var data = '&r=' + escape(document.referrer) + '&n=' + escape(navigator.userAgent) + '&p=' + escape(navigator.userAgent) + '&g=' + escape(document.location.href); if (navigator.userAgent.substring(0,1)>'3') data = data + '&sd=' + screen.colorDepth + '&sw=' + escape(screen.width+'x'+screen.height); document.write(''); document.write(''); document.write('');
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コパーワイヤーが大好きです!

デスクの中には、大小様々なコパーワイヤーがひしめいている。
なんと言ってもダビングされたマテリアルの中で、チラチラと見え隠れする、あの激シブな重量感ある鈍光の輝きに、たまらなく惹かれてしまう。
なんとも言えない陶酔染みた気分にさせてくれるマテリアルだ。
我が永遠の教祖(勝手に言ってます:笑)でもあるソーヤー御仁の巧みの技を垣間見たとき、“ビビッ!”っと来ちゃったもんだから、当然その手のフライは増えてしまう(笑)

コパーワイヤー群です!

でね、ここだけの話、ニジマスってコパーが大好きなんですよ。
いえね、なんてーのかなー、本能的な部分にダイレクトに訴えているんではあるんだけど、それがイコール、アトラクターってワケじゃないんだなコレが。
説明下手で申し訳ないんだけど、結局「釣れるマテ」の中で、日本代表ボランチか?ってくらい必要なマテなんですね。
ブラッシー然り、コパージョン然り、ソーヤーニンフ然り。

僕の数少ない経験の中のひとつに、乾燥地帯を流れるユスリカの川で、バンクサイドをゆっくりとクルージングしている数尾のニジマスを見付けたんですよ。
中でもひときは大きなヤツがいて、体色がハッキリと見えるくらいのところで「バクバク」やってる様子から、敬意を込めてそいつの事を「シルバーサイド」となずけた。

シルバーサイド・レインボーはデカイんです!

周囲はおびただしい数のユスリカがウワンウワンと飛んでいる。
んで、水深30cmくらいのところで真っ白い口をパカパカ開けて何かを食っている様子。
手持ちのピューパ系は全滅に等しい状況で、とりあえず一定の水深をキープする為に、今まで使っていたシンカーを外して、シンカー代わりのコパーワイヤーぐるぐる巻きニンフをリードに結びます。
コレ、本当に#20のフックにワイヤーを往復させただけのフライ。
そしてドロッパーには、CDCを引きちぎったアダルト系のフライを結び、キャスト・・・・

もうビックリでしたね。
キラリと輝くワイヤーぐるぐるニンフを見付けるや否や、ビュッと寄って来て「バクッ!」ですもん。
もちろん、そいつだけじゃなくって、他のニジマスも同様の反応を示してきた。



実際、「現場で困ったときのスッゲー釣れるフライ世界戦代表」の一端を担うフライなのに、あまり友人等のボックスには見ることがない・・・・・
ちょっと寂しい。

ただ、ここであまり書き流すと友人からは「またパクられるから止めておけ!」との指導が入りましたので、このくらいにしておきます。。。
コパージョンのように、コパーKABUなんてパターンが出来たら最高だろうな。
ま、フライに自分の名前が入るなんてのはこっ恥ずかしくって考えられないけどね(笑)









スポンサーサイト
相変わらず、ギブスのお世話になっている毎日です。

引き締まるウエストライン♪

痛みや腫れなんてーのはまったくなくなりましたが、連日のこの暑さでギブスをはめている部分が痒くて痒くてしょうがない(涙)
風呂に入るなり、ガリガリと擦り続けます。
そこで、なんとな~く気になったんで体重計とやらに乗ってみました。

「・・・・・!!!」

なんと、7kgも減量しているではありませんか!!
たしかに、先日の釣行でも足取りが軽かったような気がしましたし、体に掛かる負担が軽減されているような雰囲気には気が付いていました。
でもまさか、あれほど痩せるのに(ダイエットね!)苦労していたのに、こんなにも簡単に落ちるとは・・・・・
「背骨骨折」恐るべし!!である。

