var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日おしらせした千歳川に於いて、今朝の北海道新聞では「千歳川上流 釣り一部解禁」と題されて書かれています。

コレを読んで、「ラッキー、ポイント拡大でデカイのがウハウハ?」やら「ヤマメ捕り放題じゃん!」なんて考えてしまった浅い方も居るかもしれませんね・・・・

決定を下したのは道内水面漁場管理委員会。
理由は、異例の長期化した禁漁措置を見直したカタチのようだが、これには地元の各組織団体から様々な意見が寄せられている。
ご存知だとは思いますが、ふる里の自然を考える会・千歳発さんや千歳川を取り巻く環境団体多数からも意見が寄せられていました。

その意見の内容を見させていただくと、とても建設的でありまた将来への展望も含めた整合性がある意見ばかりとなっていました。
今後の維持管理等へも波及した代替案もあるようでしたし、次世代へ繋ぐための大切な水辺としての視点からは、釣り人の意見よりも最重要視しなければならないとも思わせる部分もありました。

道内水面漁場管理委員会はいったい何を考えているのか、何を問題として解禁措置へ踏み切ったのか、是非とも議事録の公開を望みますね!
ま、以前の外来魚関連での議事録では???な部分ばかりでしたけど・・・・

行政の不透明さが浮き彫りになる昨今、不祥事が続く北海道行政も、なんだか解らない人達で構成されている漁場管も、決定委員会で一般公募枠なんかがあれば今後は変わってくるのかもしれませんね。

とっても後ろ向きな北海道の内水面を取り仕切る方々に、深い落胆と、その石頭に強い憤りを覚えてしまう朝刊からの記事でした。







彼等からの意見を読んでもイマイチ想像を巡らせられない方、YesかNoかの二者選択しかできない方、
・・・・・・申し訳ありませんが、どこぞの誰かさんと一緒にトーフの角に頭突っ込んで下さいませ。








スポンサーサイト
オマエらお呼びじゃないんだよっての!!
イイ加減にしねーと、背中からカチ割って塩塗して干しちまうゾ?

帰ってよろし・・・

ほんの少しの時間を作り出し小規模なダム湖を覗いたけれど、ライズも見られず竿を出す気にもなれません。
そろそろシロタニとエルモンがお目当てのハッチ河川は、エサ釣りの先行者が3人も・・・(汗)
もうそろそろ川釣りにシフトしたかったのに、こんなんじゃねぇ。。。

まぁ春が早い道南の宿命とでも言いますか、解禁前に血眼になってヤマメを探すバカ親父どもには目も当てられません。
ヤツラは「銀毛が一番ウメー!!」とかほざいてヤマメ駆除でもしてんのか?ってくらい抜いて行きますから(汗)
一度でいいから、バカ親父どもが解禁前に持ち帰るヤマメの総数と、放流されたサクラマス幼魚の総数との比較パーセンテージを見てみたいもんです。
できれば「ブラウンがヤマメを駆逐している!!」とか言い切っちゃってる方と、同じテーブルでネ!
おっと、そうすれば今度は「全ては釣り人が原因だ!!」とか言い出して、締め出しくらいそうでヤブヘビになっちゃうか(笑)



んで、結局流れ着いたのはとある海岸線。
この日も“ホの字でフィバーデー”となり、欲求不満が更に募り寂しい帰宅となりました。
市場ではこんなにサクラマスが捕れているのに、ボクには掛かりません。

奥の積み上げてる箱も全部サクラマスです!

こんなに居るんだから、少しくらいボクにも楽しい思いをさせてくれたってイイじゃない!

「ケチ~~~~!!」

と、叫んでみるKABUでした。




「リル日記」

最近はスクスクと育ち始めて、我が家に来た当初とは見違えるほど“お兄ちゃん”になってきたリルです。

ボクもうお兄ちゃんなんだぞ!!

イタズラも遠慮なくやらかしてくれるほど(汗)
最近のお気に入りは、友人夫婦から頂いたリル用の洋服をクシャクシャにすることのようです。
天真爛漫なリルの行動には、時には頭を悩ませますが、ウルウル瞳の「キュ~キュ~」でイッパツで吹き飛びますすね。
親バカ丸出しです(汗)

お気に入りをアグアグ・・・・


家で遊んでばかりなのでちょっとお散歩ギライになり始めたようですから、甘やかすばかりではなく、キチンと躾けて外遊びの好きな子に育てようと思います。

まったく人見知りをしない犬ですから、全ての来客にはお腹を見せてジャレ付きます。
一緒に遊びたい方は、いつでもリルに合いに来て下さい!!









