var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは先月の事・・・・・

ある朝、一匹の野良猫が市場の罠に掛かってしまった。

その子は毎晩のように、市場の中卸問屋さんの中に忍び込んでは悪さをしていた。
そして明け方、社員の出勤時間よりもやや早くその場を離れるのだが、なぜか帰り際にはシャッターの真ん前にウンチをして帰ってゆく。

・・・・これがけっこうクサイ(汗)

毎日ウンチの処理をする社員の皆さんは怒り心頭。
この野良坊とて、見つかったらただでは済まない。
なにせエアーガンまで持ってくる社員もいるのだから・・・・

たまりかねた社長さんが市場の管理事務所にお願いして、函館市の保健所からネコ用のボックストラップを借りてきた。
エサは奮発して、マルハのちくわを1本丸ごとトラップ台の中に仕掛けたそうだ。

翌朝・・・・

「フェェェゥゥゥゥゥゥウ~~~~~ッ!!!」

野良猫のトラ次郎(仮名)はマルハのちくわに誘われて、まんまと檻の中に入れられてしまいました。

社員の皆さんは出勤早々ご満悦な顔でトラ次郎を睨み付けます。
「ハァゥゥ~ッ、ハァゥゥ~ッ!!」と威嚇し対抗するトラ次郎ですが、時すでに遅し。
頑丈な鉄の檻の中からはどうする事もできません。
檻の端に身を寄せ、体を最大限に小さく丸めて震えるしかありませんでした。

ここまで来ると、あとは保健所へ強制送還された後、数日間の拘留期間を経て運よく保護観察者が見つかればそのまま執行猶予を言い渡されるのだが、凡そ95%は死刑宣告を受けるのである・・・・





だが、我等お魚屋さんはそんな冷酷無比なヤローなんかじゃない!
口は悪いし、見てくれもゴロツキ紙一重(笑)
いつも大声で怒鳴っているか酔っ払っているかの“おっかない”な生き物なんだけど、心根はとっても温かいのである。

このトラ次郎、このままでは殺されるってことは先刻承知なもんで、魚屋さんらがお願いし管理事務所のオッサンらで遠く離れた緑の島に運ばれ放された。

まだ幼さが残る顔つきのトラ次郎だが、殺されるよりはあの広大な空き地へ放された方がマシってもんだろう。
まだまだ寒い日が続く函館だけど、なんとか生き延びて元気に育ってほしいもんだ。

・・・・と、運ばれてゆくトラ次郎を見送りながらボクと魚屋さんで話していたんだけど、今朝になって何者かが問屋さんの前でウンコを放置したらしい。
しかもそれは、細くて少量でケツを拭いた紙はない。






・・・・・トラ次郎、オマエやるなっ♪












スポンサーサイト
先日、恵庭さけます・内水面水産試験場にて内水面資源部長の杉若さんと座談会形式での協議会がありました。
 
NPO法人:渚滑川とトラウトを守る会の皆さんや千歳を中心に活動している『ふる里の自然を考える会』、オホーツクに面したエリアからはアングラーズアクト、などなど錚々たるメンバーが集まり、昨今の内水面遊漁事情を改革したいとの思いがカタチとなったわけです。


川守りの理想へと語られる・・・・・


今まで水産行政と一般遊漁者とは“油に水”とも言われてしまい、行政側からは「遊漁に関してはドロ沼に足を踏み入れるようなもの!」とさえ言われていました。
しかし今回相談に乗っていただいた内水面資源部長の杉若さんは、今まで対立構図を助長し、最もたる河川利用である釣り人を軽視してきた人種とは違い、常に“釣り人が求めている事”に耳を傾け、何を変え何処を保全することが両者間の調和に繋がるのか?という姿を見せてくれました。

一昔前までは“遊漁者側からの要求”と、“行政側からの押さえ込み”とがぶつかり合うだけだったフォーラムや協議会で、険悪なムードが会場を包み込む場面ばかりが散見されていました。
しかし、遥か先を見据えた改善策を念頭に置いたとき、こんなにも協調性のある話し合いができるものなのだということも杉若さんから教えて頂いた様に思います。


書記長さん、お疲れ様!


どの顔ぶれも、腹の中は皆同じ。
「川が、魚が、今スグ何とかしなければ!!」と、危機感を抱いたま暗中模索の中でもがいて来た連中ですもん。
熱い意見の応酬と、食い入るように皆の話に耳を傾けます。
どこに当面の目標を置き、どの方向へ進むべきかを示唆して頂いた杉若さんに、会場の参加者は奮起を隠せない様子でした。

議題は多方面に及んで・・・・・


「なんとかしなきゃ、北海道!!」と言われ20年以上の月日が流れましたが、何にもしてなかった北海道におぼろげですが一筋の光が差し込んだ瞬間だったように思います。

この度の具体的な方向性はこの場では書くことが出来ませんが、このような機会を与えてくださった各方面の有志達に心からお礼を申し上げたいと思います!!
そして、いまだくすぶっている釣り人有志がいつの日か大きな力に生まれ変わり、行政を動かせる日が来ることを願っています。

誰にだってその力はあるのだから・・・・・







そして、変わっていくことに唾を吐く人へ・・・・・


「動かなけりゃ変わらんよ?」


「人を指差してばかりじゃ魚は釣れないってことサ」


「お互い、魚は釣れた方がイイに決まってるんだからサァ。。。」




















今年の初めからテンションを下げまくるエントリーでしたから、そのままダラダラ・ウダウダと過ごしていました。

気が付けばもう2月。
ボクは未だにお魚を手にしていません(汗)
ってか、釣りそのものが成立していません。

・・・・・だって、寒いんだもん(笑)

正月から2~3回漁港に行ったんですがね、そりゃーもー猛吹雪。。。
外に出て5分で心が折れました。

そんな中、普段は暖房の効いた屋内で事務職をしているコヤツ、寒さには弱いだろうと思いきや、ところがどうして滅法強い!
猛吹雪の漁港に立ち込み、懸命にキャストを繰り返します。

猛吹雪の中で・・・・


彼のタフさに呆れていると、一人だけちゃっかり釣り上げます。
それもボクのフライで・・・・
同じフライを使っているボクにはサッパリなのにです。

よほど釣れたことが嬉しかったのでしょう、ヘンな踊りを見せています。

妙な舞・・・・


怪しい舞を見せた後、次々と魚を掛けています。

・・・・・再び舞ます。

アノ踊りでボクのテンションは急降下してしまい、そそくさと車に戻りました。



もうそろそろ海況も落ち着きを取り戻してくる頃です。
番長が大好きだった松前の浜辺で、ゆっくりと竿を振れる日ももうスグですね!

浜辺でボクを見かけたら、いつでも声を掛けてくださいネ!










// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。