と、くだらない話はこの辺にしといて、釣りを楽しまれている方々で、腰痛持ちやヘルニアの方って結構いるんですよね。
そんな方々は、岩から降りた瞬間の衝撃や足場がほんの少しだけズレた時の腰に走る不快感から、翌日の腰痛に発展することが多々あります。
ですので、釣行時にはコルセットをはめて釣られる方が宜しいかと思います。
多少面倒な感じはありますが、なかなかどうして、遡行時の踏ん張りなんかは2割り増しと言ったところです。
もちろん腰の保護にもなるわけですから、腰に不安を抱えながら釣りをされている方がいるのであれば、最寄の整骨院などに相談の上で購入されることをオススメします。


以前左ひざの前十字靭帯を断裂した際、再建手術後に松葉杖で釣行した時にもウェーディングスタッフの必要性を感じたKABUではありましたがね。。。





高速道路を降りるとそこには、懐かしい顔ぶれが待っていた。
ボクらの間には、かしこまった挨拶なんて必要ない。
笑顔で近寄るお互いの表情だけで、いくつもの言葉が音も無く飛び交うんだ。
まるで彼等の目を見ただけで、お互いの距離と時間が静かに溶け出していくようだ。

「釣り」とは、魚を釣る行為に他ならないのだろうが、釣られてしまうのは何も魚だけではない。
彼等の日常に入り込み、待ち焦がれたポイントに並んで立てた時、すでにボクが彼等に釣られてしまっている。
600kmの彼方から、釣りに費やす時間は正味たったの15分。
それがこの旅の目的だったし、それさえあれば十分に満足できる自分がいる。
そんな幸せを創り出してくれる彼等には、どんな言葉も見付からないほど感謝している。

そう、彼等は完全にイカレたヤツラだが、でも、最高にイカした友達なんだ。

彼等が話してくれること、身振り手振りとその表情、ひときわ大きな声で笑い合える大切な時間、すべてがボクにとってはとても大きな宝物・・・・

日本のペリカン・クリークにて・・・・

「釣り」という遊びを通して、人との交わりを真摯に受け止め、その中で価値観を共有できるという人は思いのほか多くはない。
そんな数少ない"同じ側”に立っている友人へ、どんなことがあろうとも断ち切ることの出来ない絆が芽生えた。
残り少ない時間の中、必死に放そうとはしないお互いの絆。

生粋のライズハンターの彼

来年は、あの山並みに残雪が消える頃、再び訪れるつもりだ。
正味15分の釣りなのに、今までで一番濃い釣りが凝縮されているのだから・・・・

キチガイ達よ、本当に有難う!
あんた等最高にカッコイイよ。
いつか肩を並べられるくらい、俺も自分を磨くサ。
そしてあの流れでまた笑い合おう。

あの山の向こう側・・・・

あの山裾にある、ドラマチックな出会いを求めて・・・・・・





先日のエントリー「こだわりのマテリアル」で、友人から頂いた質問です。

友 : 「例のフォームをどんなにキツク縛ってもスレッドが切れるだけで、どうしてもシャンクの上で回転してしまうのだけど・・・」
友 : 「スレッドは太いのを使っているのか?」
友 : 「自分はユニの0/8を使用しています」

と言ったご質問でした。
そこでシンプルなフライではありますが、巻いていく手順をそのままUPしますので、どうぞご参考にしてくださいませ!
※ 尚、在庫不足のため、使用するフォームは「BILL'S E-Z SIGHT FOAM ANT BODIES」の方を使用、スレッドは同じユニの0/8を使用させて頂きます。



まずはDAIICHI 1150 #14のフックへファンデーションしていきますが、シャンク中央部を少し過ぎたあたりで3~4回転ほど折り返します。
これにより、ボディーの前後に移動してしまう「ズレ」を修正できます。

きれいに巻き巻き!

そして下準備として、フォームにスリットを施しましょう。

指を切らないでね!

手を切らないように、このように摘んで全体の1/2ほどの長さまでスリットを入れます。
これをしないと、どんなにキツク縛り付けても簡単に回転してしまうのです。
(ボディーが回転してしまった状態では、フッキングが著しく悪くなってしまいますので、面倒臭がらずにキッチリと施した方が良いと思います)
そしてそのままフックを挟み込むようにフォームを差込みます。

これくらい深く挟み込みます。

そして、仮留めのような感覚で、大雑把にボディーを巻きとめます。
このときは、さほどテンションは強くなくても良いと思います。

大体3~4回転で留めちゃいましょ!