いえね、前々から思っていたんですよ。

「もしかして、オレって上手なんじゃないの?」なんてサ。

薄々感じるモノってあるじゃない?
なんかこー、野性的なヒラメキってのか無意識に誘われている、みたいなサァ。
他人の追随を許さない領域にまで近づいているんじゃないか?って思っちゃったワケですよ。
「魚に好かれる!」って領域にまでサァ。

ま、朝イチに“パパッ”っとサクラマスなんぞを釣ってから、10時くらいに始まるフタバのハッチ&ライズでもやろうと思い、気楽な気持ちで出掛けたんですわ。
ホントーに気軽なつもりでね・・・・・




この日は気合?のam2:30起きで、日本海を目指しました。
“トラック野郎一番星”のテーマを口ずさみながら、薄明かりの中に広がる日本海に付いたのは午前4時過ぎ。
波高は低く、しかし岸際にはいくつかの潮路が見られる絶好調の海峡。

静寂な浜辺

「コレで釣れないんじゃー、今年はソルトは辞めた方がイイ」ってくらい釣れそうな気配がムンムンで御座いました。
跳ねやボイルは無いものの、魚ッ気はヒシヒシと感じられる海面。
皆同じ気配を感じているのか、ルアーをぶら下げた釣り人が、思い思いの場所へ入っていきました。

ボクも過去に取り逃がした思い出の場所から振り始めます。

近くのブッコミおじさんが慌しく動き始めました。
良型のアブラコなんかが掛かり始めたようです。

オッ?!

どうやら海の中では一気に活性化し始めたようです。
こんな時にはサクラマスの前にアメマスが掛かる場合が多くなりますが、それとてこの時期のアメマスは全てが大型ですので、まぁ文句はナシという所でしょう。
たまに掛かるチビなアメマスだけは勘弁して欲しいとか思いながら、ブッコミおじさんをパスして潮路の中へフライを投下致しました。

「・・・・・ググッ!」

決して強いバイトではないのですが、しかし繊細にボクのフライを押さえ込むような小さなアタリ。

「サクラか?」

ちょいと間を空けて、鋭くフッキングするボク。
そしたらアンタ、水面を「ポチャッ」とホッケが跳ねやがります。

・・・・・これが始まりでした。

200メートルも展開しないうちに「ホの字フェスティバル」が開催されてしまいました。
その数20匹くらい(汗)

ロウソク・ホッケ君

流れ藻の下、海草の脇、潮路の上下、沈み根の中。。。

とにもかくにも、体長20cm~25cmくらいの煮ても焼いても食えないような、どーにもならん魚ばかり!

ちったぁマシな魚でも連れて来い!!


呆れ果てて、大きく展開しようと500メートルほど離れたワンドへと移動しました。
セッティングをしている最中、どうやら隣でルアーを振っているお兄ィちゃんがサクラマスを釣り上げたようです。
サクラマスの群れは、ボクの方へ向かっていると読み、光量と水深を考慮してラインをタイプⅢに変え、がぜん気合を入れなおしてリトリーブいたします。

すると、これまた気合の入ったホッケがボコボコと釣れて来ました。

・・・・・心が折れましたね、ハイ。

その後も、投げると“ホの字”、引っ張ると“ホの字”、ロッドティップから2番目のガイド部分までが曲がるくらいの“ホの字”地獄がエンドレス。。。

「もう今日は帰ろう・・・・」とか思い出したところへ、今日イチのビッグなアタリ!!

ようやく来た!!と、思ったのもつかの間、ドロッパーに“ホの字”のダブル。。。

よく釣れましたわ。。。ホの字がねぇ。。。


いえね、前々から思っていたんですよ。
「もしかして、オレって上手なんじゃないの?」なんてサ。
ザコを釣らせたら、ピカイチなんじゃないの?ってサ。
なにせ、ヘタレが背伸びをしたところで、所詮ヘタレに毛が生える程度のモンでしょうから。





・・・・・今度、シーズン前にはお祓いに行ってからにした方が良さげなKABUでした(涙)






最近は諸事情によりバタバタと忙しくいているKABUですが、相変わらず釣りには出向いております。
ま、そのうち時間が取れればその時の釣行でもUPしようと思います。

さてさて、皆さんは【水産物函館地方卸売り市場】の中を覗いた事はありますか?
恐らくは殆どの方が見たことはないと思います。
もちろん市場内で海産物を買い付けるには、キチンとした買い付け人の許可証などが必要となるワケですが、ご存知の通り、ボクは家業として祖父の代から鮮魚店を営んでいるので、許可証もあり毎朝セリに参加しています。
(見学は、管理事務所へ伝えるとカンタンに入場:見学許可証がもらえます)

そこでここ最近の水産物業界でのお話をしてみたいと思います。

世の中の経済状態がモロに反映するのがこの業界(連鎖倒産なども多数起こります)でもあるんですが、それはスグに水揚げされた鮮魚の価格帯にも影響を及ぼします。

こんなカンジ↓

世の中が不景気 → お父さんの給料も減少 → お母さんは買い物を渋りだす → お魚(他の食品も)が売れなくなる → セリでの単価がトーゼン下がる → 漁師は採算割れで生活に苦しむ → 水産業界全体が疲弊してくる

こうなると、鮮度の良い地物の魚ですらとんでもないくらい安い値段にまで落ち込みます。

泣く泣く在庫処分の投売り状態・・・・

在庫をもてあます問屋さん。

黄金に輝くガゼ(バフンウニ)です!

