var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バケ鉤(タイプ:グリーン)


これ、バケ鉤って言うんですよ。
ご存知の方もいらっしゃると思います。
主に漁師が三角錐の“バケ”というルアーに近いカタチの重りを水中で踊らせ、あたかも魚がベイトを追い回しているかのような動きを演出します。
ま、バケのカタチその物がアトラクタールアーとして働きかけているとか、バケが発する反射の光だけが集魚効果を出しているとか、諸説あるようですがね・・・

そしてバケ仕掛けと連動しているこの毛鉤も同様に踊るのですから、魚はトリッキーにうごめく毛鉤を、魚に追われて逃げ惑う小魚と勘違いしちゃうワケです。

そりゃあもう海中の世界で日常起こっている、弱肉強食的シチュエーションまでも作り出すもんですから、この漁法は詐欺師の極地ですね。

また、潜行盤を用いて一定の深度をひたすら微速前進し続ける“ヘラ引き”という漁法にもこの毛鉤が使われています。

それでこの毛鉤をよ~く見ていると、何か、感慨深いものがこみ上げて来る。
何ていうか、ウン十年の漁師の重みっていうのかな?魚を釣るためのオーラみたいなモンが見え始めて、軽い目眩のようなものを感じてくる。
さらに、イジリ倒していくほどに凄みを増してくるもんだから、コレはもう堪らないんですよ。

マテリアルのアップ


ピーコックが前後逆向きに付いていたってお構いなしです。
そんな細かいところは気にしちゃイケません。
ヘッドがまばらに巻き留めていたって問題なしです。
“無骨”ってヤツですよ。

粋じゃないですか。


極太ハリス



ちなみに、しめ縄のように結ばれている極太のテグスは8号です。
切れるわきゃないんですよ。
フツーの釣りでは。
それでも沖に出れば、まるで髪の毛のようにあっさりと切れるんですから不思議なモンです。

こんな毛鉤に囲まれて過ごした幼少期からもう少しで30年。
今では西洋にかぶれて、「チェイス!」とかほざいてる・・・・

でもやっぱり頭の中では、あの頃ジイちゃんと話したマス釣りへの憧れは今も色褪せてはいない。





・・・・・続きは、例のフライです。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/112-fd255014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。