あとはズレないようにしっかりとフォームをホールドしたまま、強めのテンションでボディーを留めながら、フライ全体のシルエットに凹凸を作るように丁寧に仕上げます。
(このボディーにメリハリを付ける為の“腰のクビレ”がスレた野郎どもには「グラッ」と来ちゃうのです♪)

ナイスバディーになりました。

そして最後にハックリングするのですが、このハックルは「浮かせる」為のハックリングではありませんから、最大で3回転もすれば十分ですし、クビレ全体を覆い尽くすほどのハックリングは返って逆効果にもなり兼ねませんので、「クビレ中央に“パラッ”」を心掛けて下さい。

「にゃんパラリンの術!」・・・・古っ!!

仕上げのフィニッシュですが、できるだけオレンジ色のインジケーター部分を持ち上げて、マテリアルの根元ギリギリで巻きとめるようにすると、最初に施した「スレッドの折り返し」との相乗効果でズレる事は無いでしょう。
また、ハックルの下部を水平になる所まで切り落とし、水面との干渉がハックルではなくフォームの中央が水没するくらいのイメージでカットして下さい。(←コレ、釣れるキモ!!)

首がもげる事はありません(笑)

今回、極シンプルなフライへのエントリーで、これほどまでに拍手回数が多かったことに僕自身も驚きを感じながら、質問への返信の意味も込めて解説してみました。
・・・・・多分コレで解ったと思うんだけどなぁ(汗)

こんな感じよん。





ついでにこのフライで釣れた、古い昔の魚をもう一つだけ・・・・・





もう、古い昔の思い出ですよ・・・・・














その日、彼とは初めて出会った。
もともとご両親との交流があった由縁で、一緒に釣りに行く事になったのだ。
海釣りの方は毎週のように出向いているのだが、川釣りに関しては強い憧れを持っていても、なかなか踏み込む機会が無かったようだ。

「ダイジョブ」
「なんとか魚の顔は見れますよ」

と、ボクのいつもの無責任全開のいいかげんな言葉に、彼も少しは安心したのだろうか。
堅かった表情に、少しだけ安堵感が滲みだしている。

彼は釣りだけを楽しもうとしているのではなく、釣りを取り巻く総合的な状況もすべて楽しもうとしていることが、車中の会話から伺えた。
毛鉤のこと、産卵時期のこと、ヒグマのこと、アイヌ文化に於ける河川名の由来・・・・・
彼にとって、どれもが釣りを楽しむ最初の1ページには欠かせないエッセンスなのだ。

慢性化している自分の釣りに埋もれ、気付かないフリをしていた自分のスタイルを正される思い。

なんだかちょっとだけ、新鮮な気分にさせてもらえた。
ヒグマが掘り起こした石っころに、驚く表情。
川の水が冷たいと、驚く表情。
初めて手にしたヤマメの姿に、驚く表情。
すべての顔が笑っている。

初めてのヤマメ


・・・・上手くいかないキャスティングの時だけは鬼気迫る表情でしたがね(笑)

だいぶ打ち解けて来た頃、彼へキャスティングの手ほどきをしてみた。
手と手を取り合い、竿を一直線に振り込むのだが、竿から伸びるラインはまるで、落下傘部隊のようにシナシナと落ちてしまう。
なんとか飛距離を出そうと、僕も熱く指導するのだが、山中深くで野郎二人が腰を密着させ体を前後に揺すっている姿は我ながらナサケナイものがある。

狙い定めて・・・・・!


しかし逆に、物事の上辺だけをなぞる事はなく、深く確信を見出そうとする彼にとっては、このフライキャスティングが相当面白い遊びになるような気がする。
関東に住む彼とはなかなか会えないが、次に会うときがとても楽しみなってきた。

全てが難し過ぎ!!