こんな極上のウニですら、過去最低の値段。

ウニのセリも、なんだか覇気が感じられません・・・・

函館は【下げ競り】のシステムなんです!

殻付きのウニなんて、買い受ける業者がいなくなりました・・・・

殻の中には身がいっぱい!

牡丹エビなんぞ「誰か買ってェ~!!」と、投売り状態です(汗)

ボタン海老の押し売りが続くのである。。。

美味しいエビなのにねぇ・・・・

大型のタラなんぞは、見る影もなく(涙)

今のタラは美味しいよ!


そして、皆さんには「高価でなかなか口に入らない・・・」と思われる方も多いサクラマスですが・・・・・
ハイ、最安値更新中!

誰も関心を寄せませんってば(汗)


「地産地消が望ましい!!」なんてキレイごとを言ってる場合じゃございません!!ってくらい消費低迷が続いています。

さて、ここで皆さんへ質問ですが、孵化放流事業で造られたサクラマス達の約2%しか回帰していない現状で、これ以上の資金を投入し、研究を重ね回帰率を上げることへの執着は必要なのでしょうか?
近視眼的に、「今は不景気だけど、今後の経済状況が上向いた場合に価格帯が上がる可能性が・・・」と言われる方も居るかもしれません。
しかし、同時に“豊漁貧乏”へ陥る可能性も生まれるワケなんですよ。
(豊漁貧乏:漁獲高が上がる事により、市場の価格帯が落ち込むことで漁業者への利益が下がること)

もうボクが言いたいことは解ると思いますが、サクラマスだけを増やしたところで恩恵を受けるのはごく一部の人でしかないワケで、それであればその資金の転用を考え、河川の生産性を上げることでサクラマス以外の河川資源や海洋資源にも好影響を生むのですから、長期的な展望を持って孵化放流事業も路線変換する時期に来ているのでは?ということです。
加えて言いますが、決して魚が捕れなくて船を下りる漁業者ばかりではありません。
正常な価格が付かないことで、労力を失う漁業者も多いのです。
昨年のサケの回帰時期が大きく遅れたことにより、品薄の状態から高値が続いた相場でしたが、後半からは安値が続いてしまうような事態に陥りました。
これでは高い相場であっても、水揚量が少なくては儲けが少ないのは当たり前。
しかし大量に水揚げされたときには、相場が下がり、儲けそこなう事態に・・・・

こんなことを繰り返している北海道水産業は、北海道の根幹産業として一部の人間にしか恩恵が生まれないような事業にテコ入れをして、全ての人々へ利潤が生まれる事業を推し進めなくてはならないでしょう。
テコ入れが、「サケの回帰時期の操作」などではないことを強く望みたいですわ!




・・・・・・って言っても、北海道ではサケマス事業とは“神格化”されている事業という側面もありますから、ラクショー構えて危機感など持っていない輩も多いことでしょうね。










未だに「【道南の川を考える会】は熱狂的にブラウンを支持していて、駆除に対しては過敏に反応する!!」と思っている方がいるようですが、まずコチラをご覧下さい↓

【カミトク日日新聞】より


また、2008年の戸切地川における外来魚(ブラウントラウト)現地検討協議会では、戸切地川に於ける道側からの明らかな悪影響というものが発表されず、他河川の特殊な事例を用いただけの発表であったにも係わらず、漁業者感情に配慮してダム下からの駆除には合意したはずです。
更には、遡る事2004年の12月、静狩川で行われた地域協議会でも同様の意味合いで駆除に合意している。
なのに、なぜこのような言われ方をするのですかね?
第一、この駆除に合意した際には我々釣り人からは「駆除に併せて周辺環境を整える」という在来魚が復元されるように公約を取り付けているのに、戸切地川に関しては、「在来魚復活の道筋として、まず下流域の孵化場堰堤下に溜まるサクラマスは上流部に上げ、且つ魚道設置の要望を道・増協・市・釣り人が一体となり精力的に行う。」とまで言っておいて、道側からの結果報告が全く無いのはどういうことですか?

