var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは以前のエントリーでも言いましたが、恵庭の孵化場内水面資源科長さんからボクラが直接伺った言葉です。

「ヤマメのリリースなんて、意味無いでしょ?!」
「みんなどうせ死んでしまうのだし」

「そもそも河川残留型のサクラマスは、漁業資源には影響ない物」
「ま、アンタラがそうしたいのであれば、別にイイんじゃないですか?」
(キャッチ&リリースを指す↑)

内水面の資源量を増やし、同時に健全に育むことを目的とする部署の現場を総括するべき科長さんから、このような言葉を聞いたときにはボクの心の中で【落胆】というよりも【驚き】の方が大きかったことをハッキリと憶えています。
ボクラは、釣り人として、資源量の減耗を食い止めながらも楽しめる方法。
言い換えれば、水産行政や漁業者とも折り合いが付く遊漁の在り方を模索していた矢先のこの言葉に、深い喪失感のような物に包まれました。
他の各孵化場に勤務されている職員の方々は、各組織で行う「サクラマスの発眼卵放流」の際にはとても親切にアドバイスを頂いたり、都合が合わない場合などにも便宜を働いていただいたり、時には現在の河川の状況の資料などをお見せして頂く等、河川資源に対する思いやりを強く持ち合わせている方々だということを、誤解のないように付け加えておきます。


昨今のレジャーフィッシングでは、テンカラ・ルアー・フライ・エサを問わず【キャッチ&リリース】という行為が浸透してきています。
その意義は個々の釣り人によって様々な捕らえ方をされていて、「また釣りたいから」 「どうせ食べないから」 「殺すのが可愛そうだから」などなど、実に多様な捕らえ方でリリースという行為に同意して、魚を流れに戻しています。
当然、ヤマメ(河川残留型サクラマス)もリリースの対象となっていて、多くの方がその行為に同意をしています。

それでは、果たしてヤマメをリリースすることは全く無意味なことなのでしょうか?
本当に「みんなどうせ死んでしまう・・・・」のでしょうか?
内水面資源(サケ・マス)に於けるエキスパートが言うのだから、その言葉には間違いは無いのでしょうか・・・・・?
0.1%の生存率(残存率)も有り得ないということなのでしょうか?



では、コチラをご覧下さい。

口切れサクラマス


上顎下顎共に大きな欠損が見られます。
一部、赤く擦り切れている場所は水揚げの際に網やタモなどで出来た新しい傷です。
(傷口の出血及び内出血にて、傷が出来た時間の誤差が解ると思われます)
正常な口周りの成魚と比べてみてください。

正常なクチビル

このように、釣堀などで非常に良く見られる上下の顎に陥没したような傷を持つサクラマスやアメマスは、函館の市場で結構見ることができます。
どの時期に傷を負ったのか(釣り針に掛かったのか)は不明ですが、少なくとも一度釣り針に掛かった魚でもちゃんと生き延びて漁業資源として役立っていることが実証されたのではないでしょうか?
また、今回は残念?ながら網に入ってしまい“漁師の稼ぎ”になってしまいましたが、もし生き延びていれば、産卵に参加して沢山の子孫を残し、河川資源及び漁業資源にもプラスの影響を与えたことは想像に難しくありません。


ですから、どうか冒頭のように「リリースなんて意味が無い」というような考えや、「どうせ死ぬんだから」などといった考えを持っている方は、今一度思い直して欲しいものです。











スポンサーサイト
先日のエントリーでは「初心に戻って、何にも考えずにキャンディーとゾンカーをブチ込んでみよう!」などとのたまっていましたが、舌の根も乾かぬ内に磯場ではこんなフライで・・・・・(汗)

黄金に輝く魔性のヌル艶

特に何をイミテートしたってワケじゃないんですが、海中の海藻類の根元付近などに見られる甲殻類の、特にエビの類を具現化したらこんな風になっちゃいました。
主だったシュリンプパターンなどは、アメリカの『ネ申』と称されるおじ様達なんかがずいぶんと発表してくれましたが、ボクが見た一部のパターンでは、どれもこれもいまいち「ビビッ!」とこなかった。
もちろんそのパターン群は全てがパーフェクトなシロモノなんですが、それをそのまま日本海へと転用するには気が引けると言うかなんと言うか。。。

んで、最近TMC社から発売されている 『ペレットダブ』 の質感とファイバーの柔らかさを持ってしたら、こうなりました。

半透けがキモ!

半透明でツヤツヤ感がハンパないっしょ?
して、あえてボサボサにしているボディー周りのファイバーがより一層のエビっぷりを演出している(笑)

この微妙なまだら加減がイイのぉぉぉぉぉ♪

パラリとハックリングしたコックのヘンもイイ感じのシマシマ模様を浮き立たせています。
パッと見はダッサダサの3軍フライにしか見えませんが、なかなかどうして、これが日本海では効きますねん。
あ、もしかしなくても淡水でも効きました。

とまぁ、春のウララに誘われて、アホなフライばかりを巻いているKABUですが、ラ・フォンテーンのシュリンプパターンがKAWASAKI の Z1 だとしたら、ボクのこのフライはKAWASAKI の KH くらいだと思っております・・・・・ 
今宵、自画自賛マルダシのエントリーでした。

かしこ










気が付けばもう4月になっている。
海アメの釣りも、折り返し地点を過ぎる頃だ。

この日、ようやく2010年の日本海がスタートした。

折しも西の風が吹き降ろし、決して楽なコンデションではなかったし、魚の活性も低く、終日タフな状況を強いられていた。
思うような展開もできず、竿を振れる場所すら限定されがち・・・・

ポジティブな思考回路のシト(笑)

諦めなかったのは、この友人のお陰。
それぞれ入るポイントで、「出そう!」「釣れそう!」と、目を輝かせ颯爽とラインを繰り出し攻めて行く。
4月まで日本海での釣りは“オアズケ”を食らっていたボクなのに、「もう少しゆるいコンデションで・・・・」などと軟弱な言葉を口にしている(汗)

とりあえずゲット♪

どんな時でも『釣る気でいる』釣り人には、やはり女神は微笑むのだ!!
微笑んだのは“泣き尺アメ”だったけどね(笑)

それでも友人と語らいながら、笑いながら、真剣に狙いながらの釣りはやはり格別に楽しいもの。
遅ればせながら、ボクにも女神が微笑んでくれたようだ。

コイツは大きくなるわ!
(※ こんな頬っぺたに模様が入っているのは大きくなるタイプ)

海アメと言うにはあまりに小さなサイズだったけど、ボクには十分楽しめた魚だった。
普段なら表情一つ変えずにフックを外しリリースするサイズだけど、本当に待ちわびたこの日、快晴の空の下で広大な日本海へ向かって打ち込むフライに反応してくれた貴重な魚だっただけに、本当に嬉しかった。
ようやくボクにとっての春の松前釣行が幕を開けた日だった。

ボクラのゲン担ぎ、セイコマみかんジュース(笑)

・・・・ちなみに魚が掛かったのは、フライパターンでもキャスティングでも潮路の読みでもなかったのです。
全てはコレ↑のお陰。
海モノを呼び込む魔性のドリンク。

って、くだらないジンクスが」また増えちゃったなぁ・・・・・(汗)









// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。