彼がフライフィッシィングを始めるにあたって、ボクが一番最初の扉を開く大役を任せられるなんて、とても光栄なことではないだろうか?
そして、フライフィッシィングを覚えた彼にとっても、人生に於ける引き出しがまた一つ増えたことだろう。


-Keep it bent !! Tight Line !!-











非常に飽きた。

朝から出歩くことも許されず、もちろん釣りになんて出掛けたら、嫁からたちまちカミナリが落とされます(涙)
まるで緊張感の無い生活・・・・・

「飽きた。。。」

脳ミソがトロけ出して、豆腐のようになる前に体を動かさなくては!!
ってことで、仕事復帰してしまいました(笑)

おりしも、季節は夏。
市場には、琵琶湖産の養殖アユが陳列されています。
丸々と肥え太った25cmくらいのアユ達。
見ているだけで川の流れに立ち込み、身動き一つせずに囮の一挙一動を目で追う緊張感がよみがえってきます。
引船の重みを腰に感じて、ジリジリとする暑い日差しの中での釣り・・・・

通称・鮎の瀬


あ~早く釣りがしたい!!











これから半月もしない内に水棲昆虫の羽化が一段落し、夏の渇水の中でテレストリアルを中心としたアプローチが9割を占めるようになる。
言い換えれば、“落下性”のエサを待ち受けて捕食という図式になってくるのですが、これは以前にも書いたとおり、大小様々な昆虫を対象とする捕食形態ですんで、ヘタレなボクにはとっても都合の良いシーズンでもあるのです(笑)

んで、お約束のホームリバーで、「テレストリアル流下待ちのライズ」の釣りって言ったらコレしかありません。

大好きなアントボディー材♪


何の変哲も無いアントボディー・フォーム材なのですが、これがこの時期のボクの一番のお気に入りでやんす。
3タイプありますが、一番下のパッケージは「BILL'S E-Z SIGHT FOAM ANT BODIES」なんですが、アメリカのショップから取り寄せる場合、恐らくコレが一番多く出回っているような気がします。
もちろん使用状況に何の問題も無いのですが、個人的には、手前の右側(白いパッケージ)のタイプが好きなんですよ。
ちなみに手前両方とも「Rainy's HI-VIZ Ant Bodies」なんですが、昔のレイニーズ(手前左側)は、一つ一つのマテリアルに酷いバラ付きがあって、しかもシナモンカラーもブラックカラーも表面が白っぽい質感だったのですが、新しいパッケージ(手前右側)に変わってからは材質そのものが全く新しい質感になり(所詮ウレタンの張り合わせなんですがね)、今最も使用頻度が高いマテになりました。

たまにはマグレで釣れるんですヨ♪


こないだもこのフライで釣ったんで、ちょっとお口の中を拡大してみましょう。

アングリ


お口の中に「ポチッ」とオレンジ色のインジケーター部分が見えてるでしょ?
気持ち良い位のストライクでした!


コレに使うフックは、「DAIICHI 1150 #14」が今のところベストマッチですね。
少し前に、道東のとあるダム湖の流れ込みで散発なライズを繰り返していた、とんでもない大きさのニジマスがいたんですが、その時もこのフライで掛けました。
しかし、使用していたフックが「Gamakatsu C12 #14」だったんで、あっさりとフックが引き伸ばされて“強制終了”になったのです(涙)
ヘッポコ釣り師のボクなんかでは、多少の浮力を犠牲にしても、太軸のワイヤーを使用したフックじゃないと大物は捕れませんね。

そんなつまらない思い出と共に、早朝5:30からこんなフライを巻いる今日この頃です・・・・・









もう7月となり、夏の盛りもすぐそこまで来ている気配があると言うのに、先日の市場ではギンギンのサクラマスが水揚げされていて、その傍らには秋サケが1匹ほど並べられていた。
今回は秋サケの画像はありませんが、いつ母河川へ遡上しても不思議ではないくらいの婚姻色が出ていました。

さて、海の中では秋の準備が進んでいるようですが、一方の川の中では・・・・・

臆病者のチビ助


未だにサケの稚魚がうろついていました。
ちょっと在り得ない自然の様子が、次々に目に入り込んできます。
まさかこれが、「地球温暖化が原因だ」なんて言う方は居ないでしょう(笑)
ただ、この子だけを見つめていると、とても愛らしく、儚げな可愛らしさが見て取れますが、年間10億匹ものサケの稚魚を放流するにあたり、莫大な税金を投入し、更に放流した人工魚を守るべくブラウン駆除費用として、今まで1000万円以上もの予算が使われています。


