var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある河川の上流部、連日のように人が訪れて入れ替わり釣っているようです。

橋の上からは、30cm~40cmの鼻息を荒げた“発射寸前”の若い♂達がムサ苦しく慰めあっているのが見えました。
どこの世界にも、モテない男はいるものです。

男ヤモメ群(笑)

※ 白い川底に写る黒い影が魚です

そんな彼等を観察していると、一人の釣り人が上がってきました。
恐らく彼には、目の前のポイントしか目に入っていなかったのでしょう。

じゃぶじゃぶ行進


あっさりと、ごく普通に産卵床を踏み付けて行ってしまいました。
また、それに気がついた様子もありません。
きっと彼は魚篭などを持っていないところを見ると、C&Rを実践して頂いているのでしょう。
ですが、彼の踏み付けてしまった卵は生き返ることはないでしょう。
一説によると、片足で150粒~200粒の卵が潰れてしまうそうです。

踏まれた産卵床


そして潰れた卵の中身(ペースト状の油塊)が周囲の卵に付着し、そこから3日と経たずに水カビが生えてきます。
そうすればもう最悪の状況が続きます。
水カビはもの凄い勢いで成長を遂げ、産卵床全体の卵へ感染拡大してしまうのです。
そもそも昨今の河川では、魚が産卵できる場所がごく限られてしまっています。
本来河川の上流部全域が産卵床となり得るのに、今では一つの好条件が整ったポイントに複数のペアが産卵を繰り返しています。
これでは先に産卵した卵を掘り返してしまったり、一箇所で発生した水カビが重複する産卵床へと次々に感染拡大してしまうのです。

こんな話を友人に説明したところ、「自分が釣った魚がその場で死んでしまったら、目の前に間違いなく自分が殺した死骸があるのだから、罪悪感にとらわれると思う。」「しかし、砂利の下の卵を踏んでも何匹もの魚を殺したって実感は沸いてこない」と言ってました。
また、「釣り方の“ハウツー”なんかよりも、こうゆー記事とかって雑誌なんかでやってくれたらいいのに!」なんてことも言ってました。

・・・・同感です
スポンサーサイト
KABU殿はじめまして

いつも楽しく読ませていただいています、小生はKABU殿をショップで見かけたことが度々あります。そのショップで群れが入ってるからいってみみたらどうか、と進められました。小生は仕事がありましてなかなか休みがありません、だから釣れると進められると行ってしまいます。店主殿も死なないから大丈夫だと教えてくれました。店主殿は海外にも何d回も行っておられるし、サトウセイジ殿も訪れるショップですから信頼できます。KABU殿もそこで釣って楽しめば分かると思います。
【2006/12/28 Thu】 URL // 風来坊 #- [ 編集 ]
ちょっと待ってよ! 割ってはいるけどごめんね!
なんていうか、釣るか釣らないかってことのような気がする
別に釣ろうが釣らないでいようがどっちがどっちってことはなくて・・・
たとえば私なら車でさっとつけて手軽なこんな場所で
この時期にというのもある・・・とは言え、ちょっかい出したこともある
「ふぅ~ん、そうなんだぁ~」程度の展開でいいのでは・・・
どっちを納得させる必要もないし、どっちの側にたって話ことでもない
軽くいきましょうよ!
私なんか先日も釣りしていたら、足元にまだ鮭がいて
思わず「アチャ~ぁ」ってなことになりました。
で、そこでは次からは釣りしない・・・っと・・・だからって誰かが許すとか
鮭の卵がどうなったかなど検証できないのだけれど
「やさしさ?」って勝手に自己満足してます
【2006/12/28 Thu】 URL // タッド #- [ 編集 ]
むしろこの場に参加する人ってマジメなんだよね
世の中「関係ない」って人の方が多いのだから
むしろ意見を述べるもの同士で意見を闘わせる必要がないと思う
・・・って参加する私!おせっかいでマジメなんです!
ただひとつ、私が割って入った理由は、
「見かけた」のであれば、この話はどこかよそでしてほしいかなぁ
だって、それって多数対個人の関係になるでしょう
仮面舞踏会と東紀之ってこと?!・・・ワケわからないでしょう
そう!ワケわからなくなるからね!
追伸:これ!編集のやりかたわからなし!!
もう一度書いちゃった!かっこわる!
【2006/12/28 Thu】 URL // タッド #2ZCtwmO. [ 編集 ]
初めまして、風来坊さん
書き込みありがとうございます!

さて、なんて言いましょうか・・・・

どのような場所と季節に於きましても、法律(各都道府県の条例、管理している漁業共同組合の規則も含む)上に問題が無ければ、河川・湖・沼で魚を釣ることは、個人の自由です。(個人の所有地を除く)
ですから、そこに誤解を招くような表現がこのブログにありましたことを深くお詫びいたします。
また、私が言いたい(私個人のブログ上からのメッセージ)ことは、「釣ることが悪い」とか「釣らないから偉い」とかではなくて、「知らぬ間に魚を殺している(減らしている)時がありますから、ご注意下さい」ってことなのです。
これは、「魚を減らさない⇒将来的に魚が増える⇒釣り場が潤う⇒皆が楽しめる」と、短絡的な図式を書いちゃいましたが、結局は“釣り場を守ること”に繋がることだと思います。
そのことに付いては、タッドさんからもあるように「意見を闘わせる必要がない」と私も思いますし、その必要性も無いと思います。

そして、風来坊さんが書き込んでいました「店主殿も死なないから大丈夫だ」に付いてですが、これが親魚(産卵可能な成魚)であるならば、ストレスを極力避けるようにしてリリースすれば生存率は高く、店主さんがおっしゃる様に大丈夫だと思います。
しかし、お腹の中にある卵はどうなのでしょう?
また、魚ではなく、踏み付けられた発眼卵に関して言えば、殆ど絶望的だと言って良いと思います。

>KABU殿もそこで釣って楽しめば分かると思います。
えぇっと、正直に言いますと、私の今現在の価値観の中では、その釣り場でその魚(産卵中の親魚)を釣ることに、あまり喜びを感じることはありません。
ですから、風来坊さんがせっかくお勧めして頂いても釣りに訪れることは無いと思いますし、仮に釣ってみても楽しいとは思えないのが本音です。

なんだかカタイ話しになってしまいましたが、風来坊さんこれからも宜しくお願いします!

【2006/12/28 Thu】 URL // KABU #- [ 編集 ]
そう! 面と向かって話し合ってください!
わっかいんだからぁ~もう!
意外に傍から見てるとお互い言いたいことばかり言って
意見がかみ合ってない・・・もっと意見を闘わせなさい! はぁ~!?
でしょう?!
【2006/12/28 Thu】 URL // タッド #- [ 編集 ]
タッドさん、こんばんわ!

的確なご意見、本当にありがとうございます!!
決定的に相手の行動を変えたり、思想までも変えようなんて、これっぽっちも思っていません。
タッドさんがおっしゃってくれたように、「ふぅ~ん、そうなんだぁ~」くらいのニュアンスで、受け止めてくれるだけで私も満足なんです。
ましてこんなちっぽけなブログが多大な影響力なんてもっているワケないですしネ!(笑)

>「やさしさ?」って勝手に自己満足してます
それでイイと思います。
それで自分の中のメンタリティーに自分で納得し、楽しめているのですから。
そんなタッドさんは、カッコイイですよ!
【2006/12/28 Thu】 URL // KABU #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kawanikki.blog57.fc2.com/tb.php/104-61919fa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。