更には「戸切地川の周辺環境を整えるために、上磯漁協長さんと話し合いの調整を図りたいから会わせてくれ!」と頼んでも一切会わせてはもらえず、「非公式で結構だから、何なら私が組合長さんのご自宅へ伺いますから、コンタクトを取ってくれ!」と何度頼んでもナシのつぶてはどういうことなのですか?

周辺から聞こえてくる話には「道南の川を考える会は、もし環境を整えられたら駆除でもイイよ!」なんて“優先順位を操作して駆除を引き伸ばしているだけ!”なんて声もある。
しかし現実には、話し合う行政側が兎にも角にも駆除が先で“環境の復元&保全&改善”なんてのは、駆除を決定付けるためのその場しのぎの口約束にしかなっていない。
実際そこには優先順位もヘッタクレもなく、駆除のみがあるだけ・・・・

これじゃ「駆除!!」「駆除!!」と駆除だけを叫び、望んでいるだけの行政にしか見えてこないのはボクだけではないだろう。

そんな経緯も知らないで、「ブラウンだけを支持している」とか「熱狂的外来魚信者である」とか言い切っちゃう人の底の浅さが見て取れますわ(笑)



NPOとして底が浅いと失笑を買い、屁理屈ばかりとコキ下ろされた組織団体が、行ってきた活動の一部を記しますので、失笑したアナタと軽視しているアナタ、よくお読み下さい。


「NPO法人 道南の川を考える会」は静狩川・戸切地川・鳥崎川での各検討協議会において、駆除が必要と思われる区域の駆除には同意し、検討が必要と思われる区域については調査を継続して貰いながら現在も協議を続けています。

そもそもこの協議のテーブル自体、行政からお膳立てされたものではなく、釣り人側からの働きかけによって地域の意向を聞く場として開催を強く要請し続けた結果漕ぎ付けたものです。

「NPO法人 道南の川を考える会」は法人格のある遊漁団体としてこの問題を真正面から捉え、水産行政・さけます増協・漁業者等と調整を図りつつ、外来魚駆除のみに終わらない河川環境改善策を同時に導き出しています。










ようやく自分の時間を少しだけ持てるようになりました。

さてここでいきなりですが、NPO法人「道南の川を考える会」が新年度を迎え、新会員の募集も含めて新たな活動を開始いたしました。
会員になる前に、「この組織がどのようなNPOであるのかを知りたい!」と思われている方は、ぜひコチラのメールアドレスへご連絡下さい。

連絡先はMailタグをクリックして下さい!!

ここで、ボクの方から少しだけこのNPO法人「道南の川を考える会」の説明をさせていただきます。

発足以来と言いますか、発足以前と言っても良いくらい昔から張られ続けているレッテルが「熱狂的ブラウン(外来魚)支持派」の集合体で、ことあるごとに「ブラウントラウトを1匹たりとも殺す事はまかりならん!!」やら「北海道中にブラウントラウトを増やしまくれっ!!」と狂信者のような活動を続けている組織であると言われてきました。
まぁ、未だにそのように思われている方も見受けられるようです(笑)
そこで、活動の内容を掻い摘んで明記してみたいと思います。

① 養護施設の子供達と、河川体験学習
これは、魚種に係わる「アノ魚はダメで、コノ魚はヨロシイ」といった学習などでは断じてなく、川に接する機会が殆ど無い子供達へ、川遊びのエキスパートである釣り人が、危険な状況や安全に遊べる状況、そして川の怖さと優しさを体感してもらう事を念頭に毎年開催しているものです。

② エゾイワナの人口産卵床の施行
これは、北海道が誇る天然在来種の宝でもあるイワナが、心無い一部の人々(主に津軽海峡のアッチ側から来る輩)によって壊滅的なエサ釣りローラー作戦を受け、資源回復に時間が掛かると思われる河川に、流域にある風倒木を使って造る産卵用のポイント造りです。

③ キャッチ&リリースエリアの充実化
これは、遊漁者が楽しめる川造りの一環として、イワナやヤマメを保護しながら釣りを楽しめるよう利用者への周知も同時に行いながらの川造りです。


その他にも、様々な活動やデスカッションの場があったり、楽しい飲み会があったりなど、釣り人の輪を広げるにはうってつけの場でもありますので、どうか皆さんからのコンタクトをお待ちしています。












4月~5月に掛けて、色々と舞い込んできた所要でしばらく更新できなかったら、スポンサーサイトの広告が上がってるし。。。(滝汗)

4月には、東京の友人等との松前釣行、5月には、あり得ないほどのサクラマスの豊漁シーン、その他にも「リルの成長日記」などなど、エントリーでアゲたいことが一杯あるのにもう少し掛かりそうです(涙)

時間が欲しいよ~!!





・・・・って、もうドライフライのシーズンじゃん(汗)






















// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。