季節感(旬)のない魚種の生産と、水産業だけを押し上げるためだけに踏みにじられる川の環境と遊漁者の心。
彼らの存在が崖っぷちまで押し寄せてきた今、ブラウントラウトの未来はそれぞれの釣り人の手の中にゆだねられています。

試される本当の心。

「これからもブラウンを釣りたい!」と思っているのなら、人任せではいけない時がきました。
道南圏にあって、これほど気軽にそして時には大型も釣れる、身近な対象魚。
彼らが全滅させられたときに、どんなに言い訳してもその釣り場は戻ってはきません。

「そこに居るから釣るだけ」
「居なけりゃ他の川に行く」

そんなスタンスは、当の昔、手付かずの自然と共に消え去ってしまったのです。
無尽蔵にイワナを釣り上げ、「旨くないから」と吐き捨てるように言いながら川原に捨てていた時代ほど、今の現状は満たされてはいないんですから。

人も居ない、ただ水が流れるだけの自然型用水路。
時折、水産行政がサケやサクラマスに使用するだけの、生簀直結の排水路になってしまう可能性が強まっています。

彼らの目は、何を訴えているのか・・・


どうか皆さんのご協力を、お願い致します!
ここ数年来、北海道内の北から東、もちろん地元の南部まで、7月~9月までの間で最も実績があるフライがコレなんです(汗)
色気も素っ気もない、ヘアーウイング系のカディスパターンでしかありません。

ただのシュティミレーターですがね。。。


セミやらバッタの季節には、それ相応のパターンを流すんですが、特別な流下が見込めない状態の本流や、デカイ鱒が居るとおぼしき淵などでもコレを一番最初に流します。
もちろん、何がしのハッチに伴うライズやイブニングなどでは出番はありませんが、概ねこのパターン1本で通してしまうことも多々あります。
別に蛾のイミテーションだとか陸生昆虫がウンタラ・カンタラと能書きを述べるつもりも無くって、シュティミレーターを改良しただけのドライフライなんです(汗)

たまに切り落とします!


多少のことでは沈まないように小細工しました(笑)

ボディーはオレンジか黄色が基本!


殆ど不沈艦ですね!
これだけハデにウイング付けたら、ヤマアラシかハリセンボンみたいです(笑)

フサフサのウイングです。


ちなみにこのフックは、TMC200R:#4なんです。
最初に人に見せたのが、確か5年位前だったと思いますが、おもいっきり笑われたのを憶えています。

「こんなの食うのかぁ?」と、ひとしきり笑った後で、「バランスが・・」やら「大き過ぎて鱒が逃げるんじゃ・・・」やら言われ放題でしたね(笑)
それでもボクはそれなりに釣っていますから、鼻で笑った方以外の人はいつか試してみてください。
そこそこ釣る要素が満載ですから!

・・・・・あまりに暇なんで、くだらないエントリー立てました(反省)









先日、道南の河川にてヒグマに出会いました。

姿は見れませんでしたが、僕の後方15メートルくらいのところから僕の存在に気付き、慌てて山中深く逃げて行きました。
その時の物音でビックリしたボクは、振り向きざまに浮き岩に足を滑らせ、転倒してしまいました。
しかし大事なカメラを守るため、とっさに片手を突き出し、体をひねって完沈は免れたのですが、どうやらその時に股関節を捻ったらしく、腰と股関節に鈍い痛みを感じていました。

・・・・あのヒグマの野郎、今度あったらオトシマエ付けてやる!!

なんて強気な負け惜しみを言いつつも、道路から一番離れてしまっているエリアでのことですから、来たエリアを引き返すのも勿体無いので、3キロくらい先の出口まで突き進みました。

そしたらね、居たんですよ!
こんなのが・・・・・

ひょ~♪デケェ~!!


一番後ろに頭だけ見えてるので、推定55cmくらいある。
こりゃあ気合入れて狙いましたね。
最初はサクラマスかとも思ったんですが、僕の2メートル先をゆっくりと泳ぐ姿は猛々しい♂のニジマスに間違いありませんでした!!

