、一部の事柄の年数に微妙な誤差がありますので、それぞれの事例に年数を充てなかったことをご了承ください。



スポンサーサイト
金を( ゚д゚)クレ!!?
KABUさん、こんばんわ~(=゚ω゚)ノ

う~ん・・・・何とも言いたい事は一杯あるけど。
軽くいきます(笑)

>「北海道には外来魚は全て必要無い!!」
なぜ?貴方達の多様性やら生態系ってなんなの?
>自身が今後北海道内に外来魚が増えることへの防波堤になる
その防波堤だかは、何の役に立つの?

>未だに結果が出ていない!?
ホント何の調査ですかねぇ・・・・本音は補助金目当てのイベントなんじゃないの?(笑)
新たな概算要求の為ですか


去年ウォッチした、野生サクラマスの大産卵床帯
76mm(135フルサイズ換算121mm)での撮影です。
http://862groove.up.seesaa.net/image/CRW_3428.JPG
広角ならもっと凄まじい数ですが、場所の特定避ける為に望遠気味で
http://862groove.up.seesaa.net/image/CRW_3422.JPG「1200×800」
同じカット特大サイズhttp://862groove.up.seesaa.net/image/CRW_3422-2.JPG「2250×1500」
色温度下げて、コントラスと上げたので川底の色分かり易くしました

この場所・・・・・秋以降例のごとく重機が入って弄くりまわしてるんだけど。
それに対しては外来種憎しの道庁の面々はどう考えてるのだろうか??
水辺の現実知ってるのかね・・・
「魚道の工事する際に鮭の産卵床に配慮した!」とか下らない提灯記事書く新聞社とか
バカジャネーノ?みたいな(呆)

サクラマスに対するブラウントラウトの影響を調査する前に
自然に再生産してる河川の産卵床の分布と数調査したら如何でしょう・・・・・
その前にオマエラと同じ道の土木現業所が魚住みにくい工事しまくってるの何とかしれ!!

海は死にますか? 山は死にますか? 風はどうですか? 空もそうですか?
おしえてください・・・・・
って「さだまさし」かよ!と一人ツッコミ(笑)
【2007/03/23 Fri】 URL // カミナリ小僧 #4DOcPobI [ 編集 ]
カミナリ小僧さん、どうもです!

)う~ん・・・・何とも言いたい事は一杯あるけど。
オレも山盛りあります(笑)

大体、「〇〇調査」って名目で電気流して鱒を殺してるんですから、ちゃんと検体してデータ取るなり発表なりしろよっ!!って話しなんですよ!(怒)
それが2年も経ったのにデータが何にも出来ていないってんだから、大量に殺すのが目的で、次に殺すことを肯定する大義名分を作った時点で目的達成したかのような現状に、無性に腹が立つ!
もしこれで、誰も聞かなかったらそのまま終わらせようって魂胆がミエミエですもん!

ちなみに、彼の“お膝元”である千歳川や戸切地川では、大学機関や国とのナワバリ争い(各機関の研究対象河川として)があるので、手が出せないって言う話しですから呆れてしまいますね。。。
【2007/03/23 Fri】 URL // KABU #- [ 編集 ]
工藤氏の表情・・何か一心不乱というより取り付かれてます
この「調査」ってどれくらいの費用かけているのでしょう?
何かやることがあるでしょう?悶々とした毎日をおくるより
情熱をもって、研究に身をささげてみるとか・・まぁ、
それほど真面目だとクビになっちゃうかな・・
【2007/03/23 Fri】 URL // タッド #- [ 編集 ]
はじめまして。いつも拝見させて頂いておりました。
もう、呆れて物も言えないですよね・・・
これが調査なんて無理がありすぎかと。

今回は何匹捕獲されたか判りますか?
【2007/03/23 Fri】 URL // Mr.D #- [ 編集 ]
タッドさん、こんばんわ。

孵化場などが行っている調査(費用は解りません)は、税金を使って行われていますので、工藤氏に限らず調査に出向かれる方々は皆さん一様に真剣そのものです。
また、エレクトリックショッカーでの捕獲では、一歩間違うと操作している人までも大怪我をする場合がありますので、やはり緊迫した表情になるのだと思います。

【2007/03/24 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
Mr.Dさん、初めまして!
ようこそいらっしゃいませ!!

本当に、呆れてしまいます。
調査と言っても、検体そっちのけでショッカー掛けるんですから(怒)
本当にずさんな感じを受けてしまいますよね?

>今回は何匹捕獲されたか判りますか?
まだ当日のデータを教えて頂いてませんので分からないのです・・・・・
はっきり分かりましたら早速UPしますネ。

【2007/03/24 Sat】 URL // KABU #- [ 編集 ]
是非、ここだけでの批判で終わらないように
したいものですが・・
【2007/03/25 Sun】 URL // タッド #- [ 編集 ]
批判ではないですけれど、また何かの動きなどがありましたら、レポートして行くつもりですのでお待ちください。
【2007/03/25 Sun】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/129-25be46a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。