見えますか?


でも、結局フライを食わせることすらできずに逃げていってしまい、痛い腰を引きずって車まで戻ったのです。
その後も夜の帳が下りるまでの間、ヤマメやチビニジに遊んでもらい、温泉に入っての帰宅となりました。
当然ここで話は終わるはずだったのですが、月曜日の朝、とにかく腰が痛い。
仕事の最中には声を上げてしまうほど痛みが走る。
明けて火曜日。
立っているのがやっとの状態で、なんとか仕事をしているものの、たった3キロのものすら持ち上げられない。
この時点で激痛により、崩れ落ちそうになっていた。

翌水曜日、もはや痛みで意識が飛びそうになってきた。
ここで仕事を休ませてもらい、小さな整骨院で「背骨の矯正だよ」とグリグリ押されるが、脂汗でシーツが濡れるほど痛くて仕方がなかった。
正直、半分くらい失神していた。

そして今日、友人の病院(函館ではかなり有名)でお忙しい中、無理に時間を割いて頂きレントゲンを撮って見た。

「・・・・・あれ?背骨骨折してるねぇ」

だそうだ。

今日は、座薬を打ち込んでも痛み止めの注射を打ってもらっても、一向に痛みは引けない。
昨日の街医者に押され続け、何か小さな鈍器のような器具で叩かれたのが致命傷ではないのか?と思えてくる・・・・・

骨折だなんて・・・・

「全治3週間ですから、しばらくは安静に」と言われた傍らで、友人が妙にニヤ付いていたのが気掛かりだ。
皆さんも川を遡行の際には、十分に気をつけましょう!















ひょんなことから、関東圏から来たご夫婦をホームリバーへ案内することになった。

なんだかちょっとだけウレシイ。

最近では、「ブラウンを狙う釣り」と表立って口にしない方が出てくるほど無関心を装われている釣り場なだけに、率直に「大きなブラウンを釣りたいんです!!」と言われてしまうと、コッチにも「気合を入れて魚を探さなければ!」と気分が盛り上がってきます。
もちろんボクの基本的なスタイルである“完全サイトフィッシィング”で望むのだから、釣れるかどうかの可能性は僕に80%くらいの責任を負わせてきます。
それは、せっかく楽しみにいらして頂いてるゲストへ「魚居ませんわ。」では済まされない。
これは、北海道のフィールドを見てもらう絶好の機会でもあるのですから。

チャーミン・ぐぅ~!な奥様


でもね、オレなんかの気持ちを他所に、魚に好かれる方って本当に女性に多い!
こちらの奥様、激スレのロクマルと簡単にコンタクトを取ってしまう(汗)
なんて言うか、魚を自分の方へと呼び込んでくるかのよう。
殺気が微塵も感じられない、女性ならではの技であろう。
しかし、いかんせん彼女の想定外なサイズのブラウンだっただけにあっけにとられてしまい、フッキングにまでは至らなかったが、「あんなの見れただけでも満足できちゃう♪」と仰ってくれた。

一方旦那様の方も、ボトム付近に定位する誰がトライしても厳しいだろう状況の相手に、果敢にトライし、あらゆるテクニックを総動員していらした。
途中でチビブラウンを釣りあげたものの、ボクの不甲斐なさから、それ以上の大物との出会いは叶わなかった。

旦那様のプレゼンテーション!


旅の終わりに再びこの川へ戻って来たと聞き、なんだかボクの方まで満たされる気持ちになってしまった。
もちろん、あの巨大な雄のブラウンにリベンジを誓い、彼らは岐路に着いた。
きっとまた彼らに出会える日は、そう遠くはないだろう。
再び彼らが訪れるまではこの川を、そしてこの魚達を守って行かなければ。
きっとそれがボクに与えられた使命なのだから・・・・

初めて出会った北海道産ブラウン


仲睦まじいご夫婦の雰囲気に触れさせていただきまして、本当に心が和みました。
どうかこれからもお幸せに!!











// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 川日記 all rights reserved.
プロフィール

KABU

Author:KABU
birth:1971-Feb
adrress:HOKKAIDO
sex